会社を自己実現の舞台へ ~共有と拡張~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

会社を自己実現の舞台へ ~共有と拡張~

東京オリンピック2020の最終日前日 2021年8月7日(土)に
株式会社高山 75期最後の全社会議を行いました。
((株)高山は8月決算で、9,1,5,8月に全社会議を行います)
その背景や、内容を中心に今回はブログを書き綴っていきます!

私は、全社会議という、全員集合型の会議や研修を
自分の仕事の最重要な仕事として、いつも準備と取り組んでいます。

私が㈱高山の全社会議で意識して、発信する事は
・高山が大切にしていること、これから方向性を明確に伝えます。
・時流状況変化を共有しながら、どんな意識と行動変化が必要か伝えます。
・これから何が大切なのか。どんな変化、成長が必要か伝えます。常に私から、この様なメッセージをさせて頂きます。

そして、もう一つ大切にしていることがあります。
それは、「社員一人ひとりの想い、目標、行動、結果を共有する」
ことです。

なぜ、社員一人ひとりの想い、目標、行動、結果を共有するかというと、
・一人ひとりに内なる動機、想い、強み、ストーリーがある。
・それを全員で共有し合うこと、分かち合う事は、組織の力となる。
・また、全員の前でプレゼンすることで、一人ひとりの成長の時となる。
・そして、全社会議は、これまで頑張ってきた自分、そして仲間との
 「分かち合い、違いを受け入れ、認め合い、高め合っていく場
として、一人ひとりがプレゼンや意見を言える場を数多く設けています。

この様な想いや考えを大前提に全社会議を、その時々の会社の状況や
メンバーの状況、これから創り上げて行きたい未来から逆算して
テーマ、構成、内容を毎回変えて構成しています。

今回の2021年8月のテーマは「共有と拡張」でした。

このテーマにした理由は
新しいメンバーが増えた中で、業務レベルだけでなく
「相互理解」「相互承認」がこれから成長・拡張していく時に
絶対に大切だと思いました。

ご存じの方も多いと思いますが、ジョハリの窓の拡張が
人の成長の一つの軸とも思っています。

画像1

秘密の窓の共有と拡張:相手は知らない本当の自分を、相手に伝えていく
 「伝えきれていなかったことを、包み隠さず共有していく」

盲点の窓の共有と拡張:自分は気が付いていないが他人は知っている自己
 「相手からのフィードバックを、素直に謙虚に受け止めていく」

このジョハリの窓を拡張するためにも
「自分の中になる想い、経験、ノウハウ、人生の歩みを」発表、伝え、
各メンバーの発表を真摯に傾聴する、承認のフィードバックを大切に行いました。


大きく2つの事を、お互いに共有し合いました。
・一人ひとりが、どんな仕事をしているのかを相互に深く理解する。
⇒自分自身が大切にしている事、行っている仕事の内容、その価値、成果、今期成長した点の共有を行いました。

一人ひとりの発表後に私がプレゼンテーターにフィードバックコメントを伝えている間に、各聴き手のメンバーが下の様に付箋にコメントを書き、一人ひとりに感謝と承認のフィードバック用紙が完成する、運びで行いました。

仕事へのフィードバック

㈱高山では、営業、サイバーセキュリティ事業、ITエンジニア、デジタルマーケティング、業務、経理、管理部、経営、内定者(テレワークでアルバイト)と少人数ながらに多岐に渡って分業しているので、業務の相互理解ではとてもいい機会でした!

お昼には、豪華なお弁当を頂きました。
地元で有名な「六丁の目レストラン」さんのお弁当です^^

画像3

ヘルシーでとても美味しかったです!

お昼の後の午後からは、ライフチャートを用いての人生のストーリー
共有しました。 

一人ひとりが、どんな人生を歩んできたのかを深く理解する目的で行いました。

一人ひとりのプレゼンテーションを聞いて思ったことは
・十人十色:一人ひとり、その人しか歩めない道を歩んでいる。
・お互いにより深く理解し合うと、人間関係が向上する:今回のライフチャートシェアで、お互いの相互理解が深まり、よりチームワークが良くなることを感じました。

・人生山あり谷あり:皆大小あれでも、良い時もあれば、辛い時もある。
 それが人生。

・縁があって、(株)高山で働けている:新卒入社の方も、中途入社の方も、何かしらの理由と、縁があって出会っているのを感じます。決して偶然ではなく、何かに導かれて出会ったと思いました。

一人ひとりの発表後に、一人ひとりからフィードバックコメントを頂き、
色紙に貼って頂きました!これはこれからの人生の宝物です!

ライフチャート

今回はこうして、お互いに「分かち合う ~共有と拡張~」の全社会議ができました!

改めて、このメンバー一人ひとりと
分かち合い、支え合い、仕事出来る事が、本当に自分の喜びだと感じました。

75期も経営を続けてこれたのも、創業者、会長、父社長、OBの先人の方々のおかげであり、その感謝と畏敬の念を忘れずに、「不易流行」「温故知新」の「大切な物は守り抜き、時代によって変えるべきものは柔軟に変え、成長発展させていく経営」を貫いていきたいと思いました。

画像6


75期の総括:理念・ビジョンを体現・実現出来た1年

㈱高山75期を一言で言えば、「理念・ビジョンを体現・実現出来た1年」
でした。

今期掲げた、目標は組織全体としても、各個人としても、ほぼ全員が達成、実現をしてくれました‼‼

特に考え方、行動力、能力のあり、誠実で責任感・貢献心の強い方は
圧倒的成果を出してくれるメンバーも多数いて、とても嬉しかったです。

今期で目標達成し、生まれた利益は理念である、「お客様満足、社員幸福、会社繁栄を通じ、社会に貢献していく」為にバランスよく配分出来ました。

お客様満足には、更なるサービス向上の為のIT投資や、環境整備に投資しました。具体的には、お客様に有益な情報を提供出来るプラットフォームツールや、テレワークでも電話を出来る環境整備に投資しました。

社員幸福には、初めて業績功労者に決算賞与(春、冬に年二回の賞与とは別に)や、職場環境をより良いものに投資ができました。
例えば、業務経理のバックオフィス業務の方は長時間座っている為、腰などが痛くなりやすく、良いチェアが欲しいとの声がありました。
そういった社員さんの声に対応出来て良かったです!

画像5

また、新型コロナウイルス対策としても、環境、備品にもかなり事前対策投資を行いより「安心・安全」な職場環境に投資が出来ました。

会社繁栄の面では、来期以降の成長の為に必要な事前投資と、オフィスの環境整備、内部留保の最適なバランスで配分出来ました。

そして、社会貢献の面では、お世話になっている地方自治体様へ寄付の予算を確保できました。今月末に各自治体様に寄附させて頂く予定です。

今期、お客様満足・問題解決の為に、全員で日々真剣に働き、生み出せた
かけがえのない利益をこうして、理念通りに分配・配分出来た事。

そして、社員さんのご家族、社員、お客様、パートナー、ご縁ある方々の心物両面の豊かさ、幸福に少しでも近づけ、貢献できたことに、企業経営での喜びを感じました。

こういった四方良し経営。
関わる人、企業が持続的な豊かさ、幸せになれる為に、
これからも、㈱高山は一歩一歩、新しい時代に合った会社へと
社員一丸となって進化発展していこう!と
心新たな気持ちとなる75期 期末の全社会議となりました!

働く幸せを、これからも追求していきます!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ、ありがとうございます^^
株式会社高山四代目 某大手銀行にて法人営業⇒プラスJTX 東日本大震災にて宮城県塩釜市の家業が被害を受け、事業承継を決意。 グロービス経営大学院にてMBA取得。 創業75年目の株式会社高山の4代目 Work To Happiness~働くを幸せに~をテーマに100年企業を目指す。