息子に嫌がられる。
見出し画像

息子に嫌がられる。

前回のnoteでは、
ラストに登場する絵本にたくさんのリアクションを頂いた。

うすうす感づいていたけど、
私が絶好のパスを出して、
麦氏が一番美味しいところを持っていってる気がしてならない。
しかも、扱いがかなりヒドイ。
燃え尽きているし。
恩を仇で返すとはこのことだ。

まあ、いい。
自分が燃えようが読み手の方に楽しんでもらえれば良いのだ。
となると、このマッチ棒の絵本を
noteで連載するのが最善なのではないか。
そこで、麦さんに提案したら、
「それは、まあ、番外編で」
とお茶を濁された。
きっと周囲からの反応の良さから、
彼なりにカネになるニオイを感じたのだろう。
ちっ。
「マッチメーカーから仕事が来ましたよ!」
とか適当なことを言ってたくさん書いてもらうか。
こちらは一刻も早く
デ●ズニーやサ●リオとかとの契約まで漕ぎ着けたいのに。


さて、このnoteを書き始めてから遂にアレが来てしまった。
噂に聞いていたアレが。

「じゃあ、お風呂入ろうか」
「グギャー!!!」

「じゃあ、おむつ変えようか」
「ブギャー!!!」

「じゃあ、ねんねしようか」
「ビギャー!!!」

何につけても、息子が嫌がるのだ。
そう、いわゆるイヤイヤ期が始まったようだ。
もちろん存在は知っていたが、
「って言っても、子どもらしく首を横に振って
『イヤイヤ〜』ってくらいの可愛らしいもんでしょ」
と高をくくっていた。
しかし、実際にそれを目の当たりにすると、
自分の見込みの甘さを叱責したくなる。
イヤイヤ期の子どもは
この世の終わりのような抵抗の仕方をする。
その時、大人は完全に無力だ。
何がそんなに嫌なのか理由がまったくわからない。
理由がわからないと、対処の仕様がない。

何より消耗するのが、寝かしつけだ。
寝室に連れて行っても、まあ寝ない。
キャッキャっと私のベッドの上にあがって転がり、
「夜はこれからだぜ〜!」
と言わんばかりにはしゃぎ、シーツにヨダレを垂らしまくる。
その時、やっている行為はともかく、
見た目は天使のような可愛らしさだ。
ここまでは仕方ないなぁと思いながら、
「ほーら、お父さんが捕まえたぞ♡」
みたいな感じで捕獲し、
布団に横にするとものすごい抵抗を示し始める。
楳図かずおの漫画のように、
悪魔の形相になって「ギャー!」と絶叫し始め、
吉田沙保里も真っ青の巧みなローリングを決めて、
必死で布団から脱出しようとする。
こちらも負けじと抱きかかえて寝かせる。
はねのける息子。つかまえる父親。
30分ほどで眠りにつけば御の字である。

風呂あがりに寝室へ直行するのが息子のルーティンなのだが、
洗面所時点で彼は寝かしつけを察知するようになった。
お風呂ではおもちゃで遊んでご機嫌だったとしても、
タオルで体を拭き、
保湿クリームを塗ってあげるあたりから、
雲行きが怪しくなってくる。
ドライヤーで髪を乾かす頃には、
「オレはまだ寝ない!」という意思を
キレイな海老反りによって表現し始める。

ただ、こちらも手をこまねいているわけにはいかない。
なだめすかして寝室に連れていかなければ!
「ちょっとそっちに行ってみようか」
「大丈夫大丈夫、何もしないから」
「ちょっと横になるだけだから!」

と説得を試みるが、
ススキノの外れで繰り広げられる会話ぽくて、
なんかイヤだ。

最終的には妻に交代すると落ち着くことが多い。
先日なんかは、妻に抱っこされながら息子は
「お前に用はないぜ!」
という蔑んだ視線をこちらに送ってきた。
完膚無きまでの敗北だ。
私は何か悪いことをやったのか。

そんな攻防に疲弊した翌日、
休日だったので近所のコンビニまで家族3人で歩いた。
帰り道、息子は妻と手をつないでご機嫌だ。
小さな手でしっかりと確かに握っている。
その時、私の脳裏にはあの日の手がよみがえってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年10月初旬。
良く晴れた日だった。
看護師さんから待合室で待つように言われた私は、
持ち込んだPCで仕事をしようとしたが、
案の定集中できない。
ソワソワしたまま1時間ほど経ったころ、
看護師さんがやってきた。
「おめでとうございます。無事に産まれましたよ」
妻よりも先に手術室から出てきた
息子のところまで案内してもらう。
そこに向かう廊下の光景は今でも目に焼き付いている。
初対面で思ったのは「小さい」ということ。
「抱っこしてみますか?」
と看護師さんから言われて、とまどいつつも体を受け取る。
人形みたいな手をおっかなびっくり触れてみると、
柔らかな肌はほんのり温かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうだ、あの日あんなに小さな手が
今は握れるくらいまで大きくなったのか。
想像以上に育児は大変なものだけど、
そんな時の流れを感じれば、
父になるのも悪くはないと思えてくる。
よし、じゃあ今日は三人で手をつないで家に帰ろうか。
息子の左手に自分の手を差し伸べる。
その刹那、
息子が私の手を振り払った。
ハッキリと。
明確に。
イヤイヤと。
しかも、ノールックで。

切ない。
私の伝記が映画化されたら、
きっとこのシーンに全米が涙することだろう。


noteでフォロワー数万人いる友人から
「戦闘力低すぎる育児ブログ…新しいですね!」
と感想が届いた。
ちなみに彼女は私をフォローしてくれなかった。
フォロー欄が汚れるからか。
わかる。

しかしだ。
戦闘力がいくら低くとも、
ウ●コを浴びせられるような負け戦だとわかっていても、
立ち向かわなければならない戦いがある。
それが育児だ…。

あ、そうそう。
ここまでのくだりを踏まえて、
麦氏がイラストを描いてきた。
なんだかんだ言っても人のいい麦氏のことだ。
せめてイラスト中だけでも息子と仲睦まじく
手をつないでいる様を描いてくれたに違いない。
それくらい夢を見させてもらっても
罰は当たらないだろう。










画像1

…。

そうか、麦氏にはお見通しだったのか…。
私が実は結婚しておらず、子どももおらず、
noteにしたためていたのは、
すべてVR、仮想現実で見ていた光景だったこと…。


東井崇の育児 シーズン1はこれにて終了。
ご愛読ありがとうございました。
(妻と子どもはたぶんいます)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
東井 崇

よろしければサポートをお願い致します。自分の脳ミソを喜ばさせ、言葉につながる活動に活用させて頂きます。あと、機嫌が良い時は挿絵を書いてくれた前田麦氏にビールおごります。

恐縮です…!
札幌でコピーライター/クリエイティブディレクターやっています。https://takashitoi.com/ リクルートメディアコミュニケーションズ(現リクルートコミュニケーションズ)→電通北海道→2012年8月よりフリー。