安藤隆人

取材歴23年、フリー歴14年。元銀行員のノンフィクションライター。NumberWebで『ユース教授のサッカージャーナル』を連載中。書籍9作。最新作は白血病からピッチにカムバックした、アルビレックス新潟の早川史哉の壮絶な半生を描いた『そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常』

野村直輝の原風景。栃木SC、三菱自動車水島FC、ホンダロックに落ちた高校時代。鳥栖、福岡、千葉に振られた大学時代。履歴書を手…

大分トリニータの10番・野村直輝。 NumberWeb連載『ユース教授のサッカージャーナル』内で彼のプロ入り後の心の動きとステップアップを描写させてもらったが、そこでは載…

400

湘南内定のFW根本凌。新井光に触発され、山﨑凌吾から学び、バトンを受け取った男の地元・湘南とベルマーレへの深い愛情。

2020年3月27日に2022年シーズンからの湘南ベルマーレ入り内定を発表した鹿屋体育大3年のFW根本凌。 現在、新型コロナウィルスの関係で鹿屋体育大サッカー部の練習も停止し…

450

松田直樹、豊田陽平、風間八宏、クラモフスキー…。金井貢史の幸せな出会い。「なぜそこに金井!?」を作り上げた男達と5つのク…

「俺、エスパルスに行くことを決めました」。 今年1月、いきなり金井貢史から連絡があり、こう報告を受けた。そこで彼としばらく話し込んだ。 それからしばらく経った今…

500

野田裕喜、一美和成、眞鍋旭輝VS旗手怜央、山ノ井拓己…。忘れられない試合①・大津高VS静岡学園高、壮絶な110分の決戦!

忘れられない試合がある。 取材歴24年を数える筆者の中で印象的な試合はいくつもある。リーグが中断をしている今だからこそ、その試合をいくつか挙げて振り返っていきたい…

250

山田康太独占インタビュー。マリノス、グランパス、ホーリーホック。3つの場所で見つけた『自分らしさ』と『自分の時間』。

1999年7月10日、山田康太は神奈川県に生を受けた-。 小学校3年生で横浜Fマリノスプライマリーに入り、そこからジュニアユース、ユースと育ち、2017年にトップチームに昇…

500

「絶対にサガン鳥栖に入る!」。常に底辺を経験してきた中央大・松本大輔の『観察力』と『学習能力』、『本気で夢を信じる力』。

2020年2月21日、中央大学サッカー部3年生CB松本大輔の2021年シーズンからのサガン鳥栖入り内定が発表された。 正直、彼は大学サッカーにおいてもメジャーな存在ではない。…

500