見出し画像

VINT CLOUDY LIGHT - EP

名称未設定 3

VINT CLOUDY LIGHT』は、機械が「機械的」でなくなっていく兆候と一緒に、ヒトの輪郭が曖昧に定まらなくなっていくような霞んだ境界線をイメージして、R&B、ポスト・ロック、ダブ、実験などを混濁させてみたエレクトロニカ作品です。2016年に配信リリース。前年に配信した『Singularity C-Model』に続き、そして翌年に配信した『UTAPIO』と共に、この時期に出した4曲入りのEP(ハーフサイズ・アルバム)のひとつです。

タイトル曲「Vint Cloudy Light」はボーカロイド(UTAU)による歌唱の曲です。構成は、いわゆるコーラスからヴァースへといったものとは少し違った風になっています。「コーラス→ループ→…」と続いていき、歌のソロが後半にある、などです。

ラララ ルララ ラララ ルラ
ララルラ ラルララ ルラ
ラララ ルララ ラララ ルラ
ララルラ ラルララ ラ

わたしたちは機械の雌蕊に触れ受粉する
わたしたちは知性の雲のなかで代謝する
わたしたちは可能な未来を束ね解き放つ

安全な彼方から 光が射すほうへ定め
関連ができた空の向こうへ
外側の海 飛び越えて ラルララ

画像5

Postlarva」は、右側にギターが、左側にオルガンがあるインスト曲です。曲名の「後期幼生(ポストラーバ)」は、エビなどの幼生期の名称のひとつです。

画像6

Aygel Ziga」は、「Angel」と「Agent」からイメージした名前のような、「Ziga」は「自我」にも似たイントネーションというか。この曲は歌から始まります。

歌詞2

画像5

画像7

演奏はつぎつぎに場面を変えてゆきます。録音の違いとか、ジャンルの違いなども合わさった組曲のような。場所によっては、1/8拍子から12/8拍子までの12個の拍子をランダムに組み合わせ、それを逆行させたり、グループ化して演奏している個所もあります。下の譜面はその一部です。

画像5

やがて即興のような演奏になって、ラストの「Telepoesy」が始まります。「Telepoesy」とは、テレビやテレホンなど「遠い」を意味する「Tele」に「ポエジー(詩)」を繋ぎ合わせた造語です。6分49秒ある曲で、3つの部分からなっています。

00:00 ホライズン
01:55 伝えにきた…
03:15 テレポエジー

画像5

VINT CLOUDY LIGHT
[Link] [Lyrics]
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
秋山タイジ

サポートいただけたら大変ありがたいです!いただいたサポートは、音楽を続けていくための活動費に使わさせていただきます。

スキありがとうございます!
曲を配信しています。音楽のほかに哲学や映画、小説なども。最近は宇宙やAIに興味あり。以前、編集の仕事をしていた。プロフィール写真はその頃のものです。HP→https://taizi.website/