たいろー  書籍『Work in Tech! ユニコーン企業への招待』
リニューアル準備第2号 みずほ銀行システム障害について、実際に受け取ったスカウトメール実例、 副業を選ぶ時の選定基準、今日のおすすめ、他
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

リニューアル準備第2号 みずほ銀行システム障害について、実際に受け取ったスカウトメール実例、 副業を選ぶ時の選定基準、今日のおすすめ、他

> 2021年8月24日 リニューアル準備第2号
> ■ みずほ銀行を給与口座にするのを止めました
> ■ コメント返信
> ■ 実際に受け取ったスカウトメール実例
> ■ 副業選びの選定基準
> ■ 今日のおすすめ

ども。たいろーです。皆さん、今日も急成長してますか?
これを書いてる今は実家の箱根に居るのですが、長年使っていたエアコンが突然動かなくなってしまいました。今や、生ぬるい外気を送風してくるだけの存在になっています。クソ暑い。とはいえ、20年以上、現役で稼働していたので、もう寿命です。本当にお疲れ様でした。
新しいエアコンは8月31日(火)に到着予定です。

■ みずほ銀行を給与口座にするのを止めました

先日8月21日、みずほ銀行についてのツイートに多くの反響がありました。これは前日に起きていた5度目のシステム障害のニュースに関するもので、

『みずほ銀行「5度目」のシステム障害、原因はDBサーバーのハード故障』
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/05941/

個人的に、十数年間メインで使ってきた給与口座をみずほ銀行から他に移す決断をし実行した件について、つぶやいたものでした。

RTやいいねが大きく伸びたのは、多くの方が、度重なるシステム障害と対応の杜撰さに苛立っていたという背景があると思います。

しかも、なんと3日後の8月23日(月)には再度障害を起こし、ATM130台が動かないトラブルが起きていたとの報告がありました。

これを受け、金融庁が改めて行政処分を検討し始めたとのこと。

『みずほ銀行システム障害 一連のトラブルと合わせ処分へ 金融庁』
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210823/k10013218421000.html

ドラマ「半沢直樹」の金融庁検査を彷彿とさせる展開になってきましたね。

振り返ってみると、約2ヶ月前の6月15日には、第三者委員会による下記の調査報告書も出されてネット上でも話題になっていました。

『システム障害特別調査委員会による報告書(公表版)』
https://www.mizuho-fg.co.jp/release/pdf/20210615release_3_jp.pdf

ここでは2018年に発生した大規模なATMトラブルについても触れられていますが、ここでもATMに通帳やカードが取り込まれたまま出てこなくなり、顧客が長時間待たされるというシステム障害が合計1,821件も発生しました。

にも関わらず、改善策が必要な恒常的な問題とは認識せず、一連のトラブルについて監督官庁である金融庁に報告することも、顧客に公表することも、事後対応もしなかったそうです。

ありえないですよね。

ただ、これ本当にみずほ銀行の行員たちが「そこまでも問題だと思わなかった」と思いますか?

第三者委員会はこれを報告書の中で、企業風土の問題だと指摘しています。あの銀行では、顧客が不利益を被るような問題が発覚しても、それを解決しようと積極的に声を上げると逆に責任問題となり、降格処分になるので報告を避けたというのが実態のようです。個人が生存のための最適解を選択し続けた結果、組織全体として最悪の行動を取っている事になります。

スクリーンショット 2021-08-25 7.29.09

読んでいて悲しくなってくるのですが、これこそ「間違った企業風土」の典型的な例で、性悪説で企業風土を作り上げていくと、究極的にはこういう取り返しのつかない状態に行き着いてしまうという悪いお手本なのではないでしょうか?

ここまで来ると、自社でシステムのハンドリングは不可能かもしれません。金融庁が何度報告を要求しても、同じことが繰り返されるだけです。

これについては今後も、国と企業の動向を注視していこうと思います。

■ コメント返信

以前、voicyで頂いていたコメントに返信します。

ユニコーン転職ラジオ #279 『この上半期で一番の投資は?

にこ 私もvoicy聴きながら、通勤や散歩が楽しみです。音楽は、聞いていて頭と耳が疲れるので、自分からは殆ど聴きません。voicyもBGM無しです。聞き逃したところを、戻って聞けるのは、ラジオに無い魅力です( ラジオは、BGMを自分でコントロールできないし。) voicyは、声もクリアーで嬉しいです。配信ありがとうございました😊

にこさんは純粋に、voicyを声だけを楽しんでいらっしゃるんですね。僕も、外を散歩しながらVoicyを聴くのが日課になっています。ワイヤレスイヤホンの普及と新型コロナによる影響もあって、音声コンテンツをながら聴きするユーザーは増えているようですね。

ユニコーン転職ラジオ #276 『編集者と著者との有意義な関係

Masashi Kihara 本の出版決定おめでとうございます!どんな内容となるのか、気になるところです。

Kiharaさん、ありがとうございます!年内発刊予定の書籍ですが、会社員やサラリーマンという働き方を本気で応援する本になる予定です。

会社員であるメリットを活かしつつ、価値ある自分をつくるために役立つ考え方と具体的なエピソードをわかりやすくまとめています。鋭意執筆中です。出版日など決まったら、告知させて頂きますね。

■ 実際に受け取ったスカウトメール実例

さて、今週、ヘッドハンターやハイテク企業のリクルーターからいくつかスカウトメールが届いていましたので、そのうちの一つを、社名や人名は伏せつつご紹介しますね。オファー年収なんかはそのまま書いてあります。

ーーーーーーーーーー

この続きをみるには

この続き: 2,386文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

テック企業で働く日常や世界のテック事情をPick Upするニュースレター。書籍やTwitterでは書けないディープなネタも。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
たいろー  書籍『Work in Tech! ユニコーン企業への招待』
森山大朗 | テック企業を渡り歩きながらキャリアや転職実践論を配信 SmartNewsエンジニア部門でTechnical Product Manager 元メルカリHead of Data/AI/Search リクルート→ニート →ビズリーチ→メルカリ→スマニュー&Souzoh