見出し画像

お店もレスキューするために: TABETE の取組みについて

激減する客足、続く会食の自粛。
日本の飲食店は今、かつて無い苦難に直面しています。人の命を守るため、社会の秩序を守るためだとはわかっていても、休業しては自分たちの経営や生活が立ち行かなくなる。行き場を失うスタッフや食材の心配もある…壮絶なジレンマが、飲食店経営者を悩ませています。

そんな不安や悲壮感を抱える飲食店を助けたい。いつものお店に、またいつもみたいに食べに行ける日が来てほしい。そんな気持ちから、数多くの有志個人やサービスが立ち上がっています。 TABETE としても、飲食店やそれを支えるお客さんとともに、この緊急事態を乗り越える方法を探っています。

TABETE として、何ができるか

TABETE は「食品ロス(フードロス)」を削減するサービスとして、2018年4月にスタートしました。「おいしく食べてほしい」というつくり手の想いを、最後の一食まで「食べ手」に届ける。両者をつなぐことで、お店もハッピー、食べ手もハッピー、食品ロスも減らせて環境にもやさしい。そんな好循環の構築をミッションに、この2年間走り続けてきました。

社会や環境に優しい(エシカルな)消費を応援し、食品ロスを削減するというミッションは、今後も変わることはないでしょう。しかし、直近わずか数週間で、社会の状況は大きく変化しました。私たちの多くが前提として疑わなかったことが、ゆらぎ始めています。根底にある想いは忘れず、でも社会の変化に柔軟に対応するために。今必要とされていることはなにか、 TABETE の全スタッフで考えました。

お店もレスキュー! TABETE の3つの取組み

苦境に立つ飲食店の応援のため、 TABETE では【お店もレスキュー!プロジェクト】を立ち上げます。4月10日(金)より、 TABETE では 一時的な措置として以下の対応を取らせていただきます。

 ① レスキュー対象の範囲拡大
期間中、店舗様は「食品ロス」にこだわることなく、すべての商品をTABETE に出品いただけます。通常お店で提供されている料理やセットなどをテイクアウトで出品いただけます。これら商品は通常の余剰品とは性質が異なりますが、どのお店でも客足が激減しているこの状況において、購入が店舗の存続を応援することになります。
※店舗様には引き続き、出品時に「 TABETE に出品した理由」欄の記入をお願いしております。ユーザーの皆様は、ぜひお店の想いに触れて、お店の「レスキュー」に向かってください。
 ② 680円の価格上限の一時的廃止
これは私たちにとって、とても難しい決断でしたが、以下理由から実施することにしました:
● 多くの店舗において、① の「通常メニュー」は680円以下という価格帯で提供するのが難しいこと。(その値段では原価や人件費の回収が難しいこと。)
● 二人分、家族分といった単位での商品の出品を可能にするため。
● 普段のTABETEの価格帯では出品が難しい、高級店などからのレスキュー依頼を掲載可能にするため。
 ③  TABETE 展開エリア外の店舗の受け入れ
TABETE は現在首都圏を中心に、金沢・浜松・名古屋・大阪・神戸等の地域を展開エリアとしています。しかし、急激な社会情勢の変化を受け、全国の飲食店や自治体からの相談が増えている状況にあります。
あくまで一時的な措置となりますが、エリアに関係なく全国の店舗様の登録を受け入れさせていただきます。

プロジェクト期間について
これらはどれも、緊急事態を乗り越えるための一時的な措置です。事態が収束し、日本に平常が戻った際には、再度「食品ロス(フードロス)削減」をミッションとして、サービスの改善に尽力していきたいと思います。

■ プロジェクト期間(暫定):2020年4月10日(金) ~ 2020年6月30日(火)
※ 社会情勢を鑑みて、期間を延長することも考えられます。


プロジェクトの想い

今回のプロジェクトの立ち上げには、次のような背景があります。

● いまや飲食店のすべての商品が、食品ロスの危機に面している
客足の変化により、お店も売上予測や仕込みの量が読めない状況にあります。通常は滅多に売れ残ることのない商品が余ってしまっています。すでに仕入れたり仕込んだりしてしまったのに、食べ手が見つからなくて困っている食の量も膨大です。もはや、何が食品ロスの予備軍であるか、その線引きも難しくなっています。

● TABETE がレスキューするべきは食品ロスであると同時にお店の皆様でもある
多様で豊かな日本の飲食店なくして、 TABETE のミッション達成はありません。多くの飲食店が存続の瀬戸際に立たされている今、レスキューするべきは食品自体だけでなく、それを届けてくれる飲食店やそこで働く人達です。
今の状況において、「食品ロスになりそうか」という点にこだわることなく、飲食店に対するすべてのお金は、日本の豊かな食環境の存続への貢献となります。

● TABETE でレスキューできる食やお店は、すべて救いたい
対面での会食自粛が推奨される今、飲食店にとっての活路はテイクアウトやデリバリーにあります。大きな括りでは、 TABETE もテイクアウトサービスの一種です。実際、店舗様からの相談が増えている状況にありますが、中には上限680円という価格帯が合わなかったり、展開エリア外のお店だったり、通常時は残念ながらお断りしているようなお店も多く含まれます。この緊急時、 TABETE が力添えできる店舗はすべて救いたい。そんな想いから、制限の緩和に踏み切ることにしました。

さいごに

何度も繰り返しますが、これはあくまで一時的な措置になります。多くの歓びの源となる飲食店を守るため、スタッフ一同より、どうかご理解・ご協力をお願いいたします。

レスキューをするユーザーの皆様には、別途、何度でも使えるレスキューパスをお配りしています。購入時にレスキューコード「 sakurasaku 」をご入力いただくことで、何度でも割引となりますので、ぜひご活用ください。

※ TABETE は緊急事態宣言下でも運営を続けますが、店舗様・ユーザーの皆様におかれましては、各都道府県や自治体の方針に従った行動をお願いいたします。

続く外出の自粛や慣れないテレワーク対応、あるいはやむを得ない出勤に伴う不安など、食生活が乱れやすい日々が続きます。緊急事態下でも適度な運動や食の調達は不可欠ですので、混雑を避け、気分転換に近くのお店までレスキューにでかけてみてくだい。

一日も早く平穏な日常を取り戻せるよう、今は一緒に踏ん張りましょう。

■ 店舗様の掲載について
こちらの登録フォームより、必要事項をご記入ください。現在、大変多くの店舗様よりお問い合わせを頂いておりますが、可能な限り速やかな店舗登録に努めてまいります。
食事とお店をレスキューしてくださる方へ
「TABETE(タベテ)」のアプリからお近くのお店を探してみてください。

【ダウンロードはこちら】
iOS版
Android版

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

453
近くのお店で余ってしまった料理を、美味しくお得にレスキューしてみませんか?  https://tabete.me/ フードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」のnoteでは、TABETEのサービスに関するお知らせやフードロス削減に取り組む現場の声をお届けします。

この記事が入っているマガジン

TABETEからのお知らせ
TABETEからのお知らせ
  • 11本

TABETE(web版・アプリ版)のサービスに関するお知らせをお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。