田端信太郎/Shintaro Tabata

戦略論から下ネタまで。ZOZO 執行役員 コミュニケーションデザイン室長←LINE株式会社 上級執行役員 法人ビジネス担当←コンデナストにてVOGUE/GQ/WIRED←ライブドア執行役員 メディア事業部長←リクルートでR25創刊←NTTデータで丁稚。発言内容は個人の見解です。

田端信太郎/Shintaro Tabata

戦略論から下ネタまで。ZOZO 執行役員 コミュニケーションデザイン室長←LINE株式会社 上級執行役員 法人ビジネス担当←コンデナストにてVOGUE/GQ/WIRED←ライブドア執行役員 メディア事業部長←リクルートでR25創刊←NTTデータで丁稚。発言内容は個人の見解です。

    最近の記事

    「やる奴は、やる」 「行く奴は、行く」

    気象庁いわく「統計を取り始めてから記録がない」レベルの台風が、初秋の3連休を直撃する。 そんな大荒れの天候の中、今日9月18日(日曜)は、矢沢永吉さんの「デビュー50周年」を記念した福岡ドーム・ライブが開催予定だった。 やっとコロナも落ち着き、ライブが開催されるとなったら、台風直撃!?ということで、こちらのライブのチケットを持つ矢沢ファンの方々は、気が気でなかったであろう。音楽ファンとしてその心境はよく分かる! まさに最悪のタイミングで台風がライブを直撃するわけなのだが

    有料
    300
      • 世界最強「インフルエンサー」おばあちゃんの知恵

        インフルエンサーとは、「影響力」のある人のことであるが、皆さんは「権力」と「影響力」の違いについて考えたことはあるだろうか? 権力とは、それに従わない場合、罰を与える事も含めて、他人を自分の命令に従わせる力のことである。それに比べて、影響力とは、他人が、その人の行動や発言に対して、自発的に従いたくなってしまう魅力のことである。 そして、現代の「PR」(Public Relations)や、国際的な世論を巡る「外交」においては、物理的な暴力に裏打ちされ強制される「権力」や、

        有料
        300
        • 学校指定「街の洋品店」としての電通の終わり

          出版大手のKADOKAWAの幹部2名と、電通の幹部2名が、東京五輪のスポンサー選定をめぐり、贈収賄で逮捕された件について、例によって「私だからこそ」の視点で書いてみたいと思う 今回、KADOKAWA元専務で贈賄の容疑で、逮捕された芳原世幸さんは、私のリクルート時代の大先輩にあたる。 芳原さんは、誌面を作る「編集者」が出世しにくいリクルートの企業文化のなかでは、『カーセンサー』の創刊に携わり、その後、編集長となっただけでなく、海外旅行情報誌『エイビーロード』、結婚情報誌『ゼ

          有料
          500
          • 香川照之さん事件:トヨタのメディア対応に典型的な社長への「忖度」を見た!

            こちらのnoteは日記だけではない。今日は、R25創刊以来の「メディア野郎」であり、ZOZO時代に前澤社長への取材可否の判断や、広報責任者もやっていたメディアと企業コミュニケーションのプロの端くれとしての田端の目線で気になったことも書いて行こうと思う。 世間では、香川照之さんが銀座のクラブでホステスにやらかした事件の余波が凄い話題である。私、個人の感想としては、胸を揉むよりも、髪を引っ張るほうが、ドン引きである。前者は「スケベ」の延長だが、後者は「暴力」の始まりである。

            有料
            500

            旅はまだ続く 〜帰国後1週間の日記

            8/20(土):神宮花火みた帰国翌日、時差ボケも治らないまま、同じマンションのママ友であるFさん一家の誘いで、2家族で、神宮花火大会を見に行く。 ちゃんと有料で見るの初めてだけど、今年は隅田川も東京湾もないままなので、神宮の花火は凄い人。 神宮球場のほうがチケット取れなかったせいで、軟式野球場で見る。 腰痛ぎっくり腰持ちとしては、せめてパイプ椅子ぐらい並べられないかね・・・「海の家」など含めて、全般的に、日本のこういうイベントごと、昭和スタンダードのままの運営姿勢が続い

            有料
            300

            さてUSキャンピングカー親子旅、総額は幾らかかった?〜「知る悲しみ」を乗り越えて、世界を見よう。

            まだ飛行機に乗ること自体が危険な冒険だった時代に、エアメール輸送のためのパイロットになり、欧州-南米間の航路開拓に命を賭け、最後はナチス・ドイツと闘う自由フランス空軍の一員として、作戦途中で行方不明になったサン=テグジュペリの名言だ。 3週間をかけてアメリカを息子2人と巡る旅の間、私の頭の中に、この名言が、何度も浮かんできた。(サン=テグジュペリは、「星の王子さま」の著者だと言えば、より多くの皆さんに分かってもらえるだろうか。) なぜ、そんな言葉を思い返したかというと、こ

            有料
            500

            そして帰国〜大好きさ、My Sons、分かるかい? 

            さて、朝7時に起床し、ガソリンスタンドに寄って車中のゴミや余分な衣服、タオルを捨てまくりながら、RVレンタル会社:クルーズアメリカのLA営業所へ。 途中で、カーソン高校の朝の登校風景に出くわす。 さあ、クルーズアメリカの営業所まで後ちょい! ここで事故ったら洒落にならん間抜けやで!といつも以上の慎重運転。 8時30分、営業所にきたあ〜! 営業所のOPENは9時なので、それまでなるべくクルマの中をキレイに掃除したで! さて、9時に15分前やったのに、熱心なスタッフが早く

            有料
            300

            父と息子の夏物語〜アナハイムの地で完結 Tabatour DAY21 (8/17)

            46歳のオッサン田端が、中1長男、小2次男と、夏休みに3週間でアメリカ西海岸からグランドサークルまでを回るキャンピングカー(アメリカではRV) tabatourの旅行記21日目、いよいよ旅も実質的な最終日です(明日はクルマを返却して帰国便に乗るだけ。)。 さて、これまでのおさらい。PCR検査をLA郊外のトーランスでうけ、サンディエゴまで移動し、超美味なタコスを食べ、空母ミッドウェイを見てから、普通のKOAのRVパークよりもサンディエゴらしいハイグレードなグランピング家族に囲

            有料
            300

            空母ミッドウェイを見てから、サンディエゴのRVパークで格差を感じ、PCR珍道中の巻 Tabatour DAY20 (8/16)

            田端信太郎 46歳が、中1長男、小2次男と、夏休みに3週間アメリカ回るキャンピングカー旅(アメリカではRV) tabatourの20日目、いよいよ旅もフィナーレ直前。  LAまで戻り、子どもたちへボーナスステージ!とサンタモニカのピアの近くの遊園地に行き、その後はビーチで波と戯れ、ハリウッドの看板を見に行ったのに、大したことなくてガッカリして帰った田端家3人。LAトーランス近くの24時間営業のスポーツジム「プラネットフィットネス」の駐車場で勝手車中泊をキメました。 朝おき

            有料
            300

            LAサンタモニカで遊園地×海水浴!波と戯れハリウッド看板にガッカリする Tabatour DAY19 (8/15)

            46歳オッサンが、中1長男、小2次男と、3週間アメリカ回るキャンピングカー旅みずg(アメリカではRV) tabatourの19日目、いよいよ旅も終盤戦に。 グランドサークル巡りを終え、I-40を時速80マイルで飛ばしまくり、LAまで100kmほどに迫ったところで、ふらりと見えたカリフォルニア名物のハンバーガー屋「IN-N-OUT」のアップランド店でダブルダブルバーガーセットを食べ、そのまま店の近くで泊まった田端家の男3人。 7時に起床。いっそ、IN-N-OUTが朝マックみ

            有料
            300

            ルート66の「記憶」にすがるセリグマンからLA手前アップランドでIN-N-OUT〜気がついたら1日2回のハンバーガーを食べた帰り道 Tabatour Day18(8/14)

            さあ、いよいよ旅も終盤へ。 モニュメントバレーで絶景を馬上と車上から楽しんだ田端家の父と息子3人。洪水でフリーウェイが寸断、渋滞にハマるというような障害もあって思ったほど距離を稼げず・・・・ グランドサークルの入り口にあたるフラッグシップという街で、この旅でおなじみ、全米を網羅するRVパークのチェーン「KOA」に泊まりました。 朝7時に起きると、森の中のキッチンカーでマーサ・スチュアートみたいな白人のオバちゃんがパンケーキ焼いてる朝食会場ができてるので、そこで朝ご飯に。

            有料
            300

            旅もクライマックス!モニュメントバレーで別の惑星のような絶景を馬上から楽しむ:Tabatour Day17(8/13)

            さあキャンピングカーを借りたVANLIFE旅になって13日め、いよいよ旅も終盤戦に突入です! さて、朝を起きると、昨晩の夜ふかしが響いたのか、7時半。 あわててKOAのモニュメントバレーをチェックアウト。 夜明けを見るつもりがすっかり登った太陽を見ながら、昨晩、22時過ぎに駐車場を追い出されたTHE VIEW HOTEL前の駐車場に再びクルマを入れる。 朝8時前なので、車中でソーセージを茹でて、パンに挟んで、ホットドッグ作る。 ケチャップかけて完成! この景色を見なが

            有料
            300

            メテオクレーターとモニュメントバレーで宇宙を感じた夏の1日 Tabatour Day16(8/12)

            46歳 田端信太郎が、中1長男、小2次男と、3週間アメリカ回るキャンピングカー旅tabatourの16日目。キャンピングカーを借りたVANLIFE旅になって12日、いよいよ旅も終盤戦に突入です! ホースシューベンドで足がすくむような断崖絶壁の絶景をみた親子3人。予約してあった宿がチェックイン17時までということを知り、70ドルを捨て、すぐ近くのペイジの街のレイクパウエルRVパークにて野営しました。 さて、朝です。 ちゃんとしたシャワーブースがあるので、朝のシャワーへ。

            有料
            300

            ザイオンの岩山から、ホースシューベンドで「死のリアリティ」を感じる Tabatour DAY15(8/11)

            46歳オッサンが、中1長男、小2次男と、3週間アメリカ回るキャンピングカー旅tabatourの15日目。キャンピングカーを借りたVANLIFE旅になって11日、いよいよ旅も佳境になってきました。 これまでのおさらい:西海岸を縦断し、サンフランから内陸に入り、ラスベガスに到着した一行。夜22時でも熱風の吹くラスベガスまでやってきた田端家の男3人。勝手に車中泊スポットを見つけて寝るはずが、電気なしではエアコンが動かず、「暑くて寝れない!」と騒ぐ子どもをなだめるべく、ラスベガス中

            有料
            100

            砂漠の真ん中で映画撮影からの、ラスベガスでカジノから電気泥棒 Tabatour Day 14 (8/10)

            46歳オッサンが、中1長男、小2次男と、3週間アメリカ回るキャンピングカー旅tabatourの14日目。キャンピングカーを借りたVANLIFE旅になって10日、いよいよ旅も佳境になってきました。 LAからシアトルまで縦断した西海岸を離れて、サンフランシスコまで南下したあと、田端家の御一行、進路はアメリカ大陸の内陸のほうへ。。。 コールビルの岩山に囲まれたRVパークのチェーンKOAで目を覚ます チェックアウトがてらフロント前の売店をチェック。 RVグッズ。普通のホースは

            路面電車で鉄分補給から、タホ湖で水分補給、砂漠の真ん中をひた走り焚き火をした夜 Tabatour Day 13 (8/9)

            46歳オッサンと中1長男、小2次男が3週間アメリカ回るキャンピングカー旅tabatourの13日目。キャンピングカーを借りたVANLIFE旅になって9日目です。 さて、昨日のおさらい:日没直後の夕闇の中、夜9時頃に1000km弱走ってポートランドからサンフランシスコに着いた田端家の父息子3人。iOverLanderの進めるダウンタウンの公園脇道の車中泊スポットがいっぱいだったので、さらに20分ほど走って、西側の海沿いの海岸沿いに停めて、海に面した静かな住宅街で車中泊をしたの