【結果発表】10代・20代が、いま期待する政党はどこ?1万票を超える投票結果を公開!
見出し画像

【結果発表】10代・20代が、いま期待する政党はどこ?1万票を超える投票結果を公開!

学校総選挙プロジェクト【公式】

選挙権年齢が18歳に引き下げられて4年。でも、実際の選挙で報じられるのは全年代の投票結果、そして「若者の投票率が低い」ということばかり‥‥。10代、20代の若者世代の考えにスポットを当て、受け止められる機会は残念ながらあまり多くありません。
そこで実施した“若者だけの総選挙”。記念すべき第1回は「いま期待する政党」と「次の首相にふさわしい人」について10代・20代から投票を募りました。果たして若者世代が選んだのは‥‥?


10代・20代による1万票を超える投票

01_政党_年齢なし(小)

01_首相(小)

今回は10歳~29歳の方による投票を「有効票」とし、10,038票を集計しました。投票いただいたみなさん、本当にありがとうございます!
また、学校総選挙のwebサイトでは若者世代が関心が高い政策や社会課題について各政党の意見をまとめ、投票の参考情報として活用してもらいました。

【投票の参考情報はこちら】
わたしたちU30のトピック
政党まとめ2020

集計する投票は、こちらの3つについてです。

1. あなたが今、期待する政党は?
※2019年参院選に候補者を出し、「国会議員5人以上」の政党要件を満たしている政党+「その他の政党」の中から選択

2. その政党に期待する理由は?(自由回答)

3. 次の首相にふさわしいと思うのは?
※投票期間の直近で新聞等のメディアで実施された同様の調査で上位だった人の中から選択


【結果】若い世代が、いま期待する政党は?

結果リリース_政党

もっとも票を集めたのは「自由民主党」。全体の6割を超える若者から選ばれました。次いで「立憲民主党」、「日本維新の会」と続きますが、2位以下の政党はいずれも7%に届かない結果となりました。


【結果】各政党に期待する理由は?

スライド2

では続いて、各政党の「期待する理由」の中から、特に多かった理由をいくつか抜粋してご紹介します。

■自民党:安定・安パイ・現状維持

・ずっと自民党で自分たちは何不自由なく生活できていたから
・なんだかんだ1番安定している
・やはり8年連続で与党の座を維持し続けた実績は大きい
・菅さんや河野さんが行政改革を始めて新しい国の形を作ってくれると思う
・期待しているわけではない。他に比べたらという理由
・その他の政党は批判ばかりで具体的な政策がみえない

■立憲民主党:打倒・自民党!

・野党だからです。自民党に負けず頑張ってほしい
・自民党以外ならどこでもいい
・しっかり仕事をこなしているイメージの枝野さんがいるから
・枝野さんの人柄が良さそうに見える
・同性婚や夫婦別姓など多様な生き方を法的に認めてくれる気がする

■日本維新の会:きっと日本を変えてくれる

・日本を変えてくれそうな雰囲気がある
・改革に挑戦しようという理念を感じる
・大阪みたいな事を日本全体でもしてくれそう
・吉村知事がコロナ対策において効果的な指揮をとっていた
・吉村知事のインスタライブで都構想の話を聞いて分かりやすかったから

■国民民主党:党名どおりの好印象

・国民のことを特に考えてくれてると思う
・玉木代表の政策は国民に寄り添って考えてる
・国民という名前を背負ってるだけ、国民のことを最優先してくれそう
・自民党は期待できないから

■公明党:10万円給付ありがとう!

・10万円の一律給付への貢献とスピード感が速かった
・給付金を全員に支給することを提言し、首相を頷かせたから
・子育て世代に嬉しい政策を頑張ってくれている印象があるので

■NHKから国民を守る党:受信料を払いたくない!

・NHKに受信料を払うのがイヤ
・キャッチコピーが印象的だった

■れいわ新選組:山本太郎さんが魅力的

・山本太郎さんの考えが素晴らしいと思う
・山本太郎の政策で日本が良い方に変化するのか、悪い方に変化するのか見てみたい
・新しい政党にも関わらずパワーを感じる。弱者を守るイメージもある

■共産党:消費税に反対

・消費税減税は魅力的。10%は高すぎる
・消費税をなくすことが可能と断言したから

■社民党:高等教育の無償化に期待

・高等教育無償化など様々な政策に前向きに回答しており、具体的に方向を示して取り組んでくれそう
・高等教育の無償化、同性婚の法制化に賛成だったから


【結果】次の首相にふさわしいのは誰?

結果リリース_首相

(※敬称略)
「次の首相にふさわしい人」についても、現首相・菅さんが圧倒的な票を集めて1位となりました。2位は現政権で内閣府特命担当大臣を務める河野太郎さん。菅さんには届かなかったものの、3位以下に差をつけています。


【結果】「期待する政党」別に見る「首相にふさわしい人」

さて、「首相にふさわしい人」の結果は「期待する政党」との相関はあったのでしょうか?(※敬称略)

スライド1

「期待する政党」の投票先を問わず、3位以内にランクインしている菅さん。自民党に期待している人からは過半数の票を得ています。
立憲民主党、れいわ新選組に期待している人も、それぞれ党首である枝野さん、山本さんに投票した人が最も多いようです。
日本維新の会は、党首の松井さんより大阪府知事(日本維新の会 副代表)に票が集まった様子。
一方で、国民民主党は党首の玉木さんよりも菅さんに多くの票が集まる結果となりました。


まとめ

✅もっとも期待された政党は「自由民主党」(64.4%)
✅「自由民主党」に期待する理由は「いつも与党で安定している」「他の政党よりマシ」等
✅次の首相にふさわしいのは「菅義偉」(46.5%)

学校総選挙プロジェクトは、これからの未来を担う若者世代が政治・社会とつながるきっかけを創るために今後も活動を続けていきます。今回の投票結果が、若者世代の意見に目を向け、世代を超えてこれからの未来を考えていく一つのきっかけとなれればと思います。

次回の投票もお楽しみに!

【投票概要】
期間:2020年10月13日(火)~10月31日(土)
投票対象:全国の10歳~29歳10038名
投票方法:「学校総選挙プロジェクト」Webサイト 内の投票ページより選択式で投票


学校総選挙ではいつでもオンライン投票受付中!

政治、社会課題、世論調査などなど学校総選挙では10~20代限定のオンライン投票をいつでも実施中です。今すぐチェックして投票してくださいね!
投票に参加してくれたあなたには素敵なプレゼントもご用意しています✨


わーいわーい🙌うれしいです!
学校総選挙プロジェクト【公式】
若者世代の声を社会に届けるTポイントのソーシャルプロジェクト。 10代・20代にとって身近な社会テーマを取り上げ、同世代・異世代と対話したり、意思表示したりできるオンラインプラットフォームです📢 お問い合わせはTwitterのDMまで📪