ベンゾジアゼピン系薬剤をやめるには~補助薬としてのメラトニン製剤(ラメルテオン®)の効果~

2017年3月、医薬品医療機器総合機構より「ベンゾジアゼピン受容体作動薬の依存性について」という適正使用情報が出されています。(PDFは▶こちら)具体的には以下の適正使用に関する推奨事項が記載されています。

●漫然とした継続投与による長期使用を避けてください。
●用量を遵守し、類似薬の重複処方がないことを確認してください。
●投与中止時は、漸減、隔日投与等にて慎重に減薬・中止を行ってください。

本稿では、ベンゾジアゼピン系薬剤の依存とその離脱方法について簡単に整理し、ベンゾジアゼピン離脱におけるメラトニン製剤(ラメルテオン)の有効性についてまとめていきます。

[目次]
■どのくらい服用していると依存が形成されるの?
■ベンゾジアゼピン系薬剤の安全な離脱方法は?
■メラトニン製剤(ラメルテオン)を使ってみたら……
■補助薬としてのメラトニン製剤の効果は?

この続きをみるには

この続き: 3,210文字

ベンゾジアゼピン系薬剤をやめるには~補助薬としてのメラトニン製剤(ラメルテオン®)の効果~

青島周一

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
薬剤師です。本を出しました▶ISBN-10: 4822200981 noteでは医療に対する僕の考えを、科学的な根拠を提示しながら考察していきます。一部、有料テキストとなりますが、内容の質の担保、継続的な更新のためご理解いただけると嬉しいです。一般の方にも読みやすく書いていきます