Daichi G. Suzuki

神経−進化−発生(Neuro-Evo-Devo)をキーワードに進化生物学・神経科学まわりの研究をしています。哲学、科学史、語学にも興味があります。訳書:『意識の進化的起源』『意識の神秘を暴く』(どちらもファインバーグ&マラット著、勁草書房)。
    • 翻訳あれこれ
      翻訳あれこれ
      • 6本

      翻訳にまつわる記事のまとめ。

    • 意識研究あれこれ
      意識研究あれこれ
      • 6本

      意識の研究にまつわる記事のまとめ。

固定された記事

【既刊】『意識の進化的起源』関連情報

【随時更新】 書影・書誌情報 『意識の進化的起源:カンブリア爆発で心は生まれた』 トッド・E・ファインバーグ、ジョン・F・マラット/著 鈴木 大地/訳 勁草書房 本…

【新刊】『意識の神秘を暴く』関連情報

【随時更新】 書影・書誌情報 『意識の神秘を暴く:脳と心の生命史』 トッド・E・ファインバーグ、ジョン・F・マラット/著 鈴木 大地/訳 勁草書房 本体 2,400円+税 …

理系ポスドク(海外在住)、翻訳出版する:『意識の進化的起源』翻訳記録

はじめに 前回の記事(下記リンク)は、さいわいにも多くの方々にご覧いただけたようで、さまざまな反響があった。そのなかで「翻訳したい本があったときに、実際にどう動…

意識研究の思想地図2020 β版

【※ 本記事は暫定版であり、検証ののち加筆修正される可能性があります】 「意識」や「心」は科学で解き明かせるのか。もっと踏み込んで、物理学にまで落とし込める(還…

【図解】「覚醒」の次元

概要 ・「覚醒」の訳があてられている英単語はいくつもある ・「どの次元(軸)での覚醒か?」について考えると意味がつかみやすい ・wakefulness:目覚めた状態(awake…

なぜ研究者は学術書を翻訳すべきなのか?

概要 ・学術書の翻訳は学術の、ひいては文化の地盤を固めるため重要である ・学術書の翻訳は部数が出ない(=儲からない)うえに、  最先端かつ幅広い知識が必要で、専業…