見出し画像

『相手の立場にたつ』をやめてみた結果

ブエノスアイレスで、アルゼンチン人に囲まれて暮らしていると、「ちょっと考えてくれたらわかるのに…」と思うことが頻繁に起こる。
約束の時間より遅くなっていたら、「相手が心配しているだろうな」とか、何かが仕上がらない時に、「予定通り取りにきたら二度手間になってしまうな」とか、普通思うでしょう?

相手の立場に立って考えることが当たり前の日本人には、びっくりなのだけど、それって教わらないと分からないことだったのだ。日本の道徳教育ってすごいよね。

画像1

ところが一方で、この相手の立場になって想像を膨らませたり、起こりうる場面を複数想定して対処したりする素晴らしい癖は、時々、重荷になったりする。
トラブルを回避して、より順調に物事を運ぶ為だけに、この能力を使えばよいのに、いつの間にか、自分を犠牲にして相手を優先してしまうモードに切り替わってしまうのは、どういう訳だろう。

アルゼンチン人を見習って、相手の気持ちを汲み取り過ぎる癖を、ちょっとやめてみたときに Novioとわたしに起きたことのおはなし。

画像2

彼はわたしと居るのが心地良いと言い、わたしの家でずっと一緒に過すのを好む。
もちろん楽しいあたたかな時間なのだけれども、わたしはひとりの時間もスペースも愛しているので、ひとりになりたいと思うこともよくあるのだ。
でも、ずっと言えないでいた。

それを言ったときの相手の心情を想像するのはいとも簡単で、その後こうなって、ああなって、最後に収集をつけるまでの道のりはかなり面倒だなぁ、というところまで想像できたから。そんな想定、日本人女子なら誰でもできる。
でも言わなかったところで、イライラが溜まって、ギスギスした対応をしがちになり、結局もっと悪い険悪ムードを生んだりするからタチが悪い。

だからもう深読みしないで、最近は希望を伝えるようにしている。

画像3

さすがに「帰って」は言えなかったので、「2人の時間も好きだし、ひとりの時間も大好きなの。」にしてみた。
何度も何度も呪文のようにこのフレーズを使っていたら、うまい具合に機能してきた。「創作活動がしたいから帰るよ。君もひとりの時間を楽しんで。」とご機嫌で帰っていく Novio を見たときは、思わずガッツポーズ。

わたしが、彼の希望を叶えたいと思うのと同様に、彼もわたしにそれを与えることで達成感を得るのだ。
「拒絶感を与えてしまうかも」というわたしの取り越し苦労は、彼のサービス精神を発揮させる機会を奪っていたんだなぁと、ちょっと反省。

相手の立場にたつことを、ちょっとやめてみた時に見えてきた、新しいふたりの関係なのでした。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださり、ありがとうございます。 サポートのお気持ちとても嬉しいです。ありがたく受け取らせていただきます。感謝💕

スペイン語でありがとう。Gracias 💕
253
北海道出身、アルゼンチン・ブエノスアイレス在住、セラピスト。レイキ、ヒプノセラピーヒーリングのサロンをしながら、アルゼンチンタンゴを踊ること、ブエノスアイレスの写真を撮ることを楽しむ日々。日本の両親のゆるい遠隔介護中。好きなこと:アルゼンチンタンゴ、写真、食べ物、街並み、旅行、空

こちらでもピックアップされています


愛しのブエノスアイレス
愛しのブエノスアイレス
  • 27本

アルゼンチン、ブエノスアイレスがどんなに好きか、を超個人的観点から書き残してみようかな、と思う。

コメント (2)
私は、今、自分の中の「嫌い」に気付く訓練をしています。まずは、困るなあ、とか嫌だなあ、と感じることから始めようと思います。ああ、今まで、自分が心地よいと感じる人生ではなかったなあ、と思いました。ありがとうございます😊
>himawari さん。コメントありがとうございます。“気づく運動”始動されたことだけでも素晴らしいと、尊敬します。お互いますます心地良い毎日目指していきましょう💕
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。