ハ百比丘尼

昔、ある村に人魚が打ち上げられた

人魚の肉は不老不死の薬

皆で食べようと宴を催すことにした
しかし、異界の肉を喰らう不気味さから、
皆こっそり懐に隠し、変える途中で捨ててしまった

しかしただ一人、肉を持ち帰り、娘に食べさせた者がいた

娘はその時から歳を取らず生きることとなる

親が死に、亭主が死んでも娘は若く生き続ける
娘は何人もの男に嫁ぎ、何人もの男を見葬っても
歳を取ることなく生き続けた

やがて周りはそんな娘を気味悪がり、娘も尼となり俗世から離れる

尼が生を受けて800年程経った頃
尼は静かに洞穴に身を隠す 

それきり、尼の姿を見たものはいない

という伝説が各所に残されていますが
私が昔住んでいた近所に
この尼の生誕の地と言われるお寺があります

洞穴つきで

しめ縄が貼ってあります


小学校の時この話を聞き
怖いな…
と思いました

あなたはいかがですか?
不老不死
憧れますか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。