見出し画像

車両証に一喜一憂 作業効率アップが期待できるほどの意味合いとは

ツール・ド・フランスでは無数の関係車両が走っていて、それぞれがそれぞれに目的を果たすべく東西南北至る方向へと進んでいます。

こうした車両の審査は非常に厳しく、車両証となるステッカーの付与をもってその審査が通過したことを意味しているわけですが、審査が通ったところで今度はドライバーや同乗者の業種によって、細かく車両の扱いが振り分けられていきます。

車両証の種類によって、レース内外の動きが変わってきます。その種類によって、どんな動きが可能なのか、紹介していきます。

この続きをみるには

この続き: 1,500文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

ツール・ド・フランス2019を取材する中から、起きた出来事や感じたこと、取材の実情などをお届けしていきます。

または、記事単体で購入する

車両証に一喜一憂 作業効率アップが期待できるほどの意味合いとは

The Syunsuke FUKUMITSU

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
クリエイティブライター・エディターの福光俊介です。主にサイクルロードレースをはじめとした自転車競技にかかる執筆をしていますが、ほかにも企業広報や広告などのライティング、コピーライティングも承っています。

この記事が入っているマガジン

ツール・ド・フランス2019取材記
ツール・ド・フランス2019取材記
  • 26本
  • ¥1,500

ツール・ド・フランス2019を取材する中から、起きた出来事や感じたこと、取材の実情などをお届けしていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。