見出し画像

病いと表現

 死ぬか心療内科に行くかあの時の私には2択しかなかった。思えば幼い頃から「繊細すぎる」と周囲に言われていた。先生や友達のちょっとした態度から自分を嫌っているのではないかと考え込み眠れなくなることがあった。小学生の頃上履きを隠されバケツの中から出てきた時はクラスメートの目もはばからずわんわん泣いた。人間の悪意に耐えられなかった。弱いと言われればそれまでだ。けれども強さってなんだろう。鈍感でいることが強さなのだとしたら、別に私は強くなりたくない。

発症の実感

この続きをみるには

この続き: 2,981文字 / 画像1枚

病いと表現

山本卓卓

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
演劇集団範宙遊泳の劇作家演出家、たまに俳優。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。