菅原敏

詩人。執筆を軸に朗読、欧米やロシアなど海外公演、ラジオ、作詞など。詩集『裸でベランダ/ウサギと女たち』『かのひと』『燃やす詩集』/連載『Dancyu』/J-WAVE「QUIET POETRY」/東京藝術大学非常勤 http://sugawarabin.com/

菅原敏

詩人。執筆を軸に朗読、欧米やロシアなど海外公演、ラジオ、作詞など。詩集『裸でベランダ/ウサギと女たち』『かのひと』『燃やす詩集』/連載『Dancyu』/J-WAVE「QUIET POETRY」/東京藝術大学非常勤 http://sugawarabin.com/

    マガジン

    • エッセイなど

      本と読書にまつわる幾つかのエッセイと詩、などなど

    最近の記事

    花のサンドイッチ

     ひと気のない北国の山中に、一度だけ訪れた図書室がある。その窓からは季節が色づく周囲の山々を一望することができ、窓際に座る司書はその景色に溶け込むようにひとりで仕事をしている。ときおり手元から目を挙げて、窓からの景色を眺め、また作業に戻る。誰もこない図書室で、僅かばかりの本と静かにそこにいる。図書室はその土地に生まれたある詩人の記念館の中にあり、彼にまつわる書籍を中心に様々な詩集が並んでいる。  自然豊かな田園に生まれ育ったその詩人・草野心平は、幼い頃からつぶさに周りの生き

    スキ
    24
      • 本棚の珈琲豆

         高校時代、親元を離れて寮に入っていた。二年生からは学校近くの寮で自由なひとり部屋となるのだが、一年次の寮は四人部屋で、学校から少し離れた自然豊かな場所に建っていた。三階建ての建物で、一階のエントランス前には職員室があり、テレビや新聞の置いてあるロビーを抜けると食堂、その奥は大浴場。二階三階にそれぞれ十二部屋ほど、すべて四人部屋になっている。各階にはシャワー室と寮生それぞれのランドリーボックスと娯楽室。エントランスには寮生全員の名札がかかっていて、出かけるときは赤字にひっくり

        スキ
        21
        • 朗読『えてるにたす』西脇順三郎

          ケイクスにて4/16公開予定、作家・窪美澄さんとの対談企画・第三弾。窪さんがお気に入りとしてあげてくれた西脇順三郎の一篇「えてるにたす」を朗読をしています。記事と一緒にお楽しみ下さい。

          スキ
          8
          • 朗読『追懐』 中原中也

            ケイクスにて4/16公開予定、作家・窪美澄さんとの対談企画・第三弾。窪さんがお気に入りとしてあげてくれた中原中也の一篇「追懐」を朗読をしています。記事と一緒にお楽しみ下さい。

            スキ
            8

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • エッセイなど
            菅原敏

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            朗読『ふがいない僕は空を見た』

            ケイクスにて4/2公開予定、作家・窪美澄さんとの対談企画・第一弾。 私のお気に入りの作品、窪さんの小説『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)P306より抜粋して、菅原敏が朗読をしています。記事と一緒にお楽しみ下さい。

            スキ
            4

            酒のすべてを詩に込めて

            世界の文学 イラン <菅原 敏> 酒のすべてを詩に込めて 「詩人、詩人うるさいけど、ただのインクで手の汚れた無職の男じゃない」と言われ、「無職だけど無色じゃない、青いインクの魂を持った詩人だよ」と言うと、「無職と無色だなんて、ほんとに才能あんの?」と言われ、カチンときた俺は「なにい」とコーヒーカップを机に「たん」と置く。すると「雷に打たれて死んじゃえ!」と、俺のために作っていたイワシの梅煮をゴミ箱にぶちまけ、泣きながらビニール結んでゴミ捨て場まで駆けていった。「まず彼女に

            スキ
            3

            戦争四年目

            崩れ落ちてく がれきの上 きつく抱きしめ  愛で 笑え 『戦争四年目』ヘルマン・ヘッセ   https://cakes.mu/s/uRiwK 菅原敏/久保田沙耶 新訳 世界恋愛詩集|cakes(ケイクス) 本日更新です。そして今夜は朗読・対談イベント! ぜひ遊びにいらして下さい。

            スキ
            2

            2/27(金)「新訳 世界恋愛詩集」朗読・対談イベント

            いよいよ今週末です。ぜひ遊びにいらして下さい。 「新訳 世界恋愛詩集」朗読・対談イベント 2015.2.27(金) OPEN 20:00 START 20:30 2000円/1drink 会場:Hot Buttered Club (※満席の際は立ち見となる場合もございます) http://hotbuttered.club/access.html 渋谷区渋谷3-1-9 渋谷第三KKビルB1F 03-6427-4010 【出演】 朗読:菅原敏(詩人) 選曲:青野賢一(B

            スキ
            2

            フェデリコ・ガルシーア・ロルカ

            cakes(ケイクス)にて連載中、「新訳 世界恋愛詩集」 今回ピックアップしたのは、スペイン内戦でフランコ将軍率いる 反乱軍に銃殺された、悲劇の詩人。 フェデリコ・ガルシーア・ロルカ(1898~1936) 【掲載ページはこちら】 『悲しい私の木綿の肌着』ロルカ レモンジュース みたいな涙 なめてみてよ 大きな悲しみ  ------------ いまなおスペインで最も愛されている詩人・ロルカ。 そういえばプーシキンやランボーも撃たれていたなあ。 詩人と銃につい

            スキ
            5

            2/27(金)「新訳 世界恋愛詩集」朗読・対談イベントのお誘い

            cakes(ケイクス)にて連載中、先週で20回目を迎えた「新訳 世界恋愛詩集」が3月に1時間のラジオ番組になります。そのオンエアを記念して、朗読・対談イベントを開催いたします。 今回のイベントでは、菅原敏の朗読にBEAMS青野賢一さんの選曲。未発表の恋愛詩や、新作の朗読も。 そしてイラストを担当する美術家・久保田さんとの対談では、アートワークを塗り重ねている200年前の詩集(実物)をお持ち頂き、連載の裏側などをお話します。noteナイトに引き続き、cakesの三原琴実さんが

            スキ
            5

            天気予報が売れたので

            100回も自分で天気予報を続けていると ときに、 天気予報が売れることもあるようです。 菅原敏 『詩人天気予報』 http://www.roomie.jp/tag/詩人天気予報 毎週金曜日、webメディア「roomie」にて 菅原敏『詩人天気予報』連載中です。 自分で予報をしているにもかかわらず、 今夜の雨に負けてしまった今夜のわたし。 これからレインシューズを探します。

            スキ
            5

            菅原敏/12月のおしらせ

            【ラジオ出演】 明日12/13(土)16:00よりFM FUJI(78.6MHz)の「What's JOGIN」という番組にゲスト出演します。http://www.fmfuji.jp/jogin/  【雑誌】 『GINZA』12月号にて4ページ、詩を書き下ろしています。 渋谷慶一郎(音楽家)×高橋恭司(写真家)×菅原敏(詩人) 【WEB】 「BARNEYS NEW YORK」のウェブサイトにて、各界の皆さんと共にクリスマスプレゼントを選びつつ、ちょっとした思い出話を

            スキ
            3

            noteの夜

            昨夜「noteナイト」に来て下さった皆さん 詩集をつれて帰ってくれた皆さん 共演のUQiYOさん、園田涼さん そしてnoteスタッフの皆さん かのひと、そして、キャベツ野郎の皆さんも どうもありがとうございました。 のんびりと楽しく朗読させて頂きました。 noteを使って出来ること、これからのこと どんなページをめくるのか。わくわくとしています。 #noteナイト  #詩 --------------------------- 【昨夜のこと】 朗読会からの帰り道。お

            スキ
            11

            夜が来たから寝たのでしょうか?

            お金がなくても 容姿が悪くても うそつきでも 愛は見逃してくれるけど 「忙しい」という人だけは駄目 「夜が来たから寝たのでしょうか」ジョン・ダン (一部抜粋) cakes.mu/s/uoYSd  -------------------------- CAKES(ケイクス)にて連載中 菅原敏(詩人)×久保田沙耶(現代美術家) 『新訳 世界恋愛詩集』 cakes.mu/s/uoYSd  イギリス文学史上、例を見ない官能的な恋愛詩と、その対極にある敬虔な宗教詩や説法

            スキ
            5

            12月11日「noteナイトvol.1」に出演

            菅原敏、noteナイトに出演します。 ケイクスにて連載中の「新訳 世界恋愛詩集」も交え 新作の朗読や、日々のあれこれをお話しようと思っています。 共演のUQiYOさん、園田さんの演奏もとても楽しみ。 noteを使ってできること。 超小型出版と詩人の関係。 色々と探っていきたいところです。 12月11日、よかったら是非遊びにいらして下さい。 千駄ヶ谷でお会いしましょう。 -------------------------------------------------

            スキ
            5

            愛される1時間

            ケイクスでの連載「新訳 世界恋愛詩集」更新です。 当時受け得る最高の教育を受けながらも 56年間ほぼ自室に引きこもり、孤立した世界で書き続けた詩人 エミリー・ディキンソンの詩世界を。   https://cakes.mu/s/u4zHJ  『愛される1時間』エミリー・ディキンソン  『新訳 世界恋愛詩集』 菅原敏(詩人)×久保田沙耶(現代美術家) https://cakes.mu/s/u4zHJ  

            スキ
            3