フリー ハグ

「フリー ハグ」を知りませんでした。

路上に立って、目隠しして、
誰かとも判らぬ人々と

無差別に、ハグする。

勇気の要ることです。
冗談で出来る事ではありません。

人への全くの信頼が無ければ
出来る事ではありません。

しかも、デモ隊の過ぎる道、
混雑する繁華街など、

何が起きるか、
何が帰って来るのか、

全く予想も付かないその時に、
その場所に、

立ち続けている事が、
私には 出来るか?

「出来るか?」と
心の声が訊ねて来る。

誰しもが出来なくていい。と 声がする。
誰しもができる事ではない。 と 声がする。

そう 言い訳しながら通り過ぎて来た。
見て 見なかった事にして忘れようして来た。

いつもそんな繰り返し。

罪悪感めいた、
やましい事をしている様な、

そんな 自分の魂に、
未だに 問い続けられているのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう
127
イラストレーター&エッセイスト。そして夢幻語りlandの住人 Copyright © 2018- sugashi_kararine All Rights Reserved.

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。