お~~い


「お~い」 と 呼んでみたくなる。

誰にでもなく 何かに とでもない。

心が寂しくなっていると、
応えてほしくて、
応えてくれる 何かが居てほしくて、
ただ 声を出してみる。

「お~い」
「お~い」

風が吹いてるよ。
アザミの花が咲いたよ。

銀河の向こうに住む君に、
次元の彼方に居る私に。

受け止めてくれる 何かがあるのかも…。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今、この時、この瞬間
30
イラストレーター&エッセイスト。そして夢幻語りlandの住人 Copyright © 2018- sugashi_kararine All Rights Reserved.

この記事が入っているマガジン