見出し画像

コンサルティング営業グループマネージャーに聞く ~「境界線のないチーム」を実現するには~

 ビジネス資料作成代行サービス「バーチャルプランナー」とIR資料作成代行サービス「LEAD」を展開する当社では、受注活動から資料の企画構成、プロジェクトマネジメントまで行うコンサルティング営業グループと、クリエイティブなデザインを提供するデザイングループが連携しています。

 今回は、コンサルティング営業グループのマネージャーである南田に焦点を当て、彼女が日々どのようにチームを率いているのか、また、マネジメントにおける彼女の考え方と目指すチームの在り方について深掘りしました。

いつも穏やかな南田。チームメンバーからの信頼は厚い

ー まずは、ご自身の経歴について教えてください。

 2018年に新卒でリクルートに入社しました。SUUMOの法人営業として首都圏の大手不動産会社の顧客深耕などを担当していました。やりがいのある仕事ではありましたが、もっと幅広い業種・規模の企業の課題解決に関わりたいと考えたのが転職活動を始めたきっかけです。

ー ストリームラインに入社したきっかけを教えてください。

 その中でもストリームラインを選んだ理由は、もともと資料作成が好きで、かつストリームラインが自分にとって働きやすい環境だと感じたからです。
 小規模の会社ならではの、一緒に働く方たちとのスムーズなやりとりや裁量の大きさにも魅力を感じました。

ーストリームラインのコンサルティング営業グループはどんな組織ですか?

 ストリームラインの営業グループは、一言でいうとハイレベルな能力を有した大人な人材の集まりです。
 資料作成やディレクションの精度・スピード感・顧客の要望をくみ取る力・論理構成を組み立てる力・領域への専門性など、それぞれ秀でた能力を持っており、各個人に尊敬すべき点があります。

 「大人な」と表現した部分をもう少し言い換えると、人間的に成熟している印象の人が多いといった意味合いです。
 例えば、自分だけが成果を上げればいいという考えではなく、他のスタッフとチームで協力して顧客満足を実現したい、といった利他的な志向を持つ人が集まっています。

 コミュニケーションの面でも、相手の考えをくみ取って次のアクションを起こすなど、スタッフ同士が円滑に働ける土台がある組織だと思います。

ーマネジメントで心掛けているポイントは?

 各個人の能力が非常に優れているため、細かい指導を行うのは入社数か月~長くても半年までとし、それ以降は基本的にはメンバーの考えのもとに動いていただくことを意識しています。

 完全に放任するのではなく、お客さんとのやり取りはなるべくウォッチし、軌道修正が必要な予兆があれば声をかけるようにしています。
また、メンバーの個性に合わせた関わり方という点も、自分は強く意識しています。
 それぞれのメンバーで得意なことが異なっていると思いますので、弱みをカバーし、強みを伸ばせるような案件のアサインの仕方や自身の介入方法などを模索しています。

 こういったやり方を採用している理由は、私自身が周囲を強く牽引するタイプではなく、メンバーを下支えしたいという志向が強いからという理由もあるのですが、今いるメンバーの能力が極めて高いということも、大きな理由の一つです。

ー理想のチーム像はどのようなものですか?

 良い意味で、「境界線のないチーム」が理想です。
ここでいう境界線とは、できること・できないことの間の線引きのように、自分たちの能力に対して制限を設けることを指しています。というのも、現在ストリームラインでは、資料作成を自動化するAIの開発を進めており、近い将来、資料作成において人の頭脳が必要になる領域に大きな変化をもたらそうとしています。

 それなら、資料作成コンサルタントは不要になるのか?というと、そうではありません。むしろ、ストリームラインのコンサルタントがより難度の高い業務に集中し、顧客に高い付加価値を返していくモデルに向かっていくことを意味します。
 例えば営業品質の向上にお悩みのお客様の場合、解決策は営業資料をリニューアルして納品することだけではなく、営業現場の皆さんが今後の資料作りを自走できる環境を整備することや、納品した資料を用いてどのように顧客とコミュニケーションを取るか学んでいただくことかもしれません。

 今後、ストリームラインが資料作成業界で唯一無二のポジションを築いていくにあたって、これまで自分たちが提供してきた業務の枠にとらわれず、顧客の課題に対して何ができるか?を考える思考を全員が持っていることが必要だと考えます。


ー最後に、一緒に働きたいと思う人物像について教えてください。

 人間性や資料作成のスキルはもちろんですが、自分のできることにキャップを嵌めずに思考できる人と働きたいと思います。

 もちろん勤務時間の制約の中ではありますが、自分の仕事という視点だけに閉じずに、もっとこうしたほうが会社が良くなるのでは?などを自ら提案するアンテナのある方だとよいと思います。
まだまだサイズの小さい組織ですので、提案できることの幅は営業・マーケティング・組織課題の解決など多岐にわたります。

 経営者との距離が近く、筋の良い提案であればスピード感を持って受け入れられ、責任者としてPJを動かせるので、優秀なメンバーとともに資料作成だけにとどまらない色々な経験をしてみたい方にはぴったりの会社だと思います。

ー 南田さん、本日は有難うございました!




 現在、ストリームラインでは事業拡大に伴い、コンサルティング営業、資料デザイナー、Webエンジニアを積極的に募集しています。 経営ビジョンに共感された方、資料作成に対する情熱がある方、新規事業の構想に興味を持たれた方など、ぜひお気軽にお問合せください。

この記事が参加している募集

#仕事について話そう

109,959件