見出し画像

『才能がない』で諦めるのか?実は、それがチャンスとなることも知らずに‥。

《今日の一言》
どんなことでも活かせる時代になった。

経験、考え方、行動、挑戦、それらに大きな価値が生まれ出した。
『活かせる』ことをするだけで、どんなことでも。

ーーーーーー

『才能がない』

そんな思いをする人は沢山いる。

できる人を見て、できない自分を見て。


でも、時代は違う。

『才能がない』

これはある意味チャンスである。

「いや、嘘だろう」そんな言葉が出て来そうだが。

『活かす』時代において、『才能がない』は最強の"ドラマ"を生む。

ドラマ、ドラマチック。

今の時代で"求められているコト"はそんなコトである。
しかも、無意識にである。

人は完璧なコトよりも、ドラマに感心する

優しくて、仕事ができて、家族が居る人よりもドラマに感心する。
馬鹿みたいに人が悪かったけど、今では立派な人、そんなドラマな人に感心する。
たとえ完璧な人の方が良い場合でも、人はドラマな人に感心してしまう。

良いモノに感心するのではない、感動するものに感心する。

『クオリティ』
そんな社会でありながら、"人間性には勝てない"のも、また事実。
だからこそ、『才能がない』は最強のドラマを生み出せる。

天才に『才能』という武器で戦うな、『才能がない』というドラマで戦え

ーーーーーーーー

人が求めるものは変わっている。
『良いモノ』から『ドラマ』になっている。
原因は単純。
もう『良いモノ』が揃っているからである。

生活、生きていく上で必要なモノはだいたい揃っている。

だからこそ、どんなに凄いモノでも流行らないモノは流行らない。
簡単な例としてスマホ、iPhone。
4や5S、7の時は並んで買っていく。
沢山の人で賑わっていた。


でも、『今』はどうか?

XやXIはどうか?
確かに賑わってはいる。

でも、冷めている人も多くいる。
その違いはなんでか?

『進化』が必要なくなっている、ことか?

正確に言えば、人が"進化に追いつけない"ようになったこと。
どんなにパワーのあるものを使っても、使いこなせなければ意味がない。
それが本能的に気づいて、買う人が減ってきた。
もちろんパワーがあって喜ぶ人もいる。

でも、ドラマは違う、感心があるから。

どんなに画質が悪くても、ポリゴン体でも、内容やストーリーが良いと評価される。
感動があるから、感心できるからである。
ある話として、『あなたの友達がすごく悪いヤツ』がいるとします。
そんな『悪い奴がまぁまぁいい奴になった』時、あなたはどう思いますか?

『感情が動く』=感動、みたいなところ。

悪いやつから、いい奴に変わるから、感情が動く、そして感動する。
同様に悪い奴が悪いことをしても、「あぁ、あいつなら‥」程度です。
いい奴がキレると「やばい、やばい」と感情が動きます(これは感動ではないですけどね)
そして、『才能がない』は"成長できる余地"があるからこそ、チャンスです。

最初からできている奴よりも、出来なかった奴の方が評価される。

もし、あなたが自分のことを『才能がない』と思うのなら。
それに「悲しい」と思って終わりなら、そこで終わらせるのはもったいないです。
『才能がない』を活かそう。
ドラマを生み出し、感動をさせましょう。

その経験が考えが行動が、あなたを大きく変えることになります。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よければサポートよろしくお願いします!! クリエイターとしての『意欲』になり、『活動』のための力にさせていただきます!! あなたや他の方にもキッカケを届けていきます!! これからもよろしくお願いします!

嬉しい限りです!!
3
様々な時代変化をしている現在。進化と変化を繰り返し、『多様化』という言葉が大きくなった。何事にも可能性に溢れる。成功することができる、と言われている。でも、成功できない人も増えている。そんな人に一つの新しい価値観によるキッカケを。送ってみたい。私のためにあなたへ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。