Yusuke Miura

普段はstarnote*というブログを書いています。 https://starrrrr…

Yusuke Miura

普段はstarnote*というブログを書いています。 https://starrrrr.com

最近の記事

CX-60と暮らす|納車1年半の徹底レビュー。熟成を重ねてさらにいい車に。

MAZDA CX-60を購入して1年半が経ちました。 現時点での走行距離は15,000kmあまり、月に1,000km弱くらいのペースで乗っているので平均的な距離感といったところでしょうか。 この1年半、定期点検以外で何度かディーラーに入庫してリコール対応などをやっていただきました。主にソフトウェアアップデートだったのですが、大きいもので言えばリアショックアブソーバーの交換などを経て、現在売られている改良モデルと同じ構成になっています。 ちょうど先日もソフトウェアアップデ

    • 9月の旅行の計画 〜犬と一緒に泊まりたい宿まとめ〜

      例年、6月の結婚記念日には旅行することにしていました。 今年で2年経ったのですが、入籍当日には箱根の「天悠」、1年経った昨年は同じく箱根の「佳ら久」に行きました。しかし、今年は6月に別の旅行が入っていたので行けていないのですよ。 ▶ 結婚記念日は「箱根強羅・佳ら久」に泊まってきた そのため、時期をずらして9月に行こうと思っています。けれどもまだ全然予定を立てられておらず、行き先すらも決まっていない状態……そろそろ決めないとどこも予約が埋まってしまいそうです。 決まって

      • 2024年前半に買ってよかったもの3選

        2024年、早くも後半戦に入りました。 前半戦は多くのものを買ってきた——わけではないのですが、無駄遣いせずに日々の暮らしをより豊かにするために必要なアップデートをかけてきました。 その中から「買ってよかったもの」を3つ紹介します。いつもは1年に1回まとめているけれども、半年ごとに振り返るのも悪くないですよね。 第1位|Panasonic 冷蔵庫 NR-F559WPXいきなり第1位からいきますよ。 2024年前半で一番買ってよかったものは、Panasonicの冷蔵庫で

        • X100VI、50日目の徹底レビュー。これは買うべきか?

          いまだに品薄になっているFUJIFILM X100VI、5月中旬に奇跡的に手に入って50日ほどが経ちました。オーナーとしていろんな場所に持ち出してそれなりに使い込んだので、現時点の感想をお届けしたいと思います。 この記事では、改めてX100VIとは何か?と振り返りながら、8つの質問に答える感じで徹底レビューし、そのあと25枚の作成をご紹介します。 思いの丈を綴るとめちゃ長くなっちゃいましたが、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。 これは何?〈X100VIとは〉この

        CX-60と暮らす|納車1年半の徹底レビュー。熟成を重ねてさらにいい車に。

          もう汚さない。CX-60に防水ラゲッジマットを導入。

          車のラゲッジにはお出かけ用の荷物や洗車用具をずっと載せています。自宅にガレージがあればそこに置いておけばいいのですが、マンション住まいだとそうもいかずでして。 特に大きいのは犬用のカート。先日買い替えたAIRBUGGYのものは乗り心地がよくて耐久性も高いので、その分サイズが大きくなってしまっています。CX-60の大きなラゲッジルームがいっぱいになるくらいなので、これより小さい車には乗れないなと思ったり。 犬用のカートには当然ながらタイヤがあって、例えば公園に行けば砂の上を

          もう汚さない。CX-60に防水ラゲッジマットを導入。

          わたしたちと鎌倉|第14回|紫陽花シーズンの終わりに

          6月最後の週末。 6月といえば紫陽花、紫陽花といえば鎌倉の長谷寺ということで、もう毎年の恒例行事になっている、長谷寺で紫陽花を見てwoof curryでカレーを食べるコース。犬を幼稚園に預けている間に人間だけで巡ります。 実は昨年も全く同じことをしていたのですが、今年も同じコースです。長谷寺の紫陽花は何度見ても見応えがあるし、woof curryのカレーは何度食べてもまた来たくなるんですよ。 紫陽花を鑑賞するイベントとして茂原の「服部農園あじさい屋敷」に先日行ってきまし

          わたしたちと鎌倉|第14回|紫陽花シーズンの終わりに

          月刊すたのじん|2024年7月|10年目も淡々と

          7月になりました。2024年も折り返し地点、早いですねえ。 そして今月は、このブログを開設して丸9年を迎えます。いよいよ10年目に入るということで、こんなに続けるとはまさか思ってなかったけれど、続いてしまいましたね……自分でもびっくりだわ。 この9年間でブログを取り巻く環境は変わり続けており、最近では逆風が吹き荒れているけれども、別にそんなこと気にせずに続けるつもりです。 もうこうして日常的に文章を綴ることはライフワークとなっているし、文章を書きまくっているおかげで仕事

          月刊すたのじん|2024年7月|10年目も淡々と

          ROAD TRIP Karuizawa Vol. 1 / 新緑が美しい軽井沢をめぐる旅

          6月中旬、犬を連れて軽井沢まで1泊2日の旅行に行ってきました。 もう何度も行っている軽井沢ですが(なんならこの2週間前も日帰りで行ってきた)、泊まったのは結婚式のとき以来。犬を飼い始めてからは初めて泊まります。 ▶ 軽井沢ホテルブレストンコート・デザイナーズコテージに2泊 さすが避暑地というだけあり、そりゃあ暑いけれども首都圏と比べると全然涼しい。この時期になると、会社の上司が軽井沢に住んでいるのが羨ましくなりますね。 今回は妻の実家の家族旅行に僕もついていった感じで

          ROAD TRIP Karuizawa Vol. 1 / 新緑が美しい軽井沢をめぐる旅

          益子焼・よしざわ窯のお皿を中目黒で

          実際にやってみて初めて、その周辺にある知識や情報に気づく。 旅行から帰ってきた後、その土地に対する解像度が上がった状態で旅行先のことを改めて調べていると、「ここも行けばよかった」「ああ、あそこも見ておけばよかった」なんてことになるのは世の常です。 ゴールデンウィークに益子陶器市に行ってきたのですが、そのときは十分見て回っていいお皿にたくさん出会うことができました。 でも、帰ってきて改めて益子焼のことについて調べてみると、ある重要な窯元の存在に気づきました。もしかして、そ

          益子焼・よしざわ窯のお皿を中目黒で

          FUJINON XF35mmF1.4 R|斜面いっぱいの紫陽花を切り取る

          FUJIFILMユーザーから「神レンズ」と言われている〈FUJINON XF35mmF1.4 R〉。 X100VIが手に入らない腹いせで買ったのですが、その1か月後にX100VIが奇跡的に買えてしまい、XF35mmF1.4 Rを使う機会が少なくなっていました。 もちろんその写りに不満があったわけではありません。でも単焦点レンズと単焦点コンデジって利用シーンが結構重なってしまうんですよ。X100VIとX-T4を2台持ち出すとき、X-T4にはズームレンズを装備したくなるんです

          FUJINON XF35mmF1.4 R|斜面いっぱいの紫陽花を切り取る

          CX-60が1日で退院しました

          昨日CX-60を入院させてきたところですが、早くも1日で退院して帰ってきました。 結論から言うと、先日アナウンスされたサービスキャンペーンで改善される内容だったとのことで、エンジンとトランスミッションそれぞれの制御ファームウェアをアップデートする対応となりました。 他のユーザーからも「有車速時のアイドリングストップからエンジンが再始動しない」という報告が何件か上げられているようで、それに対するアップデートも含むとのこと。社内向けの資料を使って説明していただいたので確かな情

          CX-60が1日で退院しました

          CX-60が入院になりました

          CX-60にトラブルが発生し、先ほどディーラーに預けてきました。 発生したのは今週月曜日の夕方だったのですが、火曜・水曜とディーラーがお休みで、今日の朝になって電話してみたところ、即日対応してくれました。頼もしい。 その場で検証して直すのは難しいので、一旦預けて時間をかけてしっかりと直してもらう方針です。内外装も走りも気に入っている車なので、今のところ手放すようなことは考えていなくて、乗り続けるためにちゃんと直してほしい。 でも、CX-60は不具合が多くてそろそろうんざ

          CX-60が入院になりました

          6月前半のいろいろ

          さて、この1週間ほど記事が書けていませんでした。 もう9年もやっているのに、たったの1週間でも離れてしまうと何を書いたらいいのか分からなくなってしまうんです。だからリハビリも兼ねて、今の脳内の思考をアウトプットしてみます。要するにただの日記だということです。 こうして発信していると「何か少しでも役に立つことを書かないといけない」という思考になってしまうのですが、果たしてやりたいのはそうだったんだっけ?と初心に立ち返る瞬間があります。 改めてよく考えてみると、僕がこのブロ

          6月前半のいろいろ

          掘り出し物を探しに、カメラを持って東京蚤の市へ〈2024・春〉

          今年もこの季節になりました。 春と秋の2回にわたって開催される東京蚤の市。2024年・春開催の今回は行ってきましたよ。 会場はいつものように国営昭和記念公園。季節を思いっきり感じることができる、大好きな公園です。この公園を存在を知ることができたのも、東京蚤の市のおかげだったな。 心配していたお天気は、前日までの雨が嘘のように晴れてくれました。その分気温も上がり、最高気温は27度ほどに。めちゃめちゃ暑かった。 2023年開催の2回は行ってなかったので、気がつけば2022

          掘り出し物を探しに、カメラを持って東京蚤の市へ〈2024・春〉

          月刊すたのじん|2024年6月|めまぐるしい日々を噛み締めよう

          さて、6月になりました。 ご存じの方も多いと思いますが、この月刊号は毎月1日にお届けするようにしています。月刊号の文字通り、毎月毎月その時点で思うことを筆キーボードが進むがままに自由に書いているのです。 そんなルーチンのおかげなのか分かりませんが、「1か月」という単位で時間の経過を噛み締めながら過ごしている自分がいます。そしてそれはあまりにも早く、めまぐるしく月日が経過していくのを感じているところ。そして月刊号では毎回そんなことばかり言ってる気がする。 先日突入したばか

          月刊すたのじん|2024年6月|めまぐるしい日々を噛み締めよう

          X100VIにも金色のレリーズボタンを

          最近、FUJIFILM X-T4に金色のレリーズボタンを付けたとき、その高級感と使い心地のよさにびっくりするほど満足したんです。 それで調子に乗って、今度は新しく買ったFUJIFILM X100VIにも同じ金色のレリーズボタンを付けてみました。 X100VIは、コンパクトなクラシックデザインが魅力的なカメラで、日常のスナップや旅行にぴったりなんです。このカメラに金色のレリーズボタンを付けたら、どんな風に変わるかワクワクしていました。 出来上がりは、想像以上に素敵でした。

          X100VIにも金色のレリーズボタンを