見出し画像

ハーレー史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!パワーと鼓動感を解き放つ!【チューニング方法とパーツ、費用、工賃も公開】EVO・M8エンジンにも応用可能

本書の内容
ハーレー史上最高のポテンシャルを秘めたエンジンは、M8が登場した現在でも「ツインカムエンジン」です。
※ツインカム1984年~2017年 ミルウォーキーエイト2016年~

本書には、
・ツインカムエンジンの性能を開放し、他を圧倒するH-D史上最高のパワーに巨大な低速トルク、心地よい鼓動感、
高い耐久性に信頼性

・高速走行からワインディング、町乗りまでの幅広いシーンにおいて、ライダーとパートナーともに快適で
扱いやすいエンジン。

・飛躍的にパワーアップしたエンジンを、
余計な緊張感なく安全に楽しめる足回り

・そんな理想のハーレーを実現させるためのエンジン
チューニング方法と、カスタム方法が記載されています。

また、パーツの価格や加工にかかる費用、工賃の目安も記載しております。

このnoteを書いている私は、現在フリーランスのエンジニアをしながら「ハーレーエンジニアリング」というサイトの編集長もしているスピードフリークと申します。

「ハーレーエンジニアリング」のサイトを見てくださっている方は、他の同様のサイトやブログよりも、テクニカルな情報がより中立的な視点で書かれていることをご理解いただいていると思います。

「ハーレーエンジニアリング」のサイトをご存知ない方は、事前にお読みただくことで本書購入の判断材料になるかと思います。

ハーレーエンジニアリング:https://speedfreak77.com/

 ■本書の価格:980円
 ※ハーレー雑誌の一般的な価格設定にしています。

なお、980円という費用は「本書を活用すれば、”余裕で回収できる”」と考えています。
この点について詳しくは、次の項目(想定読者)で説明します。

想定読者
・ハーレー史上最高の他を圧倒するパワーで豪快な走りがしたい。

巨大な低速トルクで悠々とワインディングを走り、豊かなパワーで急かされることがない、余裕のあるツーリングがしたい。

・不快な振動のない心地よい鼓動感を感じたい。

・高い耐久性と信頼性も
あるエンジンで、日常でも気軽に乗れる一生モノのハーレーにしたい。

・意味の無いカスタムで時間やお金をムダにしたくない。

という熱い想いをお持ちの「ツインカムエンジン」のハーレー乗りの方。

すなわち「ハーレーの見た目を良くしたい!」といった方は、想定読者には含まれませんので、ご注意ください。(もちろんご購入は自由です。)

本書の内容を踏まえたチューニングを行えば、ムダなパーツの購入が避けられますので、その分で本書の費用は”余裕で回収できる”と考えます。

※本書のチューニング方法は、ツインカムエンジンにとどまらずエボリューションエンジンからミルウォーキーエイトエンジンまで、応用できます。

■ご購入前の注意■

ノウハウを得て満足するだけの方
ではなく、

「ハーレー史上最高の
理想的なエンジンにしたい!」

という熱い想いをお持ちで行動もできる!

ツインカムエンジン」のハーレー乗りの方がご購入ください。

私のハーレーが最高のエンジンになるまでに、最短でかかる費用の3倍もかかりました。知識、情報不足のまま行動を起こしていたことが、原因だったからです。

つまり、一番重要なことは「正しい知識と情報」を持った上で、「的確な行動」を起こすことです。本書には情報自体と行動指針がふんだんに詰め込まれています。

本書の通りにチューニングをすれば、ほぼ確実に、パワー、トルク、鼓動感、耐久性がハーレー史上最高のエンジンになります。

想定読者の方にとって、確実に価値ある情報です。

安売りはしませんが、どうぞご理解ください。(想像以上に売れた時は、躊躇なく値上げをする予定です。)

また、この本書は内容が古くならないように、定期的に加筆修正していきます。

■ざっくりした目次です。

圧倒的なパワーと巨大な低速トルクを得るチューニング

不快な振動をなくし心地よい鼓動感に、極上のモアトルクを得るチューニング

・トルクアップしたからこそできる、走りに余裕が生まれるカスタム

・エンジンパワーを上まわる足回りのカスタム


・パーツの価格や加工にかかる費用、工賃

想像してみてください。

豊かなトルクで、ワインディングを悠々と心地よく走れ、必要な時にあふれるパワーで加速をしたら、、

「どこまででも、走れるだろう」と思いますよね。

そんな理想のツーリングスタイルが手に入ります。
その方法をご説明いたします。

チューニング、カスタムの基本として、オーバーホールに近づいたエンジンにハイカムを入れても効果が発揮されないのと同じように、点検、整備された車両でないと、どんなチューニング、カスタムも効果は発揮されません。

免責事項
・本noteの内容において、正当性を保証するものではありません。
・本noteを利用して損失を被った場合において、一切の責任を負いません。
・購入後のサポート等は特に予定しておりません。

それでは「ハーレー史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン」のパワーと鼓動感を解き放つチューニング方法とパワーに負けない足回りに、

パーツの価格と加工にかかる費用、工賃
を、画像やイラストを使用して詳細にご説明いたします。

※お支払い方法は「クレジットカードでお支払い」と「スマホの料金と一緒にお支払い(docomo、au、SoftBank)」から選べます。

この続きをみるには

この続き: 21,263文字 / 画像39枚

ハーレー史上最高の性能を秘めたツインカムエンジン!パワーと鼓動感を解き放つ!【チューニング方法とパーツ、費用、工賃も公開】EVO・M8エンジンにも応用可能

スピードフリーク

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは知識、情報のために使用し、皆様のために還元していきます。

ありがとうございます!お役に立てれば幸いです\(^o^)/
33
speedfreak77.comの編集長でハーレーを愛しています「ハーレーの安全性,パワー,トルク,鼓動感を史上最高にするための情報発信が私のミッション」XL1200 94.7ps 11.6kg-m,TC110 118ps 17.8kg-m。
コメント (3)
ハーレーをいつかは、、と思う中で、わたしは外観よりは、他のバイクと何が違うのかなー?と中の構造に興味がある、一部の硬派気味な女子だと思います。真面目そうな内容に思えたので、勉強しようと思い購入させていただきましたが、
やはりエンジンについての内容はかなり難しかったです(^_^;)。
これだけの文字量、なおなつ、かなり論理的にそれぞれのパーツの交換必要性、、変える前後の違いなどを詳しく書かれていて読み応えあり、結構疲れました。。
全部いっぺんには費用のことも考えると絶対に無理なのですが、読み込んだ上で自分にとってのこだわる部分を決めてカスタムしていく良いヒントが散りばめられていると思いました。
そもそもまだハーレーをゲットしていないのですが、、、-_-
乗れそうなサイズのスポーツスターはツインカムエンジンじゃないみたいなのでちょっと悩みます。。
ありがとうございました!
ローコンプのメリットは今までわからなかったけど、やっと理解し辻褄があいました。
わかりにくい説明はありましたが、おそらくここまで詳細に書いた内容はないと思いますし、再現性はほぼ100%だと思います。パーツの繋がりが分かりました。ありがとうございました。
■ノートの感想

スポーツスター 乗りですが、ツインカムに興味もあったので購入しました。内容がエンジンの構造から始まるのでマニアックな感じはしましたが、ツインカムとミルウォーキーエイトの違いが詳しく比較、解説されていて、とても興味を持つことができてかなり楽しめました。
スポーツスター からツインカムに行くとして、新車よりもカスタム幅や選択肢の多いツインカムの中古車からカスタムしていく方が新車と中古車の差額分楽しいバイクが作れるのかなと思いました。
まだ今後どうしていくかは分かりませんが、ツインカムに乗り換えのであれば無駄なくカスタムして、楽しめるハーレー にチューニングして楽しいハーレーライフをずっと満喫できるのではないかと、そんなキッカケとしてありがたい情報でした。
雑誌では必要ない情報も含めての値段ですが、情報量も多くマニアックな構造まで知ることが出来てとても満足できました。
この手の物を購入したのは初めてですが、本として見ながら読むのももちろん良いのですが、通勤中やテレビを見ながらでも読めるし、家でかさばらないのでその点も良かったです。
熟読してみます。ありがとうございました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。