見出し画像

ハネムーン・サンド〜父から教わった料理

レタスを見ると思い出す。父から教わった料理。

小さい頃、日曜日は「母も休日!」ということで、朝食は自分で作るか、家族の中で早起きチームの父と作ることが多かった。

ある日、父が「今日は特別にハネムーン・サンドだ。アメリカで教わったんだ。」と得意気に言ったので、どんなスペシャルなサンドイッチかと思ったら、レタスだけがパンに挟まって出てきた。

「Lettuce alone」(レタスだけ)・・・
→「let us alone」(二人きりにしてください)

ということらしい。

その時は、「また変なこと言っている」、と冷たくしてしまったけど、レタスだけのサンドイッチが、なんだか特別なメニューに感じられる、素敵な魔法だと、今は好きで気に入っています。

調べてみると、英語圏では、ハネムーンサラダやハネムーンバーガーなどとしても使われているようですね。

マヨネーズだけでも美味しいけど、マスタードか、チリソースを少し混ぜて、ピリッとした風味にしても美味しいです。

今日は父の日。今年は「ラジオ英語を聞いて勉強したい」ということで、ラジオをプレゼント。会社を定年退職後も、まだ自分で仕事を続けていて、まだまだやりたいこともいっぱいで、元気そうで嬉しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!
3
サルベージ・プロデューサー、お米アドバイザー、sakediploma。”おいしさ”を「知る」「つくる」「伝える」お手伝いしながら勉強中。おいしいものや、作るひとと出会うために、ときどき旅に出ています。https://www.instagram.com/tom123kd/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。