ソファ屋社長 心石のnote

ひとつひとつオーダーメイドでソファを製造しています。本革や無垢材などの経年変化していく素材が好きです。ソファにまつわるデザインや素材を中心に、おすすめな選び方などを発信し、みなさんが愛着の湧くソファを見つけるお手伝いをしていきます。

ソファ屋社長 心石のnote

ひとつひとつオーダーメイドでソファを製造しています。本革や無垢材などの経年変化していく素材が好きです。ソファにまつわるデザインや素材を中心に、おすすめな選び方などを発信し、みなさんが愛着の湧くソファを見つけるお手伝いをしていきます。

    最近の記事

    • 固定された記事

    NOTE始めました

    ソファを作り販売していて、よく聞かれる質問とか、意外と知られてないこととか、ぼつぼつと書いていきます。 ソファ選びの参考になれば嬉しいです。 この記事が、少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。 (株)心石工芸 心石拓男 https://www.sofa-kokoroishi.jp/

      • 革の手入れ方法は、ざっくり言うと2種類

        ソファ販売時の接客やメンテナンス教室で聞いていると、革について間違った情報に触れている人が多いので、正しい革のお手入れ方法について説明します。 革は手入れが面倒、メンテナンスが難しそうで怖い、こういった印象を持たれている方もおられます。また、間違った手入れをして、革をダメにしてしまった方もいらっしゃいます。正しい知識を持つことで、革という素晴らしい天然の素材を存分に楽しんでもらいたいです。 「なぜメンテナンスが必要なのか?」革の手入れ方法は、ざっくり言うと2種類。耐久性を

        • ソファの適正なサイズは、部屋の容積のバランスも見て決める

          ソファのサイズって、どうやって決めてますか? 私がおすすめする選び方は3種類ありますが、意外と見落としなのが、部屋の容積に対するソファのボリューム感です。 ソファサイズ3つの選び方それらは、「座る人数で決める」「導線を考えて決める」「間取りから決める」です。 「座る人数で決める」これは何人でどの様に使うのか?という実用面を重視した考え方です。 一人がソファで座るのに必要な幅は、55~60cm程度です。ですので、三人並んで座れるには、座面の幅が165cm以上必要です。それに

          • 腰痛になりにくいソファとは、「いろんな姿勢で座れる」ソファ

            ・腰痛の原因は多様ぎっくり腰になったことがある人は、結構いらっしゃるのではないでしょうか?当店にも、腰が痛くなりにくいソファを探しに来られる方は多いです。 お医者さんに聞いてみたところ、腰痛と一口に言っても、実は85%は原因が分からないそうです。揉んで痛みが和らぐなら筋肉の痛みの場合が多く、脊髄や内臓の疾患やストレスでも腰痛になるとのことです。特に、頻繁に腰痛になる人や、慢性的に痛い方は、一度病院に行ってみることをお勧めします。 これらの原因の内、座る事によって筋肉や筋を痛め

            気に入ったソファを長く使えば、一年当たりは安いもの

            ソファは何年使うのか?よく、ソファは何年くらい使えますか?と聞かれます。私がこれまで見てきた中では、5〜6年で使えなくなる物もあれば、30年たっても普通に使っている物もありました。一般的には、10年くらいで買い替える方が多いのではないでしょうか。当社のソファでは、15年から20年くらい使っている方が多いように思います。 使えなくなるケースで1番多いのは、張り地が痛んで破れてしまった場合です。次に多いのは、クッションの変形による型崩れや座り心地の変化です。張り地が破れてしまった

            ソファ屋目線で、おすすめなソファの選び方は「座り心地」

            ソファの選び方は人それぞれです。ここでは、ソファメーカー(作り手)の視点から、お勧めな選び方を紹介します。 お客さまのお話を聞いていると、ソファ選びで迷うポイントは、様々ですが、作り手としては、とにかく「座り心地」で選ぶのがお薦めです。なぜかというと、同じソファを長年使っている人は「座り心地が好き」という方が多いからです。 -「見た目」で選ぶ?-探し始めて最初の選ぶポイントは「デザイン」ではないでしょうか?最近ではInstagramやPinterestなどの画像検索を使う