30万売上が上がる数値分析の方法

30万売上が上がる数値分析の方法

技術の安売りはしてはいけません。

とか言いつつ、

妻が買ってくれた缶酎ハイのロング缶2本で

喜んで施術する藤田です。(30分400円です)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

自費メニューで

回数券を販売している方



もしくは

サブスクを導入している方





様々いるかと思いますが





ここで大事なのが

「数値」を見て

問題を発見して

正しい対策を

していくことです。





私自身、昔は数字は苦手でした。

(でも珠算・暗算は2級ですw)



ま、それは置いといて・・・





しかし、苦手なんて

言ってられませんw





数字って実は面白いです。





例えば・・・



5万円の回数券と

8万円の回数券が

あったとします。





単発は5000円とします。





「今月は回数券まーまー売れてます」



これよく聞くワードですが、





蓋を開けてみると・・・





回数券販売率30%

単発率が70%





みたいなことが

起きていることがあります。





この場合のケースだと

例えば・・・





月に20人新規が来たとします。





回数券を買った人は6名





内訳として

5人は5万円の回数券

1人は8万円の回数券





合計33万です。





割合は5万の販売率83%

8万円の販売率16%





あー8万円の方が売れんな~

と思うかもしれません。





そして

単発の方が14人です。





単発は5千円なので

合計は7万ですよね。





売上は40万円です。





ここでの対策としては





そもそも

単発を減らすことですよね?

(もちろん新規数を上げることも超大事)





8万円の回数券を売るには…?





ではありませんよ!w





ここミスると

いつまでも売上は上がりません。



単純に・・・

回数券率と単発率が

3:7から

6:4になれば





5万円の回数券が9名で45万

8万円の回数券が3名で24万

(同じ割合の程です)





単発の方が8名で4万





合計73万円です。





33万アップです。







最後に単発の考え方ですが・・・





単発率が高いということは

・手技が超絶下手か

・対応がクソか

・説明が下手くそか

・患者教育が出来ていないか



がほとんどです。

一人治療院の方で

単発が多い方は

患者教育に課題がある

可能性があります。



そうなると患者さんは



「うーん…とりあえずまた来ます」



ってなるわけです。





数値を見て

正しい対策を

していきましょう。



長文ですが

ここまで読んで頂き

ありがとうございました。

お疲れ様でした!



少しでも確かに!と思ったら

仲の良い友達やお知り合い

何か困っている方がいましたら

治療院大学のグループに

招待して頂けたらとても嬉しいです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
治療院特化型のコンサルティング会社、スマイルスター株式会社代表取締役の藤田一城です。 治療院経営において、瞬間的な売上を上げるのではなく、10年、20年と継続的に利益を出し続ける考え方やノウハウ、ポイントを公開しています。