見出し画像

和紙の二つ折り財布、使用してみてどんな感じ? SIWA 二つ折り財布

こんにちは!SIWAの営業のヤーネスです。良いGWをお過ごしになられましたか?なんてったって不要不急の外出はご法度のGWでしたので見事に寝る食べる植物に水をやる、くらいしか私は活動していなかった気がします。

そんな中でコンビニくらいは行くのですが、めっきりお洒落なんかここ一ヶ月はしていないものでTシャツとズボン軽装で向かいます。

左ポケットには無印のくしゃっとしてもいいエコバッグ、右ポケットには、ここ半年くらい使っているSIWAの二つ折り財布です。

画像1

SIWAのいいところと言ったらやっぱり和紙ならではの“軽さ”。夏になってくるとよくわかるのですが、綿や麻、軽い着心地のズボンでもズボンポケットに入れていても重さでずれることもなく、コンパクトなので見た目もヨレなくていい。SIWAのお財布は 長財布 と 二つ折り財布 があるのですが、コンパクトに持ちたい!今までにない気軽な感じでお財布を持ちたい!という方にオススメです。

画像2

私の二つ折り財布、カラーはグレーで、半年ほぼ毎日持ち歩いています。この財布はゴムで留めることができるのですが、半年経ってもゴムが取れたり、よれたりはしていません。もちろん、力一杯引っ張ったり、鋭利な物でひっかけてしまったりすると傷つきますが、普通に使っている分には素材のナオロンの強度が驚くほど強く、たくましさを感じます。基本的にはポケットかバッグに入れていることが多いので私の二つ折り財布はいい感じにエイジングしてきました。少し毛羽立ってきて買った当初よりも見た目、触り心地ともに柔らかい風合いに。

画像3

開けてみるとこんな感じ。

画像4

SIWAの素材でもあるナオロンのソフトタイプを使用しているため、柔らかく、がぱっと力を入れずに開くことができます。お札のところは仕切りが付いているため、奥は紙幣、手前はレシート、など自分の支払いのスタイルで自由にアレンジできるのがいいです^^私は奥は紙幣で手前はレシート& SIWAのコインケーススナップ付きを入れています。

画像9

コインケーススナップ付き と  コインケース(ファスナー)  は二つ折り財布にぴったりと収まるんです。最近スマートマネーを活用されている人が多いと思いますが、私自身最近使い始めたばかりでまだ慣れず、ついつい小銭で払ってしまうので私はコインケースも収納しています。スマートマネーを使いこなす方だったらこのコインケースなしでカードと紙幣だけで使っていただいてもいいかもしれません。まさにスマートマネー時代にぴったり。

画像5

コインケース スナップ付き は開けると小銭が全て見えるので使いやすく、ペタッと畳めるのが気に入って使っています。二つ折り財布もカラーバリエーションがあるのでコインケースと合わせてカラーコーディネーションを楽しんでみるのもオススメ。

画像11

(現在のカラー展開は8色)

コインケース スナップ付き だと小銭を出す際に、二つ折り財布からコインケース自体を出さねばなりませんが、コインケース (ファスナー) だと二つ折り財布の上から小銭が取れるし中に仕切りもあって便利。

画像7

画像8

それぞれ良さがあるのでその時の気分で収納しているコインケースを変えています。手前に神社のおみくじについてたお守りなんかを入れても小銭と混ざらず、これはこれでいい感じです。

さて、少し脱線した気がしますが、二つ折り財布に戻ります。

画像9

カードポケットは6つ。結構ぴったり入るタイプのポケットです。厚めのカードだと6枚が限界なので、あまり登場機会がないカードたちは100円ショップで買ったのコンパクトカードケースを使い、別にして入れています。

画像10

最後に、SIWAならではの強い和紙のエイジングと風合い。私のお財布は半年間かけてやっとここまできました。グレーはもともとが淡い色合いなので、黒やダークブルーなどはもっとシワが濃く、はっきりと見えて、年々自分のシワが刻まれ柔らかい印象になっていきます。毎日持つものだからこそ、自分のこだわりと生活に寄り添ったもので。私もこの子をもうちょっと育ててみようと思います!

このページで掲載したSIWAアイテムの詳しい情報
「SIWA 二つ折り財布」価格 3,500円(税込3,850円)
「SIWA コインケーススナップ付き」価格 1,800円(税込1,980円)
「SIWA コインケース(ファスナー)  」価格 1,200円(税込1,320円)

この記事が少しでも参考になりましたら♡ボタン押していただけますと励みになります。SNSなどでのシェアもいただけましたら幸いです。








この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキにしてくれてありがとう!よろしければSNSのシェアのお願いします
10
千年続く和紙の産地、山梨県市川三郷町にある和紙メーカー大直と工業デザイナー深澤直人さんと一緒に作った毎日使える和紙製品ブランドSIWAの公式noteページです。 https://siwa.jp https://www.instagram.com/siwacollection/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。