しおにく

ゲームやアイドルや映画や特撮ヒーローといった趣味についてのブログを書いています!

しおにく

ゲームやアイドルや映画や特撮ヒーローといった趣味についてのブログを書いています!

マガジン

  • NFT百花繚乱

    話題になったりならなかったりしているNFTについて、見聞とともに記してまいります。

  • アイドルは永遠に、ぼくを照らしてくれよ

    「覚えとけよ、ファンとアイドルが上手くいった試しはねえんだ!」 アイドル小説家に照らされ、その影に生まれたものは…… 自分という現実と、アイドルという虚構の狭間で、ぼくはどこまで光を追い求めていくつもりなのだろう。 ※あらためて言うことでもないですが、小説であり、フィクションです。

  • 小説『ブロックチェーン・ゲーム』発刊記念特集

    小説『ブロックチェーン・ゲーム 平成最後のIT事件簿』(沢しおん・著/インプレスR&D・刊)の発刊を記念して、色々なことを綴っていきます。

  • しおにくの映画感想文

    映画の感想文をそこそこの長文で書いています。

ウィジェット

  • 商品画像

    NFTゲーム・ブロックチェーンゲームの法制

  • 商品画像

    ゲームの今 ゲーム業界を見通す18のキーワード

    徳岡 正肇
  • 商品画像

    ブロックチェーン・ゲーム 平成最後のIT事件簿 (NextPublishing)

    沢 しおん
  • 商品画像

    きみに恋の夢をみせたら起きるよ (NextPublishing)

    沢 しおん
  • 商品画像

    マイ・スマート・ホーム

    沢しおん
    • NFT百花繚乱

    • アイドルは永遠に、ぼくを照らしてくれよ

    • 小説『ブロックチェーン・ゲーム』発刊記念特集

    • しおにくの映画感想文

  • 商品画像

    NFTゲーム・ブロックチェーンゲームの法制

  • 商品画像

    ゲームの今 ゲーム業界を見通す18のキーワード

    徳岡 正肇
  • 商品画像

    ブロックチェーン・ゲーム 平成最後のIT事件簿 (NextPublishing)

    沢 しおん
  • 商品画像

    きみに恋の夢をみせたら起きるよ (NextPublishing)

    沢 しおん
  • 商品画像

    マイ・スマート・ホーム

    沢しおん

最近の記事

演技と殺陣と大魔神(『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』感想)

ガンダムはあまり詳しくない  ガンダムのイメージといえば「マニアが煩い」という感じで、これは本当に偏見で申し訳ないのだけれども、それだけシリーズの歴史が長く、映像も小説も漫画も本数が多く、SF的な史観や戦争と政治の関わり、モビルスーツなどの技術、キャラクター同士の関係……etc.こだわりを持てる箇所は様々なので、当然のことだろうと思う。  そんなこともあり、あらかじめディスクレームを書いておくと、ぼくはニワカなのでシリーズ作品をそれほど知らないことに起因する浅さみたいなも

スキ
6
    • 以前このアカウントで投稿していた「本日のリーディングリスト」を、新しいほうのアカウントで再開しました。以前フォローしていた方は、お手数ですが向こうのアカウントのほうをフォローお願いします。 https://note.com/sawasion2020/n/n9c99771d007d

      スキ
      2
      • 女神に忍び寄る病魔

        卒業とは「アイドルが、アイドルでいられなくなる」その境目である 特設サイトにて公開された『キボウの名』を読んで、驚いた。これは偶然という名の運命の悪戯に違いない。下記サイトで『小説「キボウの名 / 高山一実」を読む』をクリックして、読んでみてほしい。  1ページ目の1行目から、ファンは過大なほどのシーンを想起する。乃木坂46の冠番組『乃木坂って、どこ?』『乃木坂工事中』におけるシングル曲の選抜発表で、かずみんはどこのポジションになるのかを楽しみにするのが半分で、残り半分は「

        スキ
        1
        • 100万ワットが輝かない(『シン・ウルトラマン』感想)

          オタク語りをする前に  『シン・ウルトラマン』(以下、「シン・~」と表記)は、言わずと知れた空想特撮シリーズ作品『ウルトラマン』(以下、「原作」と表記)を現代によみがえらせた映画作品だ。けれど、よし『シン・~』の感想をブログに書くぞ! と考えたときに、何を軸にして書き進めるべきか、正直のところ迷ってしまっていた。  もうこれは悪癖と呼んでいいのだが、SNSウケを狙ってどこを擦ってやろうかという視点だけでなく、物語の構造の解き明かし、キャラづくりや役割の可視化、オマージュや

          スキ
          3
          有料
          100

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • NFT百花繚乱

          • 4本

          話題になったりならなかったりしているNFTについて、見聞とともに記してまいります。

        • アイドルは永遠に、ぼくを照らしてくれよ

          • 14本

          「覚えとけよ、ファンとアイドルが上手くいった試しはねえんだ!」 アイドル小説家に照らされ、その影に生まれたものは…… 自分という現実と、アイドルという虚構の狭間で、ぼくはどこまで光を追い求めていくつもりなのだろう。 ※あらためて言うことでもないですが、小説であり、フィクションです。

        • 小説『ブロックチェーン・ゲーム』発刊記念特集

          • 7本

          小説『ブロックチェーン・ゲーム 平成最後のIT事件簿』(沢しおん・著/インプレスR&D・刊)の発刊を記念して、色々なことを綴っていきます。

        • しおにくの映画感想文

          • 7本

          映画の感想文をそこそこの長文で書いています。

        • NFT百花繚乱

          • 4本

          話題になったりならなかったりしているNFTについて、見聞とともに記してまいります。

        • アイドルは永遠に、ぼくを照らしてくれよ

          • 14本

          「覚えとけよ、ファンとアイドルが上手くいった試しはねえんだ!」 アイドル小説家に照らされ、その影に生まれたものは…… 自分という現実と、アイドルという虚構の狭間で、ぼくはどこまで光を追い求めていくつもりなのだろう。 ※あらためて言うことでもないですが、小説であり、フィクションです。

        • 小説『ブロックチェーン・ゲーム』発刊記念特集

          • 7本

          小説『ブロックチェーン・ゲーム 平成最後のIT事件簿』(沢しおん・著/インプレスR&D・刊)の発刊を記念して、色々なことを綴っていきます。

        • しおにくの映画感想文

          • 7本

          映画の感想文をそこそこの長文で書いています。

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          • 固い記事を別アカウント(https://note.com/sawasion2020/)に移設し、こちらでは非表示にします。リンク切れ等になると思いますが、ご了承ください。 (いつまでたってもnoteがエクスポート機能を実装しないことに起因するものです)

            スキ
            3
            • カフェイン断ち1か月で驚いたこと

               数年前まではコーヒー、全然飲めなかったんですよね。その代わり、甘いものが好きで、飲み物といえば缶やペットボトルのロイヤルミルクティー。喫茶店に行ってもおおむねそれ。砂糖を一袋全部入れていました。  パフェ会と称し、仕事終わりに千疋屋や西村や高野に集まることもあったし、居酒屋の後にびっくりドンキーに行くとか、バケツみたいな容器に入ったパフェを食べるとか、ざらでした。  ところが、どういう過程・タイミングでそうなったのかはわからないのですが、急に味覚が変わって甘いものが全然

              スキ
              5
              • Astro Slide 5G Transformer レビュー

                 2020年の3月にクラウドファンディングで支援していたスライドキーボード一体型スマートフォン『Astro Slide 5G Transformer』が、2年の時を超えて手元に届いたのでレビューです。いきなり配送通知のメールが届いて、びっくりしたほどです。すっかり忘れていました……。何でINDIEGOGO(クラファンのサイト)からこの機種に関するメールニュースが送られてくるのか全然わかってなくて、買っていたからだったというね。  というわけで、Gemini PDA から約5

                スキ
                13
                • 潰えた「いつかの明日」(『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』感想)

                   この記事は、映画『仮面ライダーOOO(オーズ)10th 復活のコアメダル』(以下、『復活のコアメダル』)の感想で、ネタバレがあります。  論調としては「何をもってしても完結させるという前提であれば美しい終末であったが、本編シリーズに通底していたテーマを踏みにじってまで完結させなければならなかったのだろうか」という見地で書いています。 10周年と賛否と完結編  ぼくはこの『復活のコアメダル』を、封切り翌日とさらにその一週間後の2回観た。『大怪獣のあとしまつ』のときは、噂

                  スキ
                  10
                  • ASUS Chromebook Flip CM3(MT8192版)雑感

                    快適なクラムシェル型  以前、の記事で「ASUS Chromebook Detachable CM3(以下、デタッチャブル)」を愛用していることを書いたのですが、昨年末ごろに「同 Flip CM3(以下、フリップ)」のCPUが従来の「MT8183」から「MT8192(Kompanio 820)」にアップグレードされたというのを知り、早速導入してみました。  ちなみに、前回の記事は下記。Windowsマシンを使っている人や、まだChrome OS の特徴などがわからないとい

                    スキ
                    6
                    • 女神を笑顔にする天才(後編)

                      真夏の全国ツアー2021 FINAL 東京ドーム2日目 ライブレポこの世界がループしたとしても  樋口日奈、伊藤理々杏、山下美月の影アナで開演した2日目。ぼくは東京ドームに、その場にいないことを後悔した。どの瞬間を切り取っても、最初で最後の光景になるからだ。  ムービーが流れ、そして再び黄金の輝きをバックに女神たちが現れる。一曲目『ごめんね Fingers Crossed』、出だしの「♪ごめ、んね」で一瞬の間があき、遠藤さくらの目が光を宿し会場を貫く。「♪Fingers

                      スキ
                      3
                      • 女神を笑顔にする天才(前編)

                        秋風に吹かれて 2021年11月23日。これから2日間にわたって開催される『乃木坂46 真夏の全国ツアー2021 FINAL 東京ドーム』。開催地の東京ドームのある水道橋にぼくはいた。 ……といってもチケットは手に入っていない。当日の駅で限定販売されているタブロイド紙の号外「高山一実卒業記念号」を購うためだ。売店の前で小銭と引き換えに2部、袋に入れてもらい、そのままドーム周辺を散策する。まだ夜の開演まで時間があるのに、すでにたくさんの人で溢れていた。名物の「のぼり」も、以前

                        スキ
                        1
                        • 大怪作のあとしまつ

                          映画自体が緊急事態!? コロナ禍です。『大怪獣のあとしまつ』が命懸けで観に行く映画かと言われれば、けっしてそうではありません。「大怪獣とオミクロン 戦ったらどっちが強いの?」と無垢で残酷な子供に言われたら、金銀マスクならぬ般若面の形相で「黙って家に籠もってろ」と頭を撫でます。正直に言葉で答えてよいのなら、映画の内容がもはや緊急事態宣言だと言ってしまいかねないからです。  封切り初日の午後。ぼくだけの狭い世界、Twitterタイムラインで、この『大怪獣のあとしまつ』に関しての

                          スキ
                          100
                          • スパイダーマンも20年かけて成仏していく…

                            最大級の成仏映画 このところ積年のクソデカ感情を「赦される」あるいは「成仏」させられる映画が多い。『仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FOREVER』しかり『シン・エヴァンゲリオン劇場版』しかり『マトリックス レザレクションズ』しかり。  これらは、20年なりのいくつかの(いくつもの)シリーズ作品を総括するとともに、その根底に流れる主題とその制作にまつわる波瀾万丈さに呼応した(平たく言えば「付き合って」きた)ファンを包み、全肯定してくれる作品たちだ。愛していてよかったと

                            スキ
                            9
                            • 女神はさようならなんて言わない

                              新しい気持ち、新しい一歩  首の皮一枚というのはこのことだ。  ぼくはシングル曲『君に叱られた』のAmazon特典でついてきたデカジャケット(シングルレコードサイズにカットされたジャケ写)を額に入れて飾りながら、そう思った。  本来なら9月末で卒業するはずのかずみんは、歌番組などの収録は無くなってしまい、放映される歌は生田絵梨花の卒業ソング『最後のTight Hug』にスライドした。かずみん卒業後に『君に叱られた』の裏センター位置は誰が務めるのだろうと思っていたら、その

                              スキ
                              4
                              • 「NFTは規制される」を言いたくなる胡散臭さとそうではない未来

                                規制に関する思い出話 10年前の事件なのですが、ソシャゲのアイテム課金(ガチャ)に規制が入るというまことしやかな話がバズったことがありました。  結局、この流れでは何か規制が入ったことは無かったわけです。パッケージ販売が主流だったメーカー側からのポジショントークであった、ということで本件は落ち着きました。  けれど当時の流行は、モバマス、ドラコレ、怪盗ロワイヤル。覚えてますか? そしてドリランドでDUPEされたカードデータが「ヤフオク!」に溢れます。 「それはただの絵だ

                                スキ
                                15
                                • 女神の色、彼女の色

                                  <前回までのあらすじ>  アイドル小説家に道を照らされ、本当に作家となってしまったぼく。アイドルと同じ地平を眺めたい一心で、陰鬱とした時代を乗り越えようともがいているうちに、推しの「かずみん」がグループからの卒業を発表してしまう……。 ※一連の記事は下記マガジンに束ねています。https://note.com/sionic4029/m/mae74d1eb6131 ※記事中のリンクにつきまして、メンバーのブログは卒業後に数週で非表示処理される慣習のため、本記事を読んでいるタ

                                  スキ
                                  3