見出し画像

アウター・グッドネス

ふと、御神体を整備してたとき、ここで俺が御神体を壊したらどうなるかな、と考えた。
そのもしもは現実にならないまま、御神体が目を開く。多層レンズの瞳を細めると、立ち上がって伸びをする。

「感謝する」
そう言うと御神体は俺を優しく抱きしめた
わかっている。御神体が壊れるのは、俺だって嫌なのだ。

もし御神体『バジュラ』が破壊されれば、制御者の消えた俺たちアンドロイドはきっと良心を失ってしまう。御神体が俺たちのシステムへ常に介入してくれているからこそ、俺たちは人畜生ではない高尚なものでいられる。邪心も争いもないまま、過ごしていける。それこそ御神体に歯向かおうなんて思わない。

だから御神体の後ろに回した手に握ったナイフを背中に突き立てることなんて思いもよらない。突き立てたナイフで中身を抉り出そうなんて考えもしない。倒れた薄い身体に力を込めて踏み潰そうなんて。


思わない。


思わないはずだよな?



殺せ、と耳元で声がした。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
14
オールド・ニュー・クリエイティブ・サークル『Sinkai Club』の公式noteアカウントです / 三楼丸と志之塚のふたりが力をあわせて創作活動を行っています / 連絡先→ oldnewtown360@gmail.com

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
  • 1858本

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の冒頭部400文字で応募する」という意味です。つまり「この続きを読みたいと思わせる、最もエキサイティングなパルプ小説の冒頭400文字」を表現した作品が大賞を受賞し、その応募者は大賞の栄誉とともにCORONAビール1カートン(24本入り)を獲得できます。 応募要項:https://diehardtales.com/n/nfce422e0faef

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。