【技術士第二次試験】受験者用のコミュニティを作ろう!!
見出し画像

【技術士第二次試験】受験者用のコミュニティを作ろう!!

しぶちょー

どーも、しぶちょーです。

私は機械メーカーで新商品開発を行っている機械設計者です。その傍ら、技術ブログやTwitterなどで技術情報の発信なども行っています。

Blog:

Twitter:sibucho_labo

私は今年、技術士第二次試験を受験予定です。現在コツコツと勉強に励んでいる真っ最中ですが、その時ふっと思いました。

「これ勉強より、モチベーション管理が難しい・・・」


噂には聞いていたのですが、技術士二次試験の勉強はモチベーションを保つのが非常に難しいんですよね。セミナーに参加した直後は、「しゃー、やるぞ!」ってなっていても、徐々にその熱は発散していき、やらなきゃやばいという不安とこの勉強法で良いのか?という不安が津波の様に押し寄せてきます。

おそらく同じ悩みを抱える受験者は多いだろうと思い、Slackで受験者用のコミュニティを立ち上げることにしました。

今、私は一緒にセミナーに参加した仲間とLineグループを作ってやり取りしているのですが、今はそれが一つモチベーションを保つキッカケとなっているんですよね。仲間がいるってのは、非常に心強いし、お互い刺激になるはずです。是非、受験者の方はご参加ください。

TwitterDM、もしくは下記のアドレスに連絡いただければ、招待リンクを送ります。

Twitter:sibucho_labo
E-mail:sibucho.laboratory@gmail.com

コミュニティの詳細は下記に記載しましたので、ご一読の上ご判断ください^^

コミュニティの目的

モチベーションの維持

冒頭でも書いたように、本コミュニティは受験者同士が交流して技術士第二次試験に向けた勉強のモチベーションを保つことを主目的としています。同じ志を持った者同士が集まり、切磋琢磨することで、モチベーションを切らさずに勉学に励めます。

情報共有

技術士第二次試験にはいくつもの勉強法があります。勉強法に関しては正解・不正解はなく、自分にあったやり方を探すしかありませんが、今一つ情報がまとまっておらず何が自分に合っているかもわかりません。受験者同士が持っている情報を共有できれば、勉強の効率化にも繋がります。

仲間づくり

技術士を目指すという高い志を持った仲間を作れるのは、この試験の最大のメリットだと思っています。単なる技術士第二次試験の受験者という括りではなく、今後の日本のものづくりを担う技術者としての仲間づくりの場として、このコミュニティを活用していきましょう。合格をゴールとせず、その先を見据えた仲間づくりが大切だと日々感じます。何なら試験は単なるキッカケでも構わないとさえ思っています。プライベートの時間を削って、難関試験に挑もうとしているというだけで、我々は既に上位数%の素晴らしい技術者です。

コミュニティのイメージ

基本的にはSlackでの情報交換や交流がメインの活動となります。ROM専の参加もOKですが、可能な限り活発に交流しましょう。現時点では、下記のようなチャンネルを用意してます。(運営を続けるに従い、変わっていくとは思います。)


コミュニティの参加条件

参加資格

・技術士第二次試験受験者
・技術士第二次試験合格者
・技術士 (大歓迎)

※私は機械部門で受験しますが、部門は問わず参加可能です。
※本気で技術士を目指している人なら誰でも参加可能です。
 (第一次試験受験者も参加できます。)

ルールや心構え

・本気で合格を目指す
・勉強報告を毎日投稿する (強制ではありません)
・他人の誹謗中傷はしない
・匿名、偽名での参加可能
・技術士試験と関係のない営業活動や勧誘は禁止

※ コミュニティ内で発生したトラブルの責任は負いません。なるべく解決には努めますが、手に負えなければコミュごとバルスします。

参加方法

Slackのワークスペースでの交流がメインです。TwitterDM、もしくは下記のアドレスに連絡いただければ、招待リンクを送ります。

Twitter:sibucho_labo
E-mail:sibucho.laboratory@gmail.com

最後に

合格を本気で目指すのはもちろんですが、そこだけに囚われずこの試験への挑戦を色々な形で財産にできればと思います。勉強で得る技術的知識や社会課題への理解も財産の一つですし、受験者同士の交流や仲間づくりも財産の一つだと思います。是非とも、ご参加ください!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アリガトウゴザイマス!!
しぶちょー
工作機械メーカーで、開発設計に従事しています。その傍ら、ブログ:しぶちょー技術研究所(https://sibucho-laboratory.com/)を運営してます。Noteでは、こぼれ話や読書アウトプットを中心にざっくばらんに記事を書いていく予定です!