菊池俊平

小説家です。文章を書くのが生き甲斐です。noteでは気ままにエッセイを書いています。LINEノベルにて新作小説『魚座の誤算』を公開中!現在は新作小説『五つ葉のクローバー』を「小説家になろう」で連載しています。
固定された記事

彼女と47都道府県を巡る旅を始めた

遠くへ行きたいとずっと思っていた。ここではない、どこか「遠く」へ。それは日本のどこかにあるのかもしれないし、地球の果てにまで行かないとないのかもしれない。とにか…

結婚制度なんてこの世界から消えればいい

以前、僕は「君と結婚することで、僕は生きる意味を失う」というエッセイを投稿したことがある。そのnoteは、村上春樹の小説から引用をして文章が始まっている。 「男が一…

コーリングを探し求めて

今回は仕事の話をする。「仕事」とはなんと不思議なものだろうか。 僕たち人間は、基本的には仕事をしなければ生活することができない。仕事をしなければ、生きていくため…

恋と愛の違い

結婚してよかったことは、恋愛に振り回されなくてよくなったことだ。 結婚してよくなかったことは、誰かと恋に落ちる喜びを味わえなくなったことだ。 ・・・ 僕の人生に…

2020年の抱負みたいなもの

年が明けた。 妻と結婚してからというものの、年越しはいつも海外で過ごしていた。今回もその予定だったけれど、今回は二人ともしっくりくる居場所を見つけられず、最終的…

青い風に吹かれながら、色について思うこと

色に関して言うなら、僕は「青」が好きだ。青は海の色であり、よく晴れた日の空の色でもある。青から派生して考えると、ちょっと色が深くなったネイビーも、大人になってか…