見出し画像

時間と幸福のマネジメント

時間が足りない。休日が3日あったら・・・。

 こんな風に考えることが、よくある。

 週5で働いて、家族や友人と過ごして、家事をして、趣味や勉強に時間を割いて・・・と、僕たちの毎日は "やりたい事" と "やらなくちゃいけない事" で溢れている。

 いま26歳の僕が60歳までに、仕事以外で自由に使える時間はだいたい50000時間位しか残っていない。(平日2時間+土日10時間×34年)

 この残り時間をどう捉えるかは人によると思うけど、今も過ぎていっている1時間が 1/50000 だとすると個人的には少ないなと感じる。しかも、歳をとるにつれてこの時間は加速度的に減っていくんじゃないだろうか。

 「そんな限られた時間を有効活用するには、どうするのが良いんだろう?」といったことを考えていたところ、面白い雑誌を見つけたので読んでみた。

 一部内容を抜粋すると、

① 時間は瞬く間に過ぎ去り、いとも容易く無駄遣いができて失われやすいのに、お金と比べて遥かに注目度が低い。

②「時間に追われている」と感じる人は幸福感に乏しく、不安、憂鬱感、ストレスが強い。楽しいと感じたり、笑ったりすることが減り、仕事の生産性も下がる。時間に追われるストレスが幸福感に及ぼす悪影響は、失業以上に大きい。

③ 最も幸せなのは時間をお金で買っている人々なのに、多くの人はお金を稼ぐために時間を費やしている (経済的な豊かさと時間のゆとりは逆相関するのに、大多数の人は稼ぎを増やそうと努力する)

④ 雑務を外注するサービスを40ドルの出費で利用するだけで大きく幸福感が増すのに、多くの人はこの種のサービスは特権階級が利用するものだと考え、自分が使うことに罪悪感を持ち、利用する際も他人に知られたくないと考える。

⑤ 時間をお金で買おうとする意思のある人は、充実した人間関係・満足度の高いキャリア・人生の喜びを手に入れる。

といったグサグサ刺さることが書かれていた。

===

 たしかに、今の日本でもお金を使って時間を買うという考え方は主流ではない気がする。むしろ、ちょっとした金額を節約するために時間を費やす方が多いんじゃないだろうか。また、お金を払って自分の雑務を代行してもらう事もなんとなくネガティブなイメージ。

 とはいえ、限られた時間を有効活用して幸せになるために、人目を惜しまず出来ることは積極的にやっていきたい。そこで、公然の内容も多いけど出来そうなことをリストアップしてみた。

1. 掃除

数ある掃除の代行サービスの中で、唯一使った事があるのが Casy 。

月1で依頼したとしても 4-5000円で大掃除の負担から開放されるのは大きいし、なかなかにクオリティが高かった。ルンバでもいようものなら掃除コストは大幅に下る。(招待コード: olpNS)

2. 洗濯

先日お見かけしたこちらの note で知ったのだが、洗濯の代行サービスも存在しているらしい。

8000円/月4回で洗濯から解放されるのは革命的だ。

3. 料理

料理は好きだけど、材料を買うのがめんどうな人

料理が好きじゃ無いから、誰かに作って欲しい人

焼きたてのパンを毎朝食べたい人向けなど、多様なニーズに合わせたサービスが存在している。

4. お店選び

気が付いたら tabelog で1時間くらいお店を探していることがある。コンシェルジュに依頼すれば、その時間とはおさらばできるかもしれない。

5. 洋服

洋服の定期便。ZOZO 定期便はクローズしてしまったけど、季節ごとに店舗やECサイトで頭を悩ませたり、というのをなくす方法もあるようだ。

6. 通勤時間

ちょっと軸は変わるけど、会社の遠くに住んでる人は近くに引っ越すべきである。(ブーメラン) 通勤に片道1時間をかけると、だいたい月40時間くらいを使っていることになる。もちろん、本を読んだりすることも出来るが、その時間を自由に使えれば使い道はもっと広がるはず。

あの堀江さんも、こんな事を言っている

僕は「通勤に往復2時間かかる場合、給料が20%低くなるのと一緒」と考えている。(中略) 金を出せばすべてのストレスが解決できるわけではないが、金で解決できるようなレベルのストレスは、すすんで解決していこう。そうしなければ、いつまでもストレスが身にまとわりついて、自由な行動の妨げになる。別のストレスを呼びこむ誘因にもなるはずだ。

自由に使える時間も増え、ストレスも減る。良いことづくめだ。

===

 と、少し調べただけでもお金で時間を有効活用出来る手段がたくさん見つかった。また、今後もこういったサービスは増えていくだろう。

 もちろん、自分でやることやプロセスを楽しみたい人が、必ずしもお金を払って他人の協力を得る必要は無い。ただ、今の日本では自分のタスクをアウトソースして時間を生み出したり、お金で物事を解決することがあまり良しとされてない、そもそも選択肢にない。といった傾向にある気がする。

 でも、お金で時間を買うことで幸せになれる機会が生まれるのであれば、もっと積極的に使ってみてはいいのではないだろうか?

 たくさん働いて給料を増やしてお金を稼ぐことも重要だけど、自分の人生を豊かなものにするために、如何に時間を生み出していくのか。たまにはそんな風に考えることも、大切だと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

59
LINE株式会社で広告プロダクトのPMやマネージャーなどをしています。 1992年生まれの🇯🇵🇬🇧🇦🇺育ち。 https://twitter.com/Sudo_Sho

コメント2件

激しく共感です。代行サービスは知らないものもあったのでとても参考になりました✨
コメントありがとうございます :)
今後も代行サービスが増えてより選択肢が増えていくと良いですね...!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。