見出し画像

みんなのための空間ってなんだろう。

公共性はそこに集う人々の意識によって形成される。
じゃあ公共性を高めるために場の管理者が寄与できることってなんだろう

このあいだ職場の映画館で起きた出来事で、うーんと考え込んだ。

この日はずーっとこのことについて考えたし、
スタッフとも意見交換したけど
結局、これだ!という答えは出なかった。

映画館スタッフとして出来ること

じゃあ障がい者の方や小さい子どもは映画館には来てはいけない、もしくはクレームがあれば強制退出させられるべきなのだろうか。

僕はどんな人でも映画館で映画鑑賞を楽しむ権利があると考えているし、誰かにとって「周りのお客様の迷惑になることを考慮して行きづらい場所」という認識があるのなら、それを変えたい。

今回のことを踏まえて「迷惑になるかもと感じているお客様」と「その他のお客様」の双方にネガティブ要因を埋める提案が必要だと感じた。

1|「その他のお客様」への提案
まず「その他のお客様」の映画鑑賞体験をなんらかの問題で著しく阻害してしまった場合、鑑賞料金の全額返金、もしくはご招待券の進呈が可能であることを劇場ウェブサイトや館内に掲載・掲示し、誰もが知れる状態にする。

これにより「ごねた人だけが得をする状態」をなくし、誰もがこの選択肢を選ぶことができる。

よくある【ご満足いただけない場合は全額返金します】制度だ。

2|「映画館に行きづらいと感じているお客様」への提案
毎月1回でもいいから定休日である水曜日などに【そういったお客様と付き添いの方だけ、もしくはそういうお客様優先の上映】を実施すること。

例をあげるなら【障がい者限定上映会】【小さいお子様連れ限定上映会】など、いわゆるバリアフリー上映に近いもの。

とはいえそれって差別じゃね?

どちらか片方だけを救済するような措置だと、もう片方を切り捨てることになりかねない。双方にもっと良い提案ができるはずだし、豊岡劇場はそういう場でありたいと感じた。

とはいえこれって「同時間・同空間に多種多様な人たちが混在すると、干渉するから隔離しようぜ」ってことじゃん。

そんな方法にしか行き着かない自分にうんざりするし、結局はその他のお客様が大多数だからそっちのニーズを優先しようぜって結局差別じゃね?

誰もが映画文化に触れられる場所=映画館?≠公共の場?

映画館は「誰もが映画文化に触れられる場所」であってほしいなー。

過去の失敗からも、日々そう思いながら映画館運営に携わっている。

今回の出来事があってから、公共性はそこに集う人々の意識によって形成されるという側面を改めて認識した。仮に今回のような状況を他のお客様が許容するなら、それでも良いのかもしれない。

管理者として望むのは全てのお客様が快適に映画体験できること。

何を迷惑と感じるかの基準はお客様のなかにあって、運営側がコントロールできるものではない。だからといって劇場側がその基準設定を放棄してしまってもよいのだろうか。

これを解決するには「映画体験とはなんなのか」をもっと突き詰める必要があるし、劇場としてのスタンスをある程度定めないといけない。時には苦渋の決断を迫られる時もある。

公共性を高めるために場の管理者が寄与できることってなんだろう


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 家族に美味しいものをご馳走しようと思います。

どの部分に共感したのかコメントもぜひ!
18
地方映画館運営スタッフ / 個人事業主 大学中退👉ニート👉音楽イベントをゼロから立上げ👉一度閉館した映画館新生PJT参加👉赤字映画館の企画・運営スタッフ就任 / 映画🎬知識ゼロで収益ベースに乗せるトライ実践中💪 http://toyogeki.jp/
コメント (4)
日本は静かに映画を観る文化が根付いてますからねー🙁もっと大いに笑ったりリアクションしたりしてもいいと思うんですよねー障害を持っている方が発する声とはちょっと違うけど静寂で観る必要は無いのでは🤔バックパッカーが相部屋のドミトリーに泊まって、イビキがうるさくて眠れなかったので宿泊費を返金してくださいってゲストハウスに求める人ってほとんどいないですよね。その場合は、そーゆーのも織り込み済みで宿泊してるからなんですけど映画館も返金ではなく織り込み済みになればいいですよねー😊僕は経営側じゃないので勝手な意見だけど静寂の中で観たければ大手シネコンに行けばいいと思ってしまう😑
全くその通りで、いろんな「当たり前」を疑っていくことから新しいサービスのあり方が生まれるんだろうなーと考えています。経営することと公共性を高めることが必ずしも一致しないんですよねー。今のところ優先順位としては、経営の継続性を確立する方が優先すべきところなので、そっちが確固たるものになっちゃえば次は前提や映画鑑賞に対する意識を徐々に変える動きができるのかなーと、ぼんやり考えてます。まだまだ頭の中にある殻を破りきれずにいる自分がいるので、そういうところをカチ割る概念をアフロ先生にまたアドバイスお願いしたいです🙇‍♂️!
難しい問題ですね…
映画館で映画を観る良さって、その場の雰囲気や、色々な人と一緒に観る面白さみたいな面も私にはあると思います。
そういう意識がもっと広がっていけばいいのに、とも思うし、アフロ研究家さんも仰っているように、作品の料金だけでなく、自分以外のその他大勢の人と作品を楽しむこと全部含めて料金に織り込まれているという考え方が浸透すればいいのになぁと思います。
Easyさん
究極はひとりにひとつ専属の映画館があることだと思うんですよね。それってどういうことかって言うと、一人一人、映画の楽しみ方が十人十色あるってことだと思うんです。

「映画館は自分だけの楽しみを追求する場所ではなくって、他の誰かと映画鑑賞を共有する場所なんだ」って感じています。

だからこその難しさなんですけど、もし「他の誰か」が誰なのかわかってたら、ちょっと違ってくるのかもと考えてて、それがまさに2つ目の提案なんです。そんなことを考えつつも人をカテゴライズしてしまうことへの抵抗があったりとか、まだもう少し深掘りする必要がありそう。

でもとりあえずできることから始めてみようと思ってます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。