知ろう小児医療メルマガ掲載記事

知ろう小児医療守ろう子ども達の会では、医師等の医療従事者、そして当会代表やメンバーが、医療が身近になるように、そして確かな情報を届けてきました。当団体は、厚生労働省の上手な医療のかかり方を広めるための事業に取り組みをお繋ぎし、2020年4月末日で解散しました。

【最後のご挨拶】

これまで、たくさんの医療者、とりわけ小児科の先生にご協力をいただきながら、「医療のかかり方」を伝える活動をしてきました。医療資源には限りがあるからこそ、大切に使…

皆様から寄せられたメッセージ

解散に伴い会員、協力医、行政の方々、がメッセージを寄せてくださいました。素敵なメッセージの数々を、ありがとうございます。 いただいた順に掲載いたします。(敬称略…

メディア掲載〜医療のかかり方及び解散関連記事〜

1.週刊保健衛生ニュース 令和2年4月20日発行第2056号 医療のかかり方のつたえ方「当たり前のことを伝えて」 2.チャイルドヘルス2020年vol.23 4月1日発行 国の「上…

最終号〜これまでのこと、これからのこと、何を伝えてきた活動なのか〜

最終号 ~これまでのこと、これからのこと 何を伝えてきた活動なのか~ 一般社団法人 知ろう小児医療守ろう子ども達の会代表 阿真京子 会の実績については、理事が「…

これまでの歩み

<これまでの歩み> 2007年(平成19年) 会の立ち上げ 国や都に子どもの医療について学ぶ機会を作ることを提案するものの、けんもほろろ。まずは自分たちで実践すること…

会の解散に寄せて

3月号 (1)親が知っておきたいこと 4月号 (2)当会のこれまでそしてこれからのこと 知ろう小児医療守ろう子ども達の会 代表 阿真京子 (1)親が知っておきたいこと…