見出し画像

【いわきFC】1次ラウンド最終戦FC TIAMO枚方に勝利し決勝ラウンド進出!

先週8日(金)から10日(日)まで、秋田県にかほ市で開催された地域チャンピオンズリーグ2019 1次ラウンド。最終戦「FC TIAMO枚方」に勝利しJヴィレッジで行われる決勝ラウンド進出を決めました。

最高の3日間でした。歴史的な試合を3日間毎日、現地で観ることができて、本当に幸せで贅沢な時間でした。

10日(日)の夜遅く到着、すぐに寝てしまい、また、昨日は週の始まりということで、なにかといろいろやることがあり、書くのが今日になってしまった。

1次ラウンドを1位突破するには「勝つ」しかない、という状況になった3試合目。チームの気合が私達がありスタンドまで伝わる。いわき市や各地から駆け付けて多くのサポーターの応援。会場は良い雰囲気だったなぁ。

Twitter上では、会場に足を運んでいる人だけではなく、ネットで観戦している方々、いわきFCパークでパブリックビューイングで観戦している方々のツイートがされていて、ここでも一体感を感じることができた。昔では考えられない環境だなぁ。

前半、赤星選手が待望の得点。しかも続けて2点ゲット!ゴールして、選手達がベンチに向かう、ベンチから選手やスタッフが飛び出していく、サポータ席にガッツポーズをする、現地であの空間を共有できたのは贅沢だった。そして、これこそが、「現場」という魅力だとも思った。

前半、平岡選手が3点目。3-0で折り返し。3点差というのは、当たり前のことだが、2点差より1点多い。前半を2点差で折り返すという怖さからは見ている私としては少し開放されていた。

しかし、FC TIAMO枚方さんが後半最初にコーナーキックから1点返す。3-1と、怖い2点差。1点返されたら1点差という状態になったが、すぐに平岡選手が4点目の追加点。この1点は大きかった。2点差になってすぐに3点差に戻したというのは大きかった。

前線にボールを送るFC TIAMO枚方さんの前に出てくるなかでPKを取られるが、これは前にボールを送る押し込むという枚方さんの意識から生まれたものだなぁと感じた。

ファールになったのは、お互い身体をはってのことなので、どちらに転んでも仕方ないような状態で不運なこともあったけど、あの場所にボールが入ったということが理由であるというのも考えておきたい。

走り続ける、倒れない、というプレイを3日目の3試合目でも最後まで見せてくれました。感動しながら見ていました。試合終了のホイッスルで、決勝ラウンド進出決定!フィールド内、ベンチ、スタンド、から歓声!実際には聞いていないけど、間違いなく、FCパークで同時に観戦している方々、どこかでネットで観戦している方々、が同時に歓声を上げている!と。

 

決勝ラウンドは、Jヴィレッジで20日(水)から開催されます。20日(水)、22日(金)、24日(日)、各1試合あります。4チーム総当たり戦で上位2チームがJFL昇格となります。ぜひ、会場へ!今回もネットで生中継されます。

 

3日間、毎日、仁賀保駅を利用しました。電車から降りて、会場に向かう人で駅が賑わいました。駅の待合室で、初めてお会いする市原のサポーターの方々とお話するキッカケを与えてくれました。乗る電車も一緒、降りる駅も一緒、泊まる宿も一緒だったという。

仁賀保駅さん、お世話になりました。

画像1

仁賀保駅から乗った電車。車内から、こんなにキレイな日本海を見ることができました。これも、遠くまで試合を観戦に行くことで、見ること感じることができることだと思っています。地域スポーツの素晴らしさ、ここにありです!

画像2

 

いわきFC、今シーズン最後の3試合です。楽しみましょう!

 

斎藤慎也
Twitter : https://twitter.com/shinnemonsan 
Instagram : https://www.instagram.com/shinnemonsan/ 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます!

ありがとうございます!
1
福島県伊達郡桑折町在住。ITコンサルタント。福島東高校サッカー部OB。いわきFCを応援しています。Twitter : https://twitter.com/shinnemonsan

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。