見出し画像

noteでみつけたレシピを作ってみた #7 -苺トースト-

やまもとしなこ

今回は、春らしく「苺トースト」を作ってみました!

こちらの記事にあったイラストを見て、苺のかわいらしさに思わずキュン。春を感じたい欲が急上昇し、作ろうと即決しました。

ちなみに元のレシピはこちらとのことで、読みながらお買い物へ。


材料はこちら。せっかくなら贅沢しようと、ちょっとこだわって選んでみた。
いつもならパンはパン屋で買いたい派ですが、苺を感じたかったので、シンプルで優しいお味の「超熟 国産小麦」にしました。トーストすると小麦のいい香りがして、さくっと香ばしく、でも中はしっとり、という絶妙なバランスの持ち主。スーパーで買えるパンのなかでは一番のお気に入りです。
バターもややあっさりめで最近お気に入りのよつ葉バター。
苺は小さい方が食べやすそうだったので小ぶりなものを。スーパーの棚で一番真っ赤なやつを厳選しました笑

なんかもうこれだけで美味しそう


苺を適当にカットしたら、パンを焼きます。
最近手に入れたアラジンのトースターでさっくり&もっちり!

焦げないように見守る

焼けたらバターを塗って(そういえばバターはありでもなしでも良いと書いてあったけど、全力で楽しむために塗った)、苺を敷き詰めて、未開封だった新鮮なオリーブオイルをかけて、粉砂糖をふって、完成〜!!


なんてかわいらしいこの春爛漫!!

粉砂糖を均等にふるのはムズカシイ

最初の一口目から贅沢すぎて、「ムフフ」と声がもれました。
めっちゃ美味しいー!!!もう全材料がいい仕事してます。
特に粉砂糖が、苺の甘さを引き立ててくれているようで、人生で初めて"追い粉砂糖”しました。

あまおうとか大きい苺はそのまま食べたいけど、小ぶりな苺はこうすると苺食べてる!感が出ていいな、と大発見。

とはいえトーストと苺でしょ・・・?と侮るなかれ。食べ始めたらもう止まりません。
これはパン好きにも苺好きにも、全力でおすすめしたい。



苺が傷まないうちに(というよりまた食べたかったから)翌日も作りました。

最初から粉砂糖を多めにしたはいいが、右に寄ってる

いやー、2回目でもめちゃうま。変わらず感動。
トースターはさくっと、苺はじゅわっと。このコラボレーションがたまりません。ほんと、フルーツって幸せになれますね…


目の前に満開の桜が見えたんじゃないかくらい、春を存分に感じられました。
苺が売っている間にまた作るぞ・・!


この記事が参加している募集

つくってみた

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!