見出し画像

なぜ、女子サッカー選手は「"女子"サッカーの魅力」を考えなければいけないのか。


「女子サッカーの魅力ってなんだと思いますか」


今まで死ぬほど聞かれてきたこの質問。聞かれるたびに、うまく答えられずに困ってしまう自分がいた。

「ひたむきな姿ですかね」
「まっすぐに頑張ろうとする姿勢だと思う」
「男子よりも繊細で気が効くプレーかな」

「女子サッカーの魅力ってなんですか」の質問に対して、よくこんな回答を耳にしてきた。どれも間違っていないと思う。むしろ、正しい。けど、他の選手や指導者、ファンがそう答えるたびに、それは本当に"女子サッカーの魅力"なのだろうかという想いがどうしても拭えなかった。

だから、いつも散々悩んだ挙句、「正直、探している最中です。女子サッカー選手でありながら、女子サッカーの魅力ってなんだろうと困っています。」馬鹿正直にそう答えていた。

そうやって、いつも女子サッカーの魅力をうまく答えられない自分がすごく嫌で。だから、その理由を考えてみた。

「なぜ、自分は女子サッカーの魅力を見つけることができないのか」

・・・

「男子よりもパワーやスピードがどうしても劣ってしまう女子サッカーですが…」


女子サッカーの魅力を聞かれる時、必ずこんな前提が紛れ込んでいると感じているのは私だけではないはずだ。

間違いなく、女子サッカー選手よりも男子サッカー選手はパワーもスピードもある。私たちのカテゴリーだって、男子中学生や高校生と試合をすればスピードでやられてしまうことはよくある話。

「男子よりもパワーやスピードがどうしても劣ってしまう」という事実は、実体験を持って感じてきたし、実際にサッカー好きの方やメディアから直接言われることだって少なくない。だから、頭の中にはなんとなく「私たちは男子よりも身体能力で劣っている」という概念がついて回っていて。

「女子サッカーの魅力ってなんだと思いますか」

そう聞かれるたびに、私たちは無意識に男子との比較をしている/させられているのではないか。そして、答えるのである。

男子よりもパワーやスピードがどうしても劣ってしまう女子サッカーですが、それに代わる魅力は○○です。」と。

・・・

「サッカーの魅力ってなんだと思いますか」


男子サッカー選手に対してサッカーの魅力を問うのであれば、こんな質問の仕方になるのではないかと思う。(これは私の仮定なので、もし違ければ全力で教えて欲しい。)

そこには、男子も女子も関係なく、純粋にサッカーそのものの魅力を知りたいという想いしかないはず。男子・女子というワードがすっぽり抜けるだけで、意味合いが全く違う。言葉って面白いね。

なぜ、男子サッカー選手はサッカーの魅力を考えるのに、女子サッカー選手は"女子"サッカーの魅力を考えなければいけないのだろうか。

なぜ、私たちは、女子サッカーは男子よりも迫力がなくて観客数も少なくて認知度も低いという事実を前提に、女子サッカーの魅力を捻り出さなくてはいけないのだろうか。

「女子サッカーの魅力ってなんだと思いますか」

この質問は本当に合っているのだろうか。

・・・

「サッカーがあまりにも魅力的だったから」


小学校3年生。サッカーを習い始めたあの時。

なぜ、サッカーを始めたのかと言えば「サッカーが好き」だったから。

サッカーをしているときは自分自身の感情を爆発させることができて、そしてそれが許されて。喜怒哀楽がぶつかり合って生まれるあの空間が、とてつもなく大好きだった。そして、サッカーをしているときは男子も女子も関係ない。それがたまらなく嬉しかった。

そして、それは今も変わらない。

私にとってのサッカーの魅力は、感情が最大限に生み出される場所であること。その感情がぶつかり合う高揚感。そして、ピッチにいるとき(ピッチにいる選手たちを応援しているとき)の自分は自分でしかないこと。

私の年代の選手の多くは、サッカーが男子のスポーツと認識されている時代にサッカーを始めた選手が多いはず。「女子サッカーだから」という理由でサッカーを始めた選手は少ないはずだし、まさしく私自身は「女子サッカーだから」なんて微塵も考えてもいなかった。ただ単に、「サッカーがあまりにも魅力的だったから」始めた1人でしかない。

・・・

「サッカーの魅力は"どこに"あるのか」


ものすごく当たり前の話をするけれど、私たち女子サッカー選手は毎日サッカーをしている。女子サッカーをしているのではない。女子サッカーというカテゴリーの中で、サッカーをしているのである。

身体能力を男子と女子で比べたら、女子の方が平均値としては劣ることは間違いない。だけど、女子チームの中にだってスピード感あるサッカーをするチームはあるし、男子並みの足の速さを持った選手がいる。逆に、女子の方が気遣いができる選手が多いというのは分からなくはないのだけれど、別に男子にだって気遣い力が半端ない選手はいる。

そして、男子の中にもスピードで勝負するチームがあれば、ポゼッション重視のチームがあり、それは女子も同様。

要は男女に関係なく、選手によって、チームによって、魅せるサッカーの姿は全く異なってくるわけで。結局、サッカーの魅力は見ている人 / やっている人自身がどう意味付けするのかどうかで決まるはず。なのに今、私たちにはその意味づけの中で(特に女子のカテゴリーにおいて)、男女かどうかが無意識にパワーを持ってしまっているのではないか。


サッカーの魅力はみんなの総意で決まるものではない。

その人自身の中にある。


・・・

来年秋に、日本で初めてのプロ女子サッカーリーグ『.WEリーグ』が開幕する。

.WEリーグ開幕に向けて、日本の女子サッカーを見に来てもらうためにはどうすればいいのか、今からできることは何かを、女子サッカー関係者の誰もが探っているのではないか。

その流れに乗じて「女子サッカーの魅力」を探ろうとする動きは今後ますます大きくなるのではないかと想定している。個人的に、そうやって自分たちの現状を理解し、今後どのような姿・立ち位置でありたいかをちゃんと考えることは絶対に必要な作業だと思う。

だけど、私たちが考えるべきなのは「女子サッカーの魅力」を考えることではないはず。「サッカーの魅力を女子のカテゴリーで見つけてもらう仕組みをつくること」が私たちが考えるべきことだと私は思っている。

27年も前、1993年に開幕したJリーグ。長い間サッカーは男子のスポーツとされ、テレビをつければJリーグの試合を見ることができる。

社会の日常に溶け込んでいるのはなでしこリーグではなくJリーグであり、サッカーが見たい人が週末に足を運ぶのもJリーグ。サッカーの魅力に触れる場所として先行しているのは、女子サッカーではなく男子サッカーであることは間違いのない事実だ。

だから、私たちは考えなくてはいけない。

自分たち女子サッカー選手が、女子のカテゴリーにいる中で感じている「サッカーの魅力」は何なのか。そして、それは社会の誰に共感してもらえるのか。女子サッカーの試合会場は誰にとっての居場所になるのか、を。

・・・

後書き

これからの日本の女子サッカー界について考えるとき、海外の女子サッカー事情は大きなヒントを与えてくれるように感じている。

ex)代表選手の男女の賃金格差を訴えること、社会におけるジェンダーギャップに苦しめられてきた"女性"たちをエンパワーメントする存在となったアメリカ女子サッカー代表。

画像1

ex)SNSでは常に男女を並列に扱うことを徹底するスペイン各クラブのSNS。(バルセロナのこの写真、最高だと思う)

画像2


女性スポーツ界で起きているジェンダー問題と社会におけるジェンダー問題はリンクしている。そんな中で、アスリートが社会に対して発信することや居場所を作ろうと働きかけることは、必ずや価値のあるものになると私は信じている。

そして、そのポテンシャルが日本の女子サッカー界にはあることも信じている。

自分自身、それを突き詰めるためにこれからもアクションを起こし続けたいし、(たとえ今まではサッカーに全く興味がなかった人でも)一緒に女子サッカー界を通して社会を変えたいという人がいれば是非とも手を組みたい。

女子サッカーと社会との接点を増やすことから、始めるしかなさそうだ。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!!うれしみ!!!
492
女子サッカー選手です。同性のパートナーとほっこり暮らしています。#スポーツ #LGBTQ #ジェンダー #女性スポーツ界 #自分らしさとは

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 17156本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (6)
@あきひろさん

読んでいただきありがとうございます。
そして、長文でご意見までいただき大変光栄です。

まず、あきひろさんのコメントを読ませていただいて思ったことは、私が本当に伝えたかったことが伝わりきらなかったなということです。それは、このnoteを書いたわたし自身の文章力の問題なので、反省しています。今一度、自分の言語化能力について見直そうと思います。

ただ、女子サッカー選手としてみる側の魅力を考えていないというコメントに関しては、大きく誤解を生んでしまったようでモヤモヤするので訂正させてください。私が今回の文章で伝えたかったのは、女子サッカー界は間違いなく見る側にとっての魅力が何かを考えていかなければいけない状態にあるという前提で、それを男子と比較した状態から捻り出し魅力として売り出すことが本当に正しいのかということです。
そして、それに対する私の答えとしては"正しくない"ということ。サッカーの魅力は男女間だけでなく、チームや選手がそれぞれ持っているものであり、それを意味付けする作業は観る側やる側が行うことだからです。

あきひろさんは、「ラリーが続くから、絵的にいいから」という理由で女子バレーの方が楽しいとおっしゃっていますが、それはあきひろさん自身の意味付けだと私は考えます。また、男子バレーが女子バレーよりも楽しくないとおっしゃっていることが、サッカー界では逆転して起こっているということです。

何に魅力を感じるかについては、人それぞれです。であれば、むしろ女子サッカーを見に来てもらう母数を増やすこと、女子サッカーというカテゴリーにおいて見に来てくれた人たちがサッカーの魅力を見て感じて語れる状況を作っておくことが、今の私たちには必要なのではないかということが今回お伝えしたかった内容です。
正直、note本文の内容とだいぶ重なったことを書いているので、もしかしたらまだもやもやさせてしまっているかもしれませんが、これが私から言いたいことです。

個人的に、このような意見の交換は大好きですし、自分の考えをアップデートするきっかけになるので、素直にこのようにコメントいただけて嬉しいです。ありがとうございます。

自分自身、もっとサッカーに本気で向き合って、女子サッカー界に関わりたいと思ってもらえるよう試行錯誤していきたいと思います。
このような突然の長文にも関わらず丁寧に返信してくださりありがとうございました。
言いたいことがわかりました。男子と女子でそもそも差別化を測ろうとすることがおかしいと言いたいのですね。
アメリカではランジェリーフットボールという
下着姿でアメフトをするという競技があり、それはそれでビジネスとしては成功していますが、大きな議論を巻き起こしました。女子サッカーの魅力として男子と徹底的に差別化を測ろうとすることはこういった事態になる可能性もありますよね。

僕は文章を読む限り、魅力というのは見てる側が勝手に感じてくれることであり、
サッカーが楽しいからそれでいいじゃん?というような結論に感じたのでそれでいいんですか?と疑問を感じました。

男子との違いでいつか悩むであろうサッカー少女たちの明るい未来を作っていって欲しいなと思います。やっぱりスターが必要だなと感じます。
女子サッカーが人気の頃、タレント性のある選手が多くいました。アイドルのような扱われ方をした選手もいましたが、それはそれで業界のためには必要なことだと思います。情報発信もしてすごいなと思います。今後の活躍期待しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。