見出し画像

顕在化ニーズを知り、潜在的ニーズを察す。【アイコン制作体験記】

しち

なんだか、堅苦しいタイトル。
あっ、待って!行かないで!!絵もあるよ、、、


要約:はじめてアイコン制作をしました。という話です。そのことをだらだら書いてるだけです。

と、身も蓋もない要約ですが。



それでは、本文を開始します。


以前の記事で、やってみたいこと云々ということに触れながら、こんなことを書いていました

・ご依頼絵(無償で全然いいので記事のヘッダー画像とか曲や小説のイメージイラストとか描かせてもらいたいと思ってるけど、有償でやっている方に失礼のないようにしたくてどうしたらいいのか悩んでる。)

それとは別に、探したけどどの記事で書いたかわからなくなったのでざっくり覚えている内容ですが、

「頼まれて絵を描く」のは、そこにお金が絡むとなおのことだが絡まなくても緊張する、できれば好き勝手に描いたものを気に入ってもらうスタイルがいい。

みたいなことを書いていました。
ちょっと矛盾するふたつですが、最近、お仕事の絵をやっていて思いました。「病室のベッドで亡くなる人」とか、ただ描いてたら絶対描かないテーマにぶち当たります。これは激しく練習になります。他にも「これは一体どうしたらいいんや…」という抽象的テーマがあったりして、イメージトレーニング力(? ただのイメトレで良かった笑)が必要になります。

そんなこともあって
誰かの要望に、応えたい!

という、突然の謎動力が湧いて出た!

ちょうど、ぽっかりと絵を描く用事(好き勝手ではなく、描かなければならなくて描くようなの)が空いたので、
「無料の、ゆるゆるアイコンいかがでしょうか…」
と、言ってみました。ついったで。無料だとお仕事でやってる方に失礼だとか上の方でぐちゃぐちゃ言ってるけども、オマエ(私)のことなんか、お仕事で活躍されている方は眼中にないだろうなということで。常に無料でやってると商売敵になるのかもしれないけれど、とりあえず今だけだし。

全然知らん人から連絡来たらまごまごするし緊張するので(笑)、フォロワーさん限定で、ぼしゅう。ツイート削除しちゃったから、ない。スクショしておけばよかった。


一つひとつに時間をかけるのは自分の性格上ちょっとむり。そして、ぽっかり空いた時間でやる前提でもあり、「ゆるアイコン」という謎のワードを作り、こんな絵でもよかったら練習させてください、と。

(ゆるすぎフェスだな…)


3名ほど…なんて考えていたら、noteの方中心に1時間弱でさっくり5人の方に挙手いただいたので、5人分のアイコンを承りました。みなさんはやかった。きっと無料パワーですけど、無料だっていらないものはいらない。とりあえず、無料なら欲しいと思ってもらえた第一歩。ありがたいことです。
それぞれの方からご希望を伺いました。恐らくイラストレーターコンサルタントみたいな人のところに、質問フォーマットなんかあるのでしょう。今回は、そういうのは見ずに、自分が参考にしたいことを、イメージをお持ちなのであれば詳しく聞けるように例を挙げつつ伺います。

(自分用メモ)
・人ですか?動物などですか?
・人の場合、男性・女性、年齢層、髪型、メガネの有無、◯◯系?
・全体の色味は?
・その他小物など要望?
【反省:「どんな表情(おすまし、笑顔、他)」今後検討。】


細かめに教えてくださる方、ざっくりお任せの方、いろいろ。
ここが、「顕在化したニーズ」。ふむふむ、かしこまりました善処します。と、なります。

そして、「潜在的ニーズ」探しの旅。どういう発信されてるのか、どんな活動している方か。あるいはいまのアイコンから。お好きなもの、似合いそうなものを察するところ。
この、「潜在的ニーズ」、外れだったら、

何こいつぜんぜんトンチンカンなの出してきたアンポンタン!

ってなっちゃう。怖いですね。でも顕在化されたニーズだけだと、(私は)大方完成できない。
例えば、「このイラストみたいなの描いて」ともし言われたら、できるかもしれないけど、それはその方に描いてもらっては…という事案、若しくは盗作疑惑になってしまう。
そしてなにより、あなたのために描きますと言ってるんだから、その方のオリジナリティのようなものを加えたい。あっ、できてるとは言ってないけど心掛けはしましたよ…(逃げたな…)
AIで色々イラスト描けちゃう時代なので、こういうところが人間味なのではないかと思う次第です。質問に答えてイラストができるのなら、AIで良いのかなと。はじめ、AIイラストにちょっとウーン、と思ったりしたのだけれど、そういう時代なんだからしょうがないよな。と、少し受け入れ気味です。自動レジでチェッカーさんがいなくなったら、その人たちはなにをする?人にしかできないことをする。では人にしかできないこと、この場合はなんだ?という発想をしなければならないんだと思います。
ご本人すら認識してない「こういうの欲しかった」を探り当てられたら、えらいこっちゃではないだろうか。訓練したい。別にアイコン制作で儲けようとか思っているわけじゃないけど。(そもそも絵で儲けよう食って行こうと思ってない)

ちなみに、ヒヨッコなので今回は「わからなくなりましたぁぁ!ご意見ください😭」と、ご依頼者さまに聞く場面多数。ピ、ピヨピヨ、、、

するする描けるのと全然浮かばんのがあって、興味深いなあ…と、思いました。なので、ご依頼者さまによって制作の流れがばらばらです。いきなりほぼ完成品のときもあれば、迷走して何パターンも案を出すときもあり。

あと、後半になってくると「この表情さっき描いたな…」と思って避けてしまったりしたものの、「さっき描いた」と思うのは私だけで、ご依頼くださった方には全く関係なかった!という、痛恨の過ちを犯しそうになっていました。(案のやりとりを複数の方としていて気がついた)
たぶん、初歩の初歩だと思う。ぐうう・・・。

そんなこんなで、5種類のアイコン、お納めしました。

ご依頼くださった、noteのかたをご紹介させてくださいー
(ご依頼いただいた順。紹介ご迷惑でしたらお知らせくださいませ)

てまりさん


沙々良まど夏さん


十六夜さん

(しち注:十六夜さんは、俳句大会のホストをされていますので、十六夜杯期間中は特別アイコンで大会を盛り上げてくださいます(ホストの鏡なんだよ!)。現在Twitterでアイコン使ってくださっています!)

Minminさん



ご依頼、ありがとうございました。
とても楽しく描かせていただき、勉強にもなりました。
みなさまの活動にお役立ていただけましたら、大変嬉しく思います。


↑左は、幻のてまりさんアイコン(さりげない目線逸らしバージョン)。てまりさんがどちらも気に入ってくださったので、幻になりましたがここで日の目を・・・!
右は、十六夜さんのアイコンです(*´꒳`*)noteではこれからお披露目なのですが、ご許可いただいたのでひと足先に紹介させてもらいました。


ちなみに、、、言ってもいいですか。
どのアイコンも、気に入っております。
・・・えっ?( ・∇・)自分で言った!


以上、はじめてのアイコン制作でした。

(無料アイコンは、今はやってません。時間があいたので経験としてやってみました。有料アイコンも、いまのところ、
基本やってませ〜ん。)


さて、最近の絵


私、奥行のある手と腕が全然わかってないことに気がついた。なので近ごろ気にし始めている。ちなみにこれは、足も含めてまるでダメ

あれ?また、おにいさんまんがで練習か??(怖いことを言う)


手と脚の、練習うぅぅ…

だめだー、わかってないわ、、、。筒!筒!って唱えていっぱい断面のマルとか膝の皿とか描いたんだけど笑

おにいさんの太腿は、もっと太くならなきゃおかしいのかも。肘が奥にある感も伝わらないや〜。
こういう絵描くときに、ものすごくパンツの縫い目頼り。縫い目ないと、全然伝わらん。。。


これより、いいかなあ。いや、全然わからん。
(っていうか、なんだこれ。)
絵にほぼ日付入れてるんですけど、振り返るときとてもべんり。データだけだと、いつ描いたんだっけ、となる。


これはとびきりひどいのですが、朝30分で描いたやつ
朝、目が覚めるか覚めないか、くらいのときに、突然ものすごく鮮明に(どっかで見たのかな?というくらい)目蓋に映った構図があって、それを忘れないうちに描こうと思ったんだけど、ぜんぜんそうならなかった絵。すごい難しかった。もっと時間かけて練習した方がよかったのでは。
本当はもっと、だいぶエモだったのに。あの時映った構図は、もう忘れてしまった・・・。
また描き直したいです、そのうち。



今回も、お付き合いありがとうございました。
それでは、また、、、

この記事が参加している募集

noteでよかったこと

私の作品紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しち

絵のことばかり考えているので、いただいたサポートは大概絵のこと・活動・絵を描くための何かしらに使わせていただいています。