マガジンのカバー画像

渋谷のまんなか(毎月第3日曜日)

14
人生100年時代。1965年(昭和40年)から1975年(昭和50年)にかけて生まれた、現在、40代後半から50代前半の「まんなか世代」が人生の後半に直面する問題について、人生の… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

渋谷のまんなか

00:00 | 00:30

【パーソナリティー】殿浦嘉典 【ゲスト】坂井利帆さん(映像制作プロデューサー) 第二次ベ…

渋谷のまんなか

00:00 | 00:30

【パーソナリティ】殿浦嘉典 【ゲスト】Markus Stutz (@スイス・チューリッヒ) 今月の『渋谷…

渋谷のまんなか

00:00 | 00:30

【パーソナリティー】殿浦嘉典 【ゲスト】高橋良明さん(music bar 45 マスター) 人生100年…

渋谷のまんなか

00:00 | 00:30

【パーソナリティ】殿浦嘉典 【ゲスト】James Catchpoleさん(@MrOKJazzTokyo)・熊谷悠一さん…

渋谷のまんなか

00:00 | 00:30

人生100年時代、これから人生の後半に差し掛かっていく「まんなか世代」が人生の先輩や各分野…

渋谷のまんなか

00:00 | 00:30

【ゲスト】臼井孝さん  https://twitter.com/t2umusic 【パーソナリティ】殿浦嘉典 2021年4…

渋谷のまんなか

【パーソナリティ】殿浦嘉典 【ゲスト】Toshiさん 本日は殿浦さんの高校時代の同級生で現在、アメリカ・ロードアイランド州にお住まいのToshiさんをゲストにお迎えしてお届けしました。 ゲイであるToshiさんが渡米されるまでご自身の性的指向について考えていたこと、アメリカに行かれるまでの経緯から、現在のパートナーの方と生活をされるまでのお話を中心にアメリカのLGBTQの現状や日本との違い、Toshiさんが収集された日本のゲイ関係の資料をご自身の勤務先の大学図書館に寄贈されたことなどお聞きしました。

スキ
3

渋谷のまんなか

00:00 | 00:30

【ゲスト】 ハービー・山口さん https://twitter.com/herbieyamaguchi 【パーソナリティ】殿…

渋谷のまんなか

00:00 | 00:30

【ゲスト】柊サナカ さん(@hiiragisanaka)      https://twitter.com/hiiragisanaka 【…

渋谷のまんなか

00:00 | 00:30

【ゲスト】橘さおり さん 【パーソナリティ】殿浦嘉典(渋谷のラジオ ボランティアディレクタ…

渋谷のまんなか

00:00 | 00:30

【パーソナリティ】殿浦嘉典 【ゲスト】江口卓也・KAZ(渋谷のラジオボランティアスタッフ) …

渋谷のまんなか

00:00 | 00:30

【ゲスト】 向井裕人 さん(MYSH 合同会社 代表社員・グライドパス株式会社 代表取締役 ・Start…

渋谷のまんなか

00:00 | 00:30

【ゲスト】古谷 剛彦さん      山上 良さん(鶴見はまかぜクリニック院長) 【パーソナリ…

渋谷のまんなか

【ゲスト】森 善照さん      古川 慎二さん(渋谷区在宅医療介護連携推進委員会/東京都栄養士会 栄養士/ 渋ラジボランティアスタッフ) 【パーソナリティ】殿浦 嘉典 【ディレクター】船瀬 光平(渋谷のラジオ ボランティアディレクター) 今週から新番組「渋谷のまんなか」が始まりました! 人生100年時代、これから人生の後半に差し掛かっていく「※真ん中世代」が人生の先輩や各分野の専門家からこれからの人生の歩み方だったり、この世代が直面する問題、自分の健康、親の介護などについて専門家のお話を伺っていきます。 ※真ん中世代とは・・第二次ベビーブームの少し前、1965年から第二次ベビーブームの終わる1975年にかけて生まれた、現在40代後半から50代前半の世代 前半は殿浦さんの元上司で54歳で故郷である岐阜にUターン、お茶屋農家としてだけでなく、NPO法人・共同組合を仲間と立ち上げたりとアクティブに活躍されている森善照さんにリモートでご出演して頂きました。 Uターンのきっかけ、現在の生活環境から「まんなか世代」へのアドバイスまで、様々な お話をお聞きしました。 「まんなか世代」へのアドバイスとして、「幸せは他人に施すことである」と仰っていたのが印象に残りました。 番組の後半では渋谷区在宅医療介護連携推進委員会などでご活躍されている古川慎二さんにご出演頂き、介護が必要になった親をサポートする公的制度についてお話を伺いました。 介護をスムーズに行うためには、普段から親が住んでいる地域の人とコミュニケーションをとって、なにかあったときには自分に最初に連絡を貰える体制を作ることというのは、なかなか気がつかないプロならではのアドバイスでしたね。

スキ
6