200名から3000名の企業に成長させた人事の挑戦/SHB(シェアビュー)で働く仲間たち②
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

200名から3000名の企業に成長させた人事の挑戦/SHB(シェアビュー)で働く仲間たち②

シェアリング・ビューティー

みなさんこんにちは!
株式会社シェアリング・ビューティーの執行役員管理本部長としてコーポレートサイドを任されています、横田 裕教(よこた ひろのり)と申します。
私自身がシェアリング・ビューティーのMISSIONである「可能性を世界で最も開花させる」に紐づいて一緒に働くことになったので、ぜひ私のことを知っていただきたくnoteを書かせていただきます。

【プロフィール】横田 裕教(よこた ひろのり)
2021年6月中途入社。2013年から2021年まで株式会社ネオキャリアの人事責任者として200人から3500人になるまでの成長を牽引。2021年1月から人事のパラレルキャリアとしてネオキャリアとシェアリング・ビューティーの両方の責任者を兼任し、6月から正式にジョイン。翌2021年7月からは、執行役員管理本部長として、人事だけでなく、経営管理・経営企画のコーポレート全域を管掌している。趣味は音楽フェス巡り・小説執筆。2歳の女の子のパパでもあり、仕事に家庭に遊びに全て全力投球している。Twitterはフォロワー5000人を超え、組織や人事関するメッセージを日々つぶやいている。
@hironoriyokota


シェアリング・ビューティに入社してから始めたTwitter

読んでほしい人

・違う業種へのチャレンジで躊躇している人
・自分の市場価値の上げ方を悩んでいる人
・転職したいけど勇気がでない人

1.これまでのキャリア

社会人スタート(20代)

大学生時代に人材ベンチャーの内定バイトからスタート。AM3時まで働いてAM6時から働く(そして1.5か月家に帰れなかった)という生活でしたが、営業成績はずっと全国No1。当時は全国1位を取ることがめちゃくちゃ楽しくて、まったく苦痛に感じない20代前半。

新規出店の責任者に抜擢され3か月連続300%達成し、全国で2番目に大きいエリアのマネージャーに昇進。
当時不採算部門だったエリアを6か月で黒字部門に改善し社長賞を獲得。
ベンチャーだった会社も東証一部上場を果たし、売上1000億、従業員1万人を超える企業に成長していきました。

人事としてのキャリアスタート

自ら立候補して本社に異動し人事のキャリアがスタート。
初めてのキャリアチェンジ、また人事としての基礎を教えてもらいました。とにかく鼻を折られまくりましたが、ここで身に着けた力は今でも土台になっています。六本木ヒルズにオフィスがありましたが、全国1000の支店があり全国を飛び回る日々であまり会社にいませんでした 笑

そこから大手通信関連企業に転職し、戦略人事(今でいうHRBP)として各事業の戦略実現に向けた人事施策を行っていました。
独立支援制度に立候補し、岡山~九州までの地域密着型の人材支援の会社を立ち上げ代表をやっていました。

ネオキャリア時代

最初は派遣事業の事業企画からでしたが、2013年に人事部長に抜擢(未経験だったので本当によく抜擢したなと思います)され、気づけば200人~3000人になり、その間8年も人事責任者として経営に一番近い仕事を任せてもらっていました。
人事の仕事としては、制度や労務はもちろんですが、人材開発に一番力を入れていました。年間数百名単位で増えていく従業員にどう活躍してもらうか、またどんどん大きくなっていく組織で、どうマネジメント層を増やし、次期幹部候補を輩出していくかなど、会社の成長にあわせて人事としてもスケールを合わせていくことを意識して行っていました。
また特命係長として、経営陣からの特命プロジェクトを遂行していました。

2.シェアリング・ビューティーとの出会い

私が入社を決めたときは、旧社名のリッチメディアでした。
もともとは「リッチ(豊かさ)」を「メディア(伝播させる)」に共感して入社しました。
それが上位変換されてシェアリング・ビューティーに昇華されたと思っています。

年齢も40代中盤に差し掛かるタイミングで、もう一度大きなチャレンジをしたいという強い想いがありました。その中で、もともと坂本社長と知り合いだったということもありますが、何回もディスカッションをしていくうち、リッチメディアの理念である「可能性を世界で最も開花させる」に強く共感し、リッチメディアが目指すビジョンを一緒に成し遂げたいという気持ちが大きくなりました。
 また、ネオキャリアでも約10年目を迎え、やるべきことも一巡し(日々変化のある会社ですが、その変化にも多少のトラブルにも動じなくなりました 笑)、自分がコンフォートゾーンに入っているという自覚も正直あり、もし自分がまた1から(しかも1人で)挑戦する機会があったら、価値を発揮できるだろうか?この10年間で自分に実力があるか試してみたいという思いがあったのも事実です。
 ちょうどネオキャリア内でも、「新しい働き方」を模索する動きがあり、社長直下の自分自身が身をもって新しい働き方に挑戦をしてキャリアモデルとなり、次の世代に引き継いでいきたいと考え、ネオキャリアに所属しながら、リッチメディアの人事責任者として、リッチメディアに貢献するという新しい働き方(人事のパラレルキャリア)を行うことを決めました。

パラレルキャリアとして6か月間人事責任者をやっていく中で、社名変更や予算計画策定など人事以外の役割(経営企画・法務・情報システム・財務など)コーポレート全体も管掌していくことになり、また管理本部長執行役員に任命をされましたので、(6か月間もフルコミットしていましたが)シェアリング・ビューティに身体もフルコミットするために、ネオキャリアを退職し、シェアリング・ビューティに入社をいたしました。

よくオフィスの外でリフレッシュしながら思考を整理しています

3.これから成し遂げたいこと

日本中に「可能性を開花させた」人たちを増やしていきたい。

日本は少子高齢化で物理的にもシュリンクしていくことが確定をしています。
しかし、今現在でも労働格差や収入格差があるだけでなく、
どれだけ働いても幸せになれないという状況です。

可能性は無限にあるにも関わらず、どこかで足の引っ張り合いをしてしまっている。
それが2000年以降やコロナ禍でもアメリカや中国にGDPでも
大きく差をつけられてしまった要因だと考えています。

しかし日本にはどの国にも負けない底力があります。
クレイジーなほどの突破力もあります。
もう一度、誰もが前向きに可能性を開花し続ける日本を作りたいと思っています。

まずは美容業界に集中し、業界自体を変革させることによって、
そこから日本全体に影響の範囲を広げていけるきっかけになると考えています。

今は管理部門全体を見ていますので、中長期の目標であるVISIONを実現できるように、経営企画・会計経理・人事・システム・法務側面から、シェアリング・ビューティーのメンバー1人1人が自信をもって外側に影響を広げていけるような強い会社を創っています。

4.最後に

 「モノ」や「カネ」・「情報」は、「ヒト」が動かすことによって初めて意味をなす経営資源であると考えています。
また人事戦略とは、企業の経営理念を基にビジョンを実現していくために、「経営戦略」を基点に考え「人と組織がどうあるべきか」を示すという位置づけにあるものです。
 シェアリング・ビューティーでは、理念である「可能性を世界で最も開花させる」を体現して、その影響の輪を広げることによって、誰もが挑戦できる世界を実現していきます。
 まだまだ、私もシェアリング・ビューティーもスタートラインに立ったばかりの挑戦者です。常に青コーナーにいること忘れずに、謙虚にかつ自信をもって挑戦していきたいと思います。

こんな私と直接話したい、一緒に働きたいという方は、お気軽にTwitterにDMくださいー。

これからも「可能性を開花し続ける」ために、「成長し続ける」ことにこだわり続けます!

週末は娘とデートをする日々です

このnoteが、私のように新しいキャリアに挑戦したいと思っている方の参考になっていれば幸いです。

シェアリング・ビューティーでは、新しいステージに向けて組織を拡大中です。強い事業組織には強いコーポレートが必要です。
一緒に会社を創っていくことを愉しみたいという方は、ぜひ一緒に働きませんか? 多くの挑戦機会と事業成長を支えるワクワクに溢れています。
採用HPより是非エントリーいただき、僕たちに会いに来てください!

これをご覧になった皆様と一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事が参加している募集

社員紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ぜひシェアもよろしくお願いします〜!
シェアリング・ビューティー
「可能性を世界で最も開花させる」をMISSIONに、美容DXに挑戦する株式会社シェアリング・ビューティーです。  SHB(シェアビュー)のHP:https://www.sharingbeauty.co.jp/ ※2021年、株式会社リッチメディアから社名変更いたしました。