見出し画像

スペシャリストが成果を上げるために〜人は”安心”を求めるからこそ、これを伝えよう〜

こんにちは。

マーケター&シェアラーあちです。

スペシャリストが成果を上げる方法シリーズ、シェアしています。

【今までの流れ】

ターゲット(顧客像)を決める

次に、すでにあるサービスを「売る」
のだが

「売る」前に「伝える」ことがある

一番最初に伝えることは
「私のターゲットはこんな人です!」と宣言する

その人にあなたが提供することができる「ベネフィット」を約束する

今日はベネフィットの次に書くことについてシェアします。

長い道のりになりそう・・・⤵︎とモチベーションが下がってもいけないので、全体像を先にお伝えしておきます。

あと2歩(=2項目)です。(←え)

はい。あとほんの少しです^^


そもそも、なぜこんなにいろいろと伝えなくてはいけないのか?

それは、人は「安心」を求めるから

一番最初に書かれた「ターゲット」と「ベネフィット」で、もう心はあなたに向いています。

だから続きを読みたい。読んでいる。

だけどまだ買うと決めてはいない 笑

なぜならまだ完全には「安心」できていないから。

注:もちろん、買う前に安心しきることはなかなか難しいことです。何ごともやってみないと分からないから(だから、お試し期間とか返金保証とかがあるわけです^^)

そこで書きたいのが、「実績」です。

「この会社・この人は、書かれていた「ベネフィット」を確かに提供してくれそうだ!」
と安心できるものであればOKです。

たとえば・・・

・過去の経歴・・・何年間どこでどんな仕事をしていたか。まず何より「実際にやっていた」というのがほしい。資格だけあって(インプットのみ)実際にはやっていない人が、なかなか集客できないのは、安心感が生まれないため。
・過去の実績・・・ただやっていただけではなく、スキルの高さの証拠となる。私の場合だと、「新ブランドの売上を3年で3倍に拡大して社長表彰受賞」の部分。
・お客様の感想・・・その顧客が受け取ったベネフィット=良い変化を、顧客自身の視点から書いたものが良い。第三者の、具体的でリアリティある言葉は非常にパワフル。
・アンケート結果・・・回答者数がある程度取れそう(できれば100以上)であれば、満足度やNPS(下記に過去記事を貼ります)を数値データで出すのも良い。説得力があり、企業がよく使う方法。
・権威者からの推薦文・・・人は権威に弱いw
*全てにおいて、直近の情報がいいですよ!

このあたりがスラスラ書ける人は、ぜひすぐに公開しちゃってください!

ですが、こういうものが揃わない・・・という方もいるかもしれません。

その場合は、リスク(=今回の場合は、お金だけ失ってベネフィットが得られないというリスク)を極力少なくして、顧客がサービスを受けられる工夫があるといいですね。

・お試し期間
・返金保証
・モニター制度
・低価格
・無料の説明会、質問会、体験会

など。


あなたはどんな工夫ができそうですか?

自分の場合はどうだろう・・・とぜひ考えてみてください^^


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
アサヒビールとフリーランスで10年歴のマーケター。子育てに役立つマーケティング術と出会ってきたプロたちの知恵をシェアします!サバンナで湧き上がった「シェアしたい!」という想いを叶える、世のお母さんへのシェアの場。三児の母。 https://youtu.be/RL8bUPsxiTE
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。