見出し画像

外部キーボードを取り入れたり、尊師スタイルを採用したり、ちゃんとした姿勢で座るようにしたり、デュアル・ディスプレイを真面目に使ったりして最高になった

最近知的生産っぽい話をいろいろ書いてるが、アプリとかそういうのでなくて、ハード面も変化させた。きっかけはみつばさんにキーボードをもらったこと。超うれしい。いただいたのは、HHKBのPFU Happy Hacking Keyboard Lite2

地獄から天国に

このキーボードをちゃんと使ってみようと思った最大の理由は、昨年ぼくが買ってしまったMacBook Air(2019)にのっているバタフライ構造のキーボードが本当にひどいからだ。

ここ数年のマックを少しでも調べればわかるけど、バタフライは叩き心地が気持ち悪いし、そもそも不具合が多すぎるし、本当に最悪。ソフトウェア上で無理矢理なんとかするアプリを使って、どうにかこうにかやりすごしていた(ちなみに、最新のMBA(2020)は昔ながらのシザー構造のキーボードが使われている。買うタイミングをこれほど後悔したことも久々だった……)。

そういう工夫をしたところで、問題は消えない。数万字単位の原稿仕事をしていると、途中で指が痛くなってしまうのだ。気持ち的にはまだ集中できてるのに、少し休まなきゃいけなくなって、再開するときには違う感覚になってて萎える、ということが何度もあった。

ステマ感のある文体になってきているが、みつばさんにもらったHHKBのPFU Happy Hacking Keyboard Lite2は本当に最高です! 打鍵音がめっちゃ鳴るので仕事してる感覚が生まれやすいし、打鍵感自体も気持ちいい。指も痛くならない。外部キーボードを取り入れたのは、本当に久々だったんだけど、マジよかった。

尊師スタイルと座り姿勢

キーボードをどこに配置するか迷っていたんだけど、試行錯誤の末、尊師スタイルと呼ばれる形態に落ち着いた。あとはKarabinerというアプリを入れ、本体キーボードとの干渉やキー割り当ての変更などもろもろを済ませ完成。

画像1

これが尊師スタイルだ!

この続きをみるには

この続き: 1,098文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月3回以上いろいろな記事が読めます。過去記事もすべて読めます。ジャンルは、コミュニティや教育、地域、キャリア、本、音楽、批評など。とっても小さなメディアですが、2017年から現在までゆっくり読者が増えています。世知辛いですが、一緒にやっていきましょう、という感じ……。

批評とメディアのプロジェクト・レトリカをしたり、高校生と津和野で下宿して一緒にいろいろつくる組織・ブー社を代表したりしているseshiap…

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、ブー社宅の家賃に使います……! ブー社宅は、下宿生の学びの場兼自宅兼事務所兼卓球場です。 応援していただけるとマジで喜びます……!

更新がんばるのであたたかく見守ってください!
15
編集者、ディレクター。NPO法人bootopia代表理事。つくったり学んだりする集団に関心。オルタナティブなメディアやコミュニティの運営について書いています。ラジオが好き。

こちらでもピックアップされています

おどりのようなもの
おどりのようなもの
  • ¥500 / 月

批評とメディアのプロジェクト・レトリカをしたり、高校生と津和野で下宿して一緒にいろいろつくる組織・ブー社を代表したりしているseshiappleの雑記帳です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。