せんさつくん
シェイクスピアの全戯曲37作品
見出し画像

シェイクスピアの全戯曲37作品

せんさつくん

シェイクスピアの全戯曲37作品

シェイクスピアの戯曲は合計37作品あります。年代順に並べると以下の通りとなります。

『ヘンリー六世 第1部』(Henry VI, Part 1)(1589年 - 1590年)[史劇]



『ヘンリー六世 第2部』(Henry VI, Part 2)(1590年 - 1591年)[史劇]


『ヘンリー六世 第3部』(Henry VI, Part )(1590年 - 1591年)[史劇]


『リチャード三世』(Richard III)(1592年 - 1593年)[史劇]


『間違いの喜劇』(Comedy of Errors)(1592年 - 1594年)[喜劇]


『じゃじゃ馬ならし』(Taming of the Shrew)(1593年 - 1594年)[喜劇]

『タイタス・アンドロニカス』(Titus Andronicus)(1593 - 94年)[悲劇]

『恋の骨折り損』( Love's Labour's Lost)(1594年 - 1595年)[喜劇]


『ヴェローナの二紳士』(The Two Gentlemen of Verona)(1594年)[喜劇]


『ジョン王』(King John)(1594年 - 1596年)[史劇]


『リチャード二世』(Richard II)(1595年)[史劇]

『ロミオとジュリエット』(Romeo and Juliet)(1595 - 96年)[悲劇]

『夏の夜の夢』(A Midsummer Night's Dream)(1595年 - 96年)[喜劇]

『ヘンリー四世 第1部』(Henry IV , Part 1)(1596年 - 1597年)[史劇]

『ヴェニスの商人』(The Merchant of Venice)(1596年 - 1597年)[喜劇]

『ウィンザーの陽気な女房たち』(The Merry Wives of Windsor)(1597年)[喜劇]

『ヘンリー四世 第2部』(Henry IV, Part 2)(1598年)[史劇]


『空騒ぎ』(Much Ado About Nothing)(1598年 - 1599年)[喜劇]


『ヘンリー五世』(Henry V)(1599年)[史劇]


『お気に召すまま』(As You Like It)(1599年)[喜劇]

『ジュリアス・シーザー』(Julius Caesar)(1599年)[悲劇]

『ハムレット』(Hamlet)(1600 - 01年)[悲劇]


『十二夜』(Twelfth Night, or What You Will)(1601年 - 1602年)[喜劇]


『トロイラスとクレシダ』(Troilus and Cressida)(1601 - 02年)[問題劇]


終わりよければ全てよし(All's Well That Ends Well)(1602年 - 1603年)[問題劇]


『尺には尺を』(Measure for Measure)(1604年)[問題劇]


『オセロー』(Othello)(1604年)[悲劇]

『リア王』(King Lear)(1605年)[悲劇]

『マクベス』(Macbeth)(1606年)[悲劇]

『アントニーとクレオパトラ』(Antony and Cleopatra)(1606年 - 1607年)[悲劇]

『アテネのタイモン』(Timon of Athens)(1607年 - 1608年)[悲劇]

『コリオレイナス』(Coriolanus)(1607年 - 1608年)[悲劇]

『ペリクリーズ』(Pericles, Prince of Tyre)(1607年 - 1608年)[ロマンス劇]

『シンベリン』(Cymbeline)(1609 - 10年)[ロマンス劇]

『冬物語』(The Winter's Tale)(1610年 - 1611年)[ロマンス劇]

『テンペスト』(The Tempest)(1611年)[ロマンス劇]


『ヘンリー八世』(Henry VIII)(1612 - 1613年)[史劇]


『二人のいとこの貴公子』(The Two Noble Kinsmen)(1613年)R[喜劇]


詩作品

  1. ソネット集(The Sonnets)[喜劇]

  2. ヴィーナスとアドーニス(Venus and Adonis)

  3. ルークリース凌辱(The Rape of Lucrece)

  4. 情熱の巡礼者(The Passionate Pilgrim)

  5. 不死鳥と雉鳩(The Phoenix and the Turtle)

  6. 恋人の嘆き(A Lover's Complaint)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
せんさつくん
本を千冊紹介しています。