見出し画像

11月9日の横浜ラグーン

Seijun Nagamatsu

長い間留守をいたしました。昨夜、ブラジルより無事に帰国いたしました。
ホッといたしました。ありがたいです。

中東からアフリカ大陸、大西洋を横断して、片道30時間の往復。ロシア上空の航路が使えず、戦争の影響を様々な場面で感じました。
コロナ禍に加えて、戦争、数百年ぶりの皆既月食もあればアメリカの中間選挙もあり、本当に世界中が大混乱の只中にあることを感じながらのご奉公でした。

世界も、社会も、会社も、暮らしも、家族も、個人個人それぞれも、大変な課題や問題に直面する中、負けるわけにはいかないし、負けていただきたくはないので、ご宝前にしっかりと向かい、御題目を唱え重ねましょう。必ず必ず、妙不可思議な現証が顕れます。今生人界、それしか感じません。間違いありません。

今週の番組では人生最大の岐路に立っている方からのお便りをご紹介しました。逮捕され、裁判をし、有罪となって収監されるという方でした。

番組内で、日蓮聖人のお手紙や日博上人、妙深寺の先代ご住職のことをご紹介しました。

「苦難の中で強まる信念」
「イバラの道で固める信念」

日蓮聖人
「詮ずるところは天もすて給え、諸難にもあえ、身命を期とせん。」(開目抄)

日博上人から日爽上人への最後のお手紙。
「正しいことをして誤解をされ、悪口を言われ、不運に陥って、それで当たり前であるとの心構えを養ってもらいたい。
そして、千に一つ、万に二つでも、これこそ佛立の道と固い信念に到達したことであったなら、断々固として実行するようになってもらいたい。」

先代のご住職は、まさに日博上人のこの御意、このお言葉を継承し、実践、実行したことは、先住を知る者、その足跡を知る者であれば誰でも分かります。
私も、そうでありたいと強く思っています。

11月9日 放送分
https://radiko.jp/share/?sid=YFM&t=20221109053000

横浜に、妙深寺に、戻ってくることが出来て、本当にうれしいです。久しぶりに、少しだけ、ほっこり出来ました。

下記のアドレスに番組へのメッセージをお送りください。素朴な疑問や質問、ご感想やご相談など、なんでも結構です。

lagoon@fmyokohama.jp

どうか、引き続き、よろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

#横浜ラグーン  #FMヨコハマ #心と体 #免疫力 #免疫力アップ #エンパワーメント #妙深寺 #長松清潤 #fmyokohama #yokohamalagoon

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!