見出し画像

書籍「パンク動物記」が12/16発売

こんにちは。イラストレーターの竹添星児です。

イラスト制作を担当した児童書「パンク動物記〜アフリカの最強動物」(文/パンク町田 絵/竹添星児)が12月16日にポプラ社より発売となります。

著者のパンク町田さんはメディアにもよく出演されている動物研究家。「パンク動物記」と題したシリーズ1作目の今回はアフリカに生息する6種の動物について、ご自身の体験や研究を踏まえた楽しいエッセイとなっていまして、表紙や説明図を含め100点以上たっぷりイラスト(オールカラー)を描かせていただきました。

画像1

装丁は坂川朱音さん(朱猫堂)。ゴールドのインクを用いた高級感・バイブル感も感じられる表紙デザインとなっていて、動物好きの子供たちに「モノ」としても気に入ってもらえるのではと思います。パンク町田さんの軽快な語り口で紹介される動物のユニークな情報は、大人にも新たな発見や楽しんでもらえる内容となっています。そんな本文に合わせた挿絵をオールカラーで沢山描かせていただきました。

「パンク動物記〜アフリカの最強動物」(ポプラ社)
文:パンク町田 絵:竹添星児

動物研究家パンク町田さんによる児童向け動物エッセイ。カラーイラストをたっぷり収録。楽しく読めて、動物好きも大満足の1冊。

<書籍の紹介>
昆虫から猛獣までありとあらゆる動物の生態を知る動物研究家パンク町田さんによる渾身の児童向け動物エッセイ。アフリカにすむ人気の最強動物たちの知られざる生態を軽妙な語り口で解説。動物好きの読者も満足できる本格的な内容ですが、オールカラーのイラストがたっぷりで楽しく読めます。収録動物は、ゾウ/カバ/サイ/イノシシ/ライオン/キリンの6種。読むともっと動物が好きになる1冊。

■内容紹介(抜粋)
・ゾウの「6本目の指」とは?
・ゾウはなぜ津波を感知できるのか?
・カバとカピバラの共通点とは?
・スマトラサイにはなぜ体毛があるのか?
・鬼退治に連れていくべき3匹の動物は?
・猛獣モリイノシシの興奮をおさえる方法は?
・ライオンのオスはなぜ子ライオンを殺すのか?
・外国から輸入されたキリンを動物園にどうやって運ぶのか?
etc.

Amazonでの予約も始まっています。クリスマス・お正月シーズンのお子様へのプレゼントにもぴったりの一冊。ぜひご購入・ご紹介いただけると幸いです。

https://amzn.to/2W96MqQ

見本誌も届きました。発売が楽しみです!多くの方に手に取っていただければ幸いです。

画像2

★すべての動物好きにとどけたい★            今日は「動物」をテーマにした新刊をご紹介します!        その名も、『パンク動物記 アフリカの最強動物』。 「パンクってなによ?」とお思いの方もおられると思いますが、これは著者の...

Posted by ポプラ社 on Monday, December 21, 2020


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、島暮らしの体験記やイラストレーションの制作活動に大切に活かさせていただきます。

1
イラストレーター。1981年生まれ。鹿児島県の離島〔徳之島〕を拠点にしています。場所を選ばない働き方を志向し離島でのノマドワークを実験中。趣味は自転車、夕日鑑賞。ウェブサイトリニューアルにあたり、noteをブログ的な使い方を試しています。http://takezoe-d.com

こちらでもピックアップされています

イラストレーション&デザイン
イラストレーション&デザイン
  • 43本

イラストレーションやデザインの仕事実例や作品を紹介。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。