見出し画像

ハタヨガのクレンジングテクニック“シャットカルマ”その1 「Neti」

ヨガ初心者でしたが、インドのリシケシでハタヨガのティーチャートレーニング(RYT200)を修了しました。
そこで印象に残ったことや勉強したことを少しずつ紹介してみます🧘

ハタヨガにはシャットカルマという6つの体の物理的・精神的な浄化方法があります。

トップ画像はその1つの方法、「Neti(ネティ)」(日本語では鼻うがい?)の道具で、このネティには2つの方法があります。

ジャルネティ(ポットを使う)
スートラネティ(ゴムチューブやコットン糸を使う)

①ジャルネティはポットを使って生ぬるい薄塩水を左の鼻腔から右の鼻腔へ流す(またその逆)というもの。必ず口で呼吸します。鼻に水を通すこと自体慣れていないので、必死で口呼吸しました。水を通した後は、鼻から空気を勢いよく出す動作の流れがあり、終了です。(イラストは授業のテキストから拝借)↓

画像1


②スートラネティはもっとすごくて、片方の鼻腔に極細ゴムチューブを差し込み、口から取り出すというもの。鼻と口の中からゴムチューブが見える状態はなんかすごいです。ちなみに口からチューブを出す時に何度かオエッてなっても、早朝の空腹時にやるので何も胃から逆流することはありません。↓

画像2

やった感想は、①は鼻水も沢山出たので悪くなかったけど、②はゴムチューブ鼻の上の方でつっかかって痛くて、口の中まで通すことができませんでした。異物を入れるということにまだ気持ちも体も慣れなかったです。

日本のヨガのティーチャートレーニングでもシャットカルマの実践はするのかな?シャットカルマは経験のある先生のガイドで行うことが推奨されています。ふざけてやらないようにしてください。

他にも色んなことをしたので徐々に紹介してみます🧘‍♂
ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

投げ銭は編み物活動の費用にさせて頂きます (^O^)

嬉しいです!ありがとうございます!
2
ニットブランドseesawの作家、小泉智子の編み物のこととか。(現在インド旅行中)HP▶︎ https://www.seesaw.tokyo/ 、インスタグラム▶︎ https://www.instagram.com/seesaw.tokyo/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。