SECOND STATE
サヴォッタのテント、ナイガーにフラップ付きチムニーカラーを装着!
見出し画像

サヴォッタのテント、ナイガーにフラップ付きチムニーカラーを装着!

SECOND STATE

画像22

こんにちは、SECOND STATEです:)

サヴォッタのテント、ナイガーに同じくサヴォッタのフラップ付きチムニーカラー(テント/煙突プロテクター)を装着してみました。

サヴォッタ、Hawuシリーズなどの丈夫なキャンバス生地のテントにデフォルトで装備されているチムニーカラーです。
ナイガーは、ポリウレタンコーティングのポリエステル生地(PU)なので少し不安もありましたが、問題なく装着できて使用できましたので、その取り付け方法と使用感想をご紹介します。

画像2

用意したツールとパーツは、スケール・ドライバー、ペンチ、ハサミ、ナイフ、穴あけ、ボールペン、ボルト&ナット(2mm x 10mm)、シリコンゴムシート(300mm×300mm×1t)です。
ボルトとナットは、ホームセンターなどで手に入るサイズです。ツールは特殊なものは用意していません。

画像3

キャンバス生地や、ポリコットンなどの生地は心配ないのですが、ナイガーは、ポリエステル生地で熱で溶けてしまう恐れがあるので、ナイガーの生地とチムニーカラーの間に、耐熱のシリコンゴムシートを断熱素材として使用してみます。

画像4

耐熱は200°Cなので、煙突接触部分の断熱効果が期待できそうです。

画像5

シリコンゴムシートをカットします。
チムニーカラーの型をシリコンゴムシートにペンで写し、ハサミでカットします。R状にハサミを入れるのは集中力が必要でしたが、シリコンゴムなので、カット事態は非常に簡単です。

画像6

こんな感じで、内側もカット。ちょっとガタガタですが、気にせず次に行きましょう。

画像7

チムニーカラーにシリコンゴムを当てて、ボルトの穴を開けます。こちらもガタガタですが装着後は見えない部分なので、気にしません。

画像8

そして、いよいよナイガーにチムニーカラーを取り付けていきます。

画像9

まず、装着位置を決めます。私の場合は、薪ストーブを設置した際に、テント内の広さを確保でき、テントへの熱によるダメージリスクを回避できるバランスから、テントのルーフ部分の片側中央に装着することにしました。

画像10

チムニーカラー装着位置を決め、ペンで型を写します。ボルト用の開口部と、内径にあるガード部分の8つの開口部分外側だけを写します。

画像11

こんな感じです。

画像12

ハサミが入るようにナイフで切り込みを入れて。

画像13

ハサミで慎重にカット。

画像15

ボルトの開口を作り。チムニーカラーを取り付けます。

画像14

シリコンゴムシートは、ガードが付いているチムニーカラーとテント生地の間に挟みます。(テントの外側)
開口部から手を入れて、ペンチでナットを抑えながらドライバーでボルトを絞めて固定します。

画像16

こちらはテント内部側です。ガッチリ締めて固定しました。

画像17

装着完了です!ちょっとテントの生地やシリコンゴムが出ていますが、全く気にしません。

画像18

これで、フラップが付いているので、ストーブを設置しないシーズンでも使用できるようになりました。
装着に掛かった時間は、かなりのんびり作業していましたが、2時間くらいでした。難易度はそれ程難しくないと思います。

そして、実際に薪ストーブをインストールしてテストしてきました。

画像22

サヴォッタのフラップ付きチムニーカラーは、デザインがめちゃくちゃかっこいいです!

画像20

使用した感想は、煙突の設置がとにかく楽でした。見た目も良く、ストーブ本体も思惑通りに設置できました。この位置なら、テント内の動線や広さを確保しつつ、テントのウォール(壁)部分の熱ダメージの心配もありません。少し気になったのは、ナイガーは、PU生地なので、チムニーカラーの重さでテントのルーフが撓みが目立ちます。
また、煙突とチムニーカラーが接していると、シリコンゴムを挟んでいないテント内側部分のチムニーカラーも少し熱くなりました。薪ストーブの種類や、長時間の薪ストーブの使用、ガンガン燃料を燃やした場合など、熱のダメージのリスクが高くなるので、テント内側部分にもシリコンゴムを入れようかと考えています。
コットンやテクニカルコットンテント、キャンバス生地の軍幕などでしたら、熱対策や重さによる撓みも問題なさそうです。

画像21

ナイガーは、その形状から内部も広く、非常に使いやすいテントです。フラップ付きのチムニーカラーを装着し、薪ストーブをインストールしたところ、さらに快適に使用することができました。デザインやカラーも気に入っているので、これから長い付き合いになるテントになりそうです!

以上、サヴォッタナイガーやフラップ付きチムニーカラーをご検討いただいている方に、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

画像22

※テントへの薪ストーブインストールの際は、細心の注意を払って楽しんでください。

使用した商品と、用意したシリコンゴムシート、ボルト&ナットサイズです。

●シリコンゴムシート 300mm×300mm×1t
【https://store.shopping.yahoo.co.jp/jetprice/BY2332.html?sc_e=slga_fpla】

●ボルト&ナット 2mm x 10mm(m2 10mm)


SECOND STATE ; )

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
SECOND STATE
SECOND STATEは、海外のレアなキャンプギアを紹介、販売しています。 独自でユニークな道具の中から、自分だけの特別な物と出会い、長く大切に使用していただけると幸いです。 そして、素晴らしいアウトドアでの体験から、ライフスタイルがより豊なものになるように願っています。