見出し画像

車椅子の天才科学者、ホーキング博士とその娘が贈る物語

星はどうやって生まれるの?
火星はなぜ赤いの?
ブラックホールに落ちるとどうなるの?
・・・
子どもたちの疑問は絶えることがありません。
スティーブン・ホーキング博士の娘・ルーシーさんによると、ホーキング博士はそんな宇宙への疑問にわかりやすくこたえてくれたそうです。

そこで、子どもたちに、専門用語を使わないブラックホールについての説明があれば、とうまれたのが、「宇宙への秘密の鍵」という物語です。
ブラックホールをはじめ、長年、宇宙について研究を続けてきたホーキング博士と、ジャーナリストであり、作家でもある娘のルーシーさん父娘だからこそ、「科学的事実」に基づいた冒険物語をうみだせたのです。

今日は、「宇宙への秘密の鍵」をオススメするポイントを3つお伝えします。

アンドロメダ銀河

ポイント1:コンパクトに科学がわかるコラム

物語に登場する天体や、関連することを、半ページ~2ページでまとめたコラム。
このコラムがコンパクトながらも、物理学や天文学に関わる各項目の要点をわかりやすくまとめてあります。
ストーリーと一緒にコラムを読めば、面白さ倍増です!

このコラムはホーキング博士が担当されたそうで、ホーキング博士のわかりやすく解説するサイエンスライターとしての才能が垣間見えます。

ポイント2:引き込まれるストーリー

主人公の少年ジョージや偉大な科学者エリックとその娘アニー、「世界一パワフルなコンピュータ」コスモス、さらにコスモスを狙うリーパー先生など魅力的なキャラクターが登場します。
会話がたくさん取り入れられていて、文章を読んでいるだけで、映像が頭の中に浮かんできます。

また、ホーキング父娘が伝えたいメッセージも、物語に取り入れられていて、最後には主人公の口からもそのメッセージが語られます。
そのメッセージは、私たちが、今から考えていかなければならない問題です。
どんなメッセージかは、ぜひ本を読んでみてのお楽しみに!

ポイント3:天体の美しいカラー写真

馬頭星雲_nasa

この本には天の川銀河や彗星、惑星やその衛星などさまざまな天体の写真が掲載されています。
その写真を見ているだけでも、きれいで、宇宙の魅力が味わえます!

私のオススメの写真は、火星探査車が撮影した火星の夕焼けです。
さて、火星の夕焼けは何色に見えるでしょうか?

さいごに

スリルあふれるストーリーとともに、コラムと天体写真も楽しめる「宇宙への秘密の鍵」。
皆さんも主人公・ジョージとともに、宇宙への旅に出かけませんか?



この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?