見出し画像

【画像説明】 #Photoshop レタッチテク / 花と茎をつぶさずに描くテク編


retouchtec

レタッチテクって、よく解らないという方のために写真で解説いたします。

今回 テーマにしたいのは、花と茎をつぶさず描くテク編です。
実は選んだ写真が、元々は全身が写っていた写真だったのですが、その関係で手に持った花に寄って見ると輪郭が少し甘く感じてしまいます。そこでイメージを優先してニュアンスを出しつつ、ディテールがつぶれないように良い加減で仕上げることにしました。

それでは実際に、メインで使用した写真を使って変化を見て行きましょう。
加工して行く流れと変化を順にご覧ください。

1| 元の写真

画像4

2| 被写体を切り抜いて背景を塗りつぶし

画像4

3| 完成した画像

画像4

4| 最後にトリミングして完成

画像4



いかがでしたでしょうか?

今回も、ご覧いただき有難うございました。



これからは、レタッチャーのテクニックで レタッチテクと呼んでください。
レタッチテクには、いくつかの基本となる工程があります。

今回の【画像説明】 レタッチテク / 花と茎をつぶさずに描くテク編では、作業の流れを数枚の写真で解説しましたが、他にまだ伝えきれない情報があります。

レタッチャーは視覚から得た情報と色彩を感じとる感受性と、フォトショップを使い微妙な調整を行う確かな技術の両方が必要になります。そのため、感覚的なことを伝えるのが非常に難しい点を解消できない。

そこで、2021年最新版 レタッチテク基本編 【有料版】で 詳しく解説していますので、興味を持たれた方はご覧になってください。

レタッチテクをマスターしてもらうために、
【有料版】購入して頂いた方限定の特典を用意しました


1 . レタッチテクで解らない事、聞きたい事など質問に全て答えます!
2 .
加工作業の約8割が完成するアクションをプレゼント!


レタッチテクは、写真に複数回の効果を加えてイラストに似せるテクニクですが、レタッチャーは、加工合成・修正・色調補正など、多岐にわたる工程をひとりで行います。そため効率の良いレタッチテクをいろいろ持っています。

レタッチテクが本当に描きたいのは、イラストや絵だけでなくて人の夢も描いて行きたいと思っています。


サワオリ


2021年最新版 レタッチテク基本編 【有料版】




今回も最後まで、読んで頂きありがとうございます。
気に入って頂けたら ❤︎スキ ! ! すごく励みになります(^ ^)






この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!よろしければフォローもお願いします!
7
レタッチテク / ビジュアルメイク