Sawabon🇮🇹シチリア暮らしパレルモの平日
自分が昨日と同じ人間っていうのは、ただの概念
見出し画像

自分が昨日と同じ人間っていうのは、ただの概念

Sawabon🇮🇹シチリア暮らしパレルモの平日

唐突に夢中になっては、唐突に、「え?それなんだっけ?」ってほど、急に冷める。

その上、非常に忘れっぽい。

朝起きると、前夜のことはほとんど忘れてる。「えっと、昨日…なんだったっけ?えっと」と、まず昨夜のお酒の席で失態はなかったかと、思い出してみる朝が多い。

なんだか、とってもダメな人っぽくない?とガックリしたある二日酔いの朝、友人の言葉に救われました。

「覚えておく必要のないことは、どんどん消去することができるってことで、それは脳の機能がとてもよくできている」んだそう。

細胞も日々生まれ変わるから、全身が昨日と同じままのことはないし、ましてや1年前なんかと比べたら、同じ細胞なんてひとつもないくらいに変わっているらしい。

つまり…自分が昨日と同じ人間っていうのはただの概念…ってこと?

面白い。
人間は、毎日変わる細胞の集まり。
知らないうちに日々リニュアル!

多少の失敗も、数日すれば別の人がやったこと・笑。「あれは、もう私じゃないから」で大丈夫…かも(昨夜、何かやらかした気がして仕方がないけど気にしない・笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーここまでアメブロからの転載記事です。

こんな話を書いてから早10ウン年が経ちましたが、相変わらず飽きっぽくて忘れっぽいのは変わらない。細胞がいくら入れ替わっても、別の人にはならないもんですね(当たり前)。

以前と比べてお酒をあまり飲まなくなったので、”昨夜の失態”を忘れる必要は無くなったけど、今も朝起きた時に、前夜の記憶がすぐに思い出せないんだよなぁ。あ、それは老化かw!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
Sawabon🇮🇹シチリア暮らしパレルモの平日
在伊21年のシチリア州都パレルモ在住のライター/コーディネーター/通訳。慶応卒で無駄に理系。日々の暮らしやそこで見える日伊比較、犬愛を綴るブログ(ボン先輩は今日もご機嫌-ワンコとシチリア暮らしパレルモの平日▶︎ https://bonsenpai.com/)の裏コラム・エッセイ版