さつき@読む温泉

趣味は心のビタミン。3行詩と超短編小説をつづります。読んだ人の心がほっとするような「読む温泉」を目指しています https://twitter.com/satsukispa

私が書く理由

結婚して数年後に、癌になった。 それまで私にとって死は、いずれは訪れるだろうが、まだ遥かずっと先のものだった。 それが、ふと顔を上げたら至近距離に立っている。 覚…

デジタルの塗り絵 練習中。
スマホのアプリにて、前回より。にじまないのですごく楽。

「試供品どうぞ☆」にも見える(^-^ゞ
…でも愛の試供品、あるかなあ。あるとしたらどんなのだろう。

初出:Twitter
https://t.co/0U2bmDQHvL

石を食べるのは【掌編小説】

「石を食べるサイがいる。群れを作って町に現れ、石や岩を食べていく。そして数日すると、別の町へと移動していく」 そんな話を、子供のころ作ったことがある。 童話のつ…

闇がわたしを包みこみ、手も足も体も溶けていった。 残されたこの哀しみだけが、世界にたたずんでいる。 星も道も己れも見えず。ただわたしは途方にくれる。 -----------…

君に恋する5秒前【掌編小説】

「がんばれ!」 応援席の私は、バスケの試合を見守る。 シュート。歓声。 「キャプテン、かっこいいね」 隣の友達がささやく。私達はキャプテンの追っかけだ。 なのに今日…

恋愛前逃走症【掌編小説】

誰にでもフレンドリーに接してしまう。 「こんど飲みましょう」のお誘いメールには、「じゃあ友達も呼びますね」と返信を。 がっかりされても気にしない。 すぐ恋が壊れる…