コロッセオ-最後の闘い(nana台本より修正)その3
見出し画像

コロッセオ-最後の闘い(nana台本より修正)その3

神稲  沙都琉

会場内から大歓声が上がる。
俺から兜を脱ぎ、鎧を脱ぐ。
続いて相手は鎧を脱ぎ兜を脱ぐ。頭をふり髪を整える。そのまま顔を上げ真っ直ぐに俺を見る。俺は息が止まりそうになった。

「やぁ、父さん、やっぱりそうだったんだ!」

小さい時の面影が残る、笑顔、立派な若者に成長していた息子。なんてことだ!

「母さんの若い頃にそっくりだよ。」

あの日から10年以上がたっていたんだ。
小さかった息子が立派になっていても不思議ではない。

「さぁ、父さん、これで思い残すこともなくなりました。思う存分手加減なしに闘いましょう。どちらが勝っても文句なし、でね。」

「望むところだ、誰に言ってるんだ」

お互いにニヤリと笑い剣をかまえる!!
銅鑼の音が響き渡る。さぁ、生き残るのはどっちだ?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
神稲  沙都琉

作品は観る者がいないと成立いたしません。観る者が1人でも成立いたしますが多ければそれだけ物書きという者ははりきるのです。観る者が育てるという役を選んでくれたなら物書きは安心して書くができるでしょう。

どうもありがとうございました。
神稲  沙都琉
高校時代は同人で小説をジャンル問わず(恋愛ものは別として)書いていました。現在は友人の声劇の台本を担当しています。 書くことが大好きです。